インドネシア、通勤電車内にヘビ!その時乗客は?動画つき。

 

今年の10月ごろ、インドネシアでこんなできごとがあった。

全長約8mの巨大ニシキヘビが地元の男性に襲いかかる。
でも、かけつけた住民によってヘビは殺され、フライにされて村人に食べられた。

これがそのヘビ。

 

写真と記事はAFPの記事(2017年10月4日)から。

インドネシア・スマトラ(Sumatra)島で、男性警備員が巨大なニシキヘビに腕をかまれて切断寸前となったが、同僚らに助けられた。警察幹部が4日、明らかにした。その後ヘビは地元住民たちに殺されて食べられてしまったという。

男性襲った巨大ニシキヘビ、住民たちに食べられる インドネシア

なんでこの男性警備員は、ニシキヘビに腕をかまれてしまったのか?
それは、この男性がニシキヘビを食べようとしたから。

この人はヘビが大好きらしい。
好物のニシキヘビを見つけたから、それを捕まえ、麻の袋に詰めこうもうとした。
そのとき、怒ったヘビに反撃を受けて左腕をかまれてしまった。

この記事を読んでいると、被害者はむしろニシキヘビのような気がしてくる。
もし、この男性警備員がヘビを捕まえようとしなかったら、ニシキヘビは彼に襲ってこなかったはず。

それにしても、こんなニシキヘビを見て、なんで男性警備員は「つかまえて食べよう♪」と思ったのか?

 

ちなみに、インドネシアはかなり広い。

日本人がよく見る地図はメルカトル図法の地図だから、面積が正確にあらわされていない。
インドネシアは、実はロシアと同じぐらいの横幅がある。

 

海外メディアの「boredpand」の記事から。

After Seeing These +15 Maps You’ll Never Look At The World The Same

 

「全長8mのヘビが村に出るなんて、さっすがインドネシア!」と思ったら、今度は都市部の電車の中でヘビが出た。

首都ジャカルタに向かっていた通勤電車の中に1mほどのヘビがいることを、インドネシア人の乗客が発見した。
その乗客は素手でそのヘビを捕まえ、電車の床にたたきつけて殺してしまう。

この様子を撮影した動画がインドネシアで拡散されていて、ヘビを退治した男性は”英雄”になっているらしい。

くわしいことは、AFPの記事(2017年11月23日)を読んでください。

通勤電車内にヘビ!素手でやっつけた男性に称賛 インドネシア

 

インドネシアでは乗客が英雄視されているけど、日本のインターネットでは、「ヘビがかわいそう」という反応が多い。

・どう考えても大勢の人間の中でおびえていたのは蛇じゃね??
・ひたすらヘビがかわいそう
・なにも叩き付けて殺さなくてもいいじゃないのさ
・なんの罪で殺したの?

 

これがその動画。
気持ちの良い動画ではないから、そのつもりで。

「インドネシアの電車にしてはきれいだし、日本の電車に似ているなあ」と思ったら、これはJRで使っていた電車らしい。

 

インドネシア人がつくっている「日本大好きTシャツ」。
ふつうのインドネシア人がこれを買っているという。

 

 

日本でも去年、同じようなことがあった。

東京駅を出て広島へ向かっていた新幹線「のぞみ」の車内でニシキヘビが出たのだ。

驚いたことに、このときも乗客がヘビをつかんで床にたたきつけた。

・・・なんてことを日本人がするはずない。
浜松駅に緊急停車して、警察がヘビを捕まえた。

産経新聞の記事(2016.9.26)から。

新幹線は浜松駅に臨時停車し、静岡県警鉄道警察隊がヘビを捕獲。けが人はなかった。体長は約30センチで、ニシキヘビとみられるという。

東海道新幹線車内でニシキヘビを捕獲 浜松駅に臨時停車 けが人なし

第一発見者は20代の女性客で、ヘビが座席のひじ掛けに巻き付いていたという。
これはトラウマになりそう。

このヘビは、他の乗客が持ちこんだ荷物の中から逃げ出したらしい。
迷惑とかそういうレベルじゃない。

 

ちなみに、浜松市民のボクがこのできごとを覚えている理由は2つある。
新幹線でニシキヘビが出たという衝撃と、のぞみが浜松駅に停まったという驚きだ。
異常事態でも起きないと、のぞみは浜松に停まってくれない。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

世界の見方や常識が変わる15の地図。これが本当の地球だった。

縄文時代と平成の日本人の共通点。和食(日本料理)のルーツは森。

イスラム教と豚②味の素がインドネシアで大失敗、日本人逮捕。

決定!2017年、タイで最も美しいニューハーフ&タイと日本の関係。

歴史の雑学・シンガポールと日本地図は同じときに完成した。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。