タイ人の国民性”マイペンライ”・イラつく日本人・国名の意味。

 

タイのバンコクへ行くと、「ティールームゲストハウス」という安宿に泊まっていた。

バンコクの繁華街にあって、冷房つきで1泊500円という安さはまさに破格。
ほかの宿と比べる気持ちすらなくなる。

でも残念ながら、今はもうこの宿はない。
Time goes by(時はすぎ去る)ですね。

 

 

この宿は日本人が経営していて、その人からタイ人の話をよく聞いた。
「マイペンライ」というタイ人の国民性を教えてくれたのも、この日本人オーナーだったと思う。

日本に来た外国人は、すぐに「すみません」という日本語をおぼえる。
友人の外国人の話では、日本人がよく使う言葉で自然におぼえてしまうし、「他人に迷惑をかけたくない!」という日本人の国民性がよくあらわれているらしい。

 

日本語の「すみません」と同じような言葉をタイ語のなかで探すと、きっと「マイペンライ」だ。
タイ人が日常的に使っている言葉で、タイ人の国民性をよくあらわしている。

これは日本でもけっこう知られているタイ語で、「はてなキーワード」というインターネット辞書にものっている。

マイペンライ

タイ語で、「気にしない」、「大丈夫」、「どういたしまして」とかを表す言葉。
難しいこと・細かいこと考えずに、気楽にいこう。という雰囲気がにじみ出て来る言葉。
タイ語が喋れなくとも、気にして聞いていると意外と沢山聞ける。
ここにも、タイが人気な理由があるのかもしれない。

ティールームゲストハウスの日本人オーナーは、このマイペンライにイラついていた。

「タイ人は自分に都合が悪いことがあると、すぐマイペンライを使うんですよ」

たとえばタイ人と待ち合わせをしていて、相手が遅刻したとする。
こちらが待たされたにもかかわらず、そのタイ人は「マイペンライ(気にするな)」と言う。

「なんで待たせた側がマイペンライを言うんですかね?逆でしょ!」と、その日本人が怒るのはもっともだ。

タイ人の日本語ガイドは、飲酒運転や信号無視も「マイペンライ(気にするな、問題ない)ですませてしまうことがある」なんてことを言っていた。

でも、日本人オーナーがタイで気に入っているのは、そんなユルさでもあった。

 

タイのパスポート
ガルーダというヒンドゥー教の神様がデザインされている。
「タイは仏教の国じゃなかったっけ?」というのはマイペンライだ。

 

バスの運転手
客が博物館に入っている間、ハンモックにゆられて携帯をいじっていた。
これもマイペンライ。

 

神様もユルイ。

 

セブンイレブンの冷房で涼む犬。
ドアを開けてあげるところがタイ人っぽい。

日本なら「マイペンライ(気にするな)」ではすまない。

 

これもマイペンライですますのはやめてほしい。

 

タイはいろいろとユルイし、何でも基本マイペンライ。
そもそも、タイという国名は「自由」という意味だから。

「学研キッズネット」から。

タイ族の名称に由来するが,現在は「自由の国」(ムアン=タイ)という意味。

タイ(王国)

 

おまけ

バンコクでおこなわれていた日本の祭り。

 

こちらの記事もいかがですか?

決定!2017年、タイで最も美しいニューハーフ&タイと日本の関係。

日本とタイの良い関係、その歴史 泡盛・家康・トゥクトゥク

日本とタイの関係の歴史。アユタヤの日本人町と山田長政

仏教国のタイ、喜捨によるお坊さんのメタボ化が社会問題

日本の武士は戦闘レベルが違う!山田長政らがアユタヤ王朝へ。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。