中国最悪の宦官、魏忠賢。こうして人は、”バカ”になる。

 

何かめでたいことがあると、日本では「万歳」という言葉を使う。

この「万歳」は、もともとは中国語(千秋万歳)で、中国の皇帝ためだけに使われていた言葉だった。
だから朝鮮国王にたいしては、中国皇帝に遠慮して、「千歳」という言葉を使っていた。

この記事でそんなことを書いた。

中国>朝鮮(韓国)。皇帝は「万歳」、国王は「千歳」を使う。

 

中国の歴史には、皇帝の「万歳」でも朝鮮国王の「千歳」でもなく、「九千歳」という言葉を使わせていた人物がいた。
今回は、その魏忠賢(ぎちゅうけん)について書いていこうと思う。

この魏忠賢は宦官(かんがん)だった。
一般常識として、宦官のことは知っておいたほうがいいですよ。
ということで、宦官も簡単に紹介しようと思う。

 

 

「中国や韓国(朝鮮)にはあって、日本にはなかったものは何か?」

そんな質問をされたら、どう答えますか?

いろいろあるけれど、例えばこんなものは日本にはなかった。

・科挙(かきょ)という官僚の登用試験、今でいう国家公務員試験だ。

中国や朝鮮では、試験に合格した官僚が国を支配していた。
でも、日本では侍が支配していた。

侍になるために、試験に合格する必要はない。
侍の家に生まれたら、自動的に侍になる。
日本で科挙はいらなかった。

 

・日本には易姓革命もなかった。

中国や韓国では王朝が何回も替わっているけれど、日本は一度も替わっていない。
天皇家は古代から続いている。

日本には易姓革命による王朝の交替はなかったけれど、朝廷と幕府の「朝幕併存」という政治体制があった。
中国や韓国の歴史では、この幕府なんてものはない。

 

ほかにも、「宦官(かんがん)」がある。
中国や韓国には宦官がいたけれど、日本にはいなかった。

宦官

宮廷につかえる去勢された男性。明では靖難の役で大きな役割を果たし、以後皇帝の側近として重用された。警察・司法の長官職を独占するなど弊害は大きく、官僚や知識人にきびしい弾圧を加えてた。

「世界史用語集 (山川出版)」

 

「去勢された男性」とは、簡単に言ったら「チンチンを取った男性」のこと。

宦官は中国や韓国はもちろん、インドのムガル帝国にもいた。

 

でも、日本にはこれがない。
少なくとも制度として宦官がいたことはない。

その理由を中国メディアがこう分析している。
サーチナ の記事(2015年4月18日)から。

日本が宦官制度を採用しなかった理由としては「仏教の影響で残酷なことを嫌った」可能性を指摘。さらに日本人は「農作物の品種改良は大いに発達させたが、畜産業がほとんど存在しなかった」ため、去勢の知識も知らなかったことを挙げた。

「宦官制度」を導入しなかった日本・・・「中国人は尊敬している」、「結果的によかった」

唐朝をもじった糖朝。
「甘い王朝」らしい。

 

先ほど宦官の説明には、「警察・司法の長官職を独占するなど弊害は大きく、官僚や知識人にきびしい弾圧を加えてた」と書いてある。
皇帝の近くにいることで、宦官が皇帝をコントロールしたり権力を握ったりすることがあった。

絶大な権力を握りやりたいことが自由にできるとなると、人は悪魔に変わる。
気に入らない人間がいたら、法を無視して捕まえ、拷問して殺す。
中国の歴史には、そんな宦官がたくさんいる。

そして、宦官が国を亡ぼす原因になることもあった。

魏忠賢(ぎちゅうけん)という宦官はまさにそれ。

 

 

魏忠賢(1568年 – 1627年)」は明の時代の人。
中国最悪の宦官、と言っても問題はない。

魏忠賢はこの時代の最高実力者で、中国という国は、彼にとっては私物のようなもの。
何でも好き放題にできた。

自分を批判する人間を見つけたら、拷問して殺してしまう。
悪口を言った者がいたら、生きたまま皮をはぐ。
そんな恐怖政治をおこなっていた。

 

「自分は偉大だ!」と思う人間は、それにふさわしい呼び方を周りの人間に求める。
中国で敬意をあらわす最高の言葉に、「万歳」があった。

でもこれは皇帝のためだけに使う言葉で、いくら魏忠賢でも、他人に万歳と言わせることはできなかった。

そこで魏忠賢は、万から1千を引いた「九千歳」という言葉を使わせていた。

外出するときは、前方を衛士の隊伍が道を清め、あとは数万人の人馬がお供としてつづき、道を挟んだ民には土下座させ「九千歳」と叫ばせた。

「ウィキペディア」

 

人を”バカ”にさせたかったら、権力を握らせて、批判する人間をなくせばいい。
こうしたら、人は周りが見えなくなって、身のほども分からないバカになる。

 

 

この時代、満州にいたヌルハチが後金(後の清)を建国する。
明と後金は激しくたたかっていた。

でも、明の武将が後金とたたかって負けたとしても、魏忠賢にワイロさえ渡せばノープロブレム。
敗将の罪は見逃される。

こうして後金は勢力をのばしていく。

 

そして明は1644年に滅亡する。
明朝最後の皇帝「崇禎帝(すうていてい)」は、首をつって自殺した。

日本には易姓革命がなかったから、天皇がこうなることもなかった。

 

北京の紫禁城の裏に、崇禎帝が首をつった木がある。

この木。
今は2代目か3代目になっている。

 

明が滅びた原因の1つに、魏忠賢という宦官の存在がある。
日本について言えば、豊臣秀吉の朝鮮出兵も明滅亡の原因になっている。
悪いね。

悪者はそれにふさわしい最期をむかえる。
先ほどの崇禎帝(すうていてい)が新しい皇帝になると、魏忠賢は一気に力を失う。

そして、首をつって自殺した。

その遺体は、はりつけにされ、首はさらし者となる。
魏忠賢の一族も処刑された。

 

実力としては中国皇帝を超える存在だった魏忠賢も、最期は自殺に追い込まれてこの世を去っている。

日本風にいえば、平家物語の「諸行無常(しょぎょうむじょう)」だ。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

 

どんなに力がある人間でも、いつかは必ず滅ぶ。
神のような力を持って好き放題やっていても、終わってみれば、一夜の夢でしかない。

そうなりたくなかったら、自分を批判するうるさい人間を、常に身の回りに置いておくことがいい。

それにしても、日本に宦官がいなかったのは超正解。

 

おまけ

魏忠賢や崇禎帝が住んでいた紫禁城。

 

こちらの記事もいかがですか?

紫禁城の観光では「午門」を!日中韓に共通の「天子南面」。

歴史の違い。日本にあって韓国や中国にないもの。幕府と天皇!

旅⑳最後の晩餐:中国のラストエンペラー溥儀とチキンラーメン

旅⑱中国人がルールを守らない理由。「人が多すぎるんです!」

中国人の春節(正月)の過ごし方。餃子・花火・麻雀の起源

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。