外国人が驚いた日本人の英語力:話せないけど書けまっせ。

 

これからの日本の英語教育で重視されることは、「話す力」を育てること。

そんなことが見えてくるような動きが東京であった。

いつからかは未定だけど、東京の都立高校を受験する中学生は、英語のスピーキングの試験を受けないといけなくなる。
東京都の教育委員会がその方針を固めたことが、毎日新聞の記事(2017年12月14)に書いてある。

都教委は英語の試験に占めるスピーキングテストの配点、受験料などを今後詰める。

「都立高入試 話す英語 検定団体協力」

ということは、今まで「英語を話す力」は軽視されていたとも言える。

 

 

学習指導要領では英語について、「聞く・読む・話す・書く」の4つの技能の基礎を身につけるように書いてある。

でも、今までの都立高校の入試では、「話す」は評価されていなかった。
そのため都内の中学校では、話す力の指導がおろそかになっていると指摘されていた。

 

入試でスピーキングの試験があれば、中学校もそのための指導をしなければいけなくなる。
「日本人は英語が話せない。これからは英会話の指導が大事だ」なんてことは、これまでに何回も何回も言われていた。
でも実際には、あまりその指導はおこなわれてこなかった。

それで今回、スピーキングが入試に組みこんだのだろう。
これぐらいしないと、日本の学校は動かないかもしれない。
「これは入試には関係ない」と分かっていたら、教師も生徒もそれを軽視してしまう。

 

大阪府では、英検やTOEFLなどの試験結果を、高校入試の点数に置きかえることが認められている。
実質的に、「英語を話す力」が入試で評価されている。

「これからの日本人にとって必要なのは、英語を話す力ですっ!」というのは東京だけではなくて、全国的な傾向だ。

高校入試でスピーキングの力が試されることは、これからほかのところにも広がっていくだろう。

 

 

ただ、ネットを見ると、「それはちゃんとできるの?」といった懐疑的な見方が多い。

 

・そのスピーキングテストの採点ができる英語教師がいるのか?
・そもそも日本の学校の英語教師ってスピーキングできるのか?
・誰がどうやって採点するのか、興味津々だ。
・そこまでの能力を中学生に求めるなよ。
・しゃべらないけど英語を学ぶ変な国民

中には、こんなコメントもあった。

・会話のテストってどうすんの?
「Would you help me?」って聞かれたら

「Sure」
「Sure I’ll help you」
「OK! OK! No ploblem hahaha~」

という答え方によって点数変わってくるの?

 

 

英語の「聞く・読む・話す・書く」の4つの中で、日本人は「話す」ということがすごく苦手。

これはずっと前から言われている。
英会話教材は次から次へと新しいものが出るけど、「日本人の英会話能力が向上した!」という話は聞いた記憶がない。

今の日本の高校入試では、英語を「話す」力は無視され、「聞く・読む・書く」という能力が評価されている。
大学入試でも、これは大きく変わらない。

だから日本人は英語を話せないけど、書くことはけっこうできたりする。

 

海外旅行をしていて、日本人のそんな英語力に驚いたという外国人に会ったことがある。

インドを旅行中、宿泊していたホテルのフロントで働いていてインド人もその一人。
彼は毎日、客と英語でやり取りをしている。

でも日本人客の場合、英語の文がなかなか出てこなかったり、発音が聞きづらかったりすることが多い。
そんなときに彼は、「ここに書いてくれ」とメモを渡している。

英文を話せなくても、書くことならできる日本人は多くて、その方が彼にとってコミュニケーションが楽になるらしい。

「たしかに、それはあるかもしれない」
話を聞いていて、そう思った。

インド人を前にして、「明日の朝8時までに、空港に行かないといけない。だから、このホテルでタクシーを用意してほしい」という英文を口で言うより、紙に書いたほうが楽だし早い日本人はいると思う。

でもそのインド人には、「日本人は英語を話せないけど書ける」ということが驚きだったという。
言語の習得でいえば、「書く」は「話す」よりも高度だ。

 

 

エジプト人のホテル・スタッフも同じようなことを言っていた。

「時どき宿泊客に、このホテルを紹介する文章を書いてもらっているんだ。このホテルの感想や良かったことなんかを。日本人は英語で話すことができないのに、英語の文は書けるんだ。それには驚いたよ。なんで日本人は、英語を書けるのに話せないんだ?オレとは逆だ。オレは英語を話せるけど、書けない単語がたくさんある」

結局それは、受験で必要な英語と商売で必要な英語のちがいだ。

それと国民性もちがう。

日本人はシャイだけど、インド人やエジプト人は超スーパーフレンドリー。
というか、なれなれしくてずうずうしい。

 

これから日本の英語教育で、「話す」の指導に力を入れていったら、こうした日本人は過去の日本人になっていくはず。
そうなっていくはずなんだけど、10年20年後の日本人もあまり変わっていない気がする。

でも、英語が話せないけど書けるということは、日本人は英語ができないのではなくて苦手意識が強いということだろう。

 

 

おまけ

日本人だってやればできる。

中には、「英語の勉強ばかりしていて、日本語の文章が読めなくなってしまった」という日本人もいる。
明治時代にそんな日本人が出てきて、福沢諭吉があきれている。

英語ばかりを勉強するから、英書は何でも読めるが日本の手紙が読めないというような少年が出来てきた。

波多野承五郎などは子供の時から英書ばかり勉強していたので、日本の手紙が読めなかった

「福翁自伝 (岩波文庫)」

1万円札の上で、日本人の英語力をどう見ているのか?

ふくざわ‐ゆきち【福沢諭吉】

[1835~1901]啓蒙思想家・教育家。大坂の生まれ。豊前(ぶぜん)中津藩士。大坂で蘭学を緒方洪庵に学び、江戸に蘭学塾(のちの慶応義塾)を開設、のち、独学で英学を勉強。三度幕府遣外使節に随行して欧米を視察。維新後、新政府の招きに応ぜず、教育と啓蒙活動に専念。明六社を設立、「時事新報」を創刊。著「西洋事情」「学問のすゝめ」「文明論之概略」「福翁自伝」など。

デジタル大辞泉の解説

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。