慰安婦合意の検証。無責任な韓国に、さすがの日本も怒った。

 

今、日本が韓国に怒っている。

日本が怒る場合、静かに深く怒ることが多いけど、今回は違う。

韓国紙の朝鮮日報は記事((2017/12/28)でこう書いている。

「日本メディアが一斉に批判」
「韓国は国家間の約束を軽視する国」
「合意破棄して再交渉要求すれば、韓日関係の破綻は不可避」

慰安婦合意:安倍氏「1ミリも動かず」、日本メディアも激高

朝鮮日報は、韓国で最大の発行部数を誇る新聞だ。
だから、もっとも多くの韓国人に読まれている新聞と考えて間違いない。

当然、この新聞が韓国社会にあたえる影響は大きい。
この記事で日本の怒りが、少しは韓国に伝わってほしいと思う。

 

でも日本の怒りを知ったら、「過去の歴史についての反省が足りない!」と、逆に怒る韓国人が出てくるのは知ってる。
韓国には、日本と韓国を「対等な友好国」ではなくて、「加害者と被害者」ととらえる人がたくさんいるから。
多少、理不尽なことを言っても、「こちらは被害国だから、これぐらいは許されるだろう」と”甘えている”ようなところがある。

今回日本が怒った原因にも、韓国の”甘え”があるように思う。

 

 

日本のメディアが「韓国は国家間の約束を軽視する国」と批判した原因は韓国にある。
韓国政府の作業部会が、慰安婦問題の日韓合意についての検証結果を発表したから。

これ以上書く前に、ここで日韓合意を簡単に確認しようと思う。

 

2015年12月に日韓両政府が慰安婦問題について、「最終かつ不可逆的に解決された」ということで合意した。
この合意にしたがって日本は、安倍首相が心からのお詫びを表明し、元慰安婦の人たちを支援するために10億円を韓国にわたした。

日本は、日韓合意で約束したことを韓国より先におこなっている。
ここがかなり重要ですよ。

当然、次は韓国の番になる。
安倍首相は「次は韓国がしっかり誠意を示していただかなければならない」と言う。

 

でも韓国は動かない。
日本大使館前に設置された慰安婦像(少女像)をどかさないといけないのに、韓国政府は何もしない。
韓国政府は慰安婦像を設置した市民団体を説得するはずになっていたのだけど、それをしない。

もし韓国が日韓合意での約束を守っていたら、今ごろ像はなかったはず。
でも、像は1ミリも動いていない。

 

日本が韓国を信じて先に行動した結果がこれだ。
同時に、誠意を求めた安倍首相に対する韓国の答えでもある。
日本はこれに、深く長く怒っている。

 

ソウル日本大使館前慰安婦像(ウィキペディアから)
左のビニールテントから、人びとが像を見守っている。
像の前のお供え物といい、「ご神体」と化している。

 

韓国は日本に誠意を見せるどころか、2015年の日韓合意がどのような経緯でおこなわれたのかを検証する作業をはじめてしまう。

もともと文大統領はこの合意には不満で、「日韓合意の再交渉をおこなう」ということを公約にして大統領に選ばれた。

今回の検証作業もこれとつながっている。
検証をおこなうことで「この合意にはいろいろな問題があって、不当なものだった!」ということを明らかにし、日韓合意の再交渉につなげようとするねらいがあった。

 

だから検証作業といっても、合意を評価するのではなく、これを否定することは最初から分かっていた。

実際、12月27日に発表された内容は、「被害者(元慰安婦)の意見を十分聞いていなかった」「政府間で最終的・不可逆的解決を宣言しても問題は再燃するしかない」というものだった。

 

 

自分で火をつけといて「再燃するしかない」という態度にはあきれてしまう。
でもこれが、韓国政府の日韓合意に対する無責任な見方をよくあらわしている。

本来韓国がするべきことは、日本との合意を履行すること。
日本はすでに約束を守ったのだから。
日本ではそのとき、「韓国が慰安婦像を動かした後に、日本は10億円を出すべきだ」という声があがっていた。
ネットでは安倍首相に対して、「売国奴」と書く人もいた。

 

日本がそこまでしても、韓国は動かなかった。
合意を守るのではなく、合意そのものを見直す作業をしてしまう。

一般常識としても、これはあり得ない。
会社と会社が契約を結んだ後に、「担当者が変わりました。その契約が適切だったかどうか確認しています。場合によっては、契約の破棄や再交渉を要求することもあります」なんてことが通用するはずがない。
しかも、こちらはすでに10億円を払っている。

韓国の作業部会は慰安婦問題について「再燃するしかない」と言っているけれど、これは自然発火ではなく放火に等しい。
こんな検証作業をしなかったら、再燃することもなかった。

 

 

自分で原因をつくっておいて、「これが問題になってしまうかもしれない」と、どこか他人事に心配する。
韓国にはそういう悪いクセがある。

たとえば検証結果が報告される前日、中央日報にこんな記事が出ていた。

慰安婦合意の検証結果、明日発表…韓日関係は揺れ動くのか

 

そりゃ、豪快に揺れ動くだろ。
日本との合意を守らず、合意そのものを否定しようとする。
こんなことをしておいて、「でも、韓日関係はゆるぎない!」と考える方がどうかしている。
どこまでハッピー回路が全開なのか?

 

上の記事にはこう書いてある。

「内容にしたがって韓日関係に影を落とす恐れがあるという懸念の声も出ている」
「作業部会の結果が韓日米の対北朝鮮連携にも影響を及ぼす可能性があるという声も出ている」

韓日関係が悪化することは「懸念」や「可能性」ではなくて、100%まちがいない。
ここまで信頼を裏切ったら、日本もさすがに怒ることは分かるだろう。
それに気づかないとしたら、「加害国と被害国」という想定からくる甘えがあるからだ。

 

実際、検証内容が発表された直後、「日本メディアも激高」とあったように日本は怒りをしめした。

「韓国は国家間の約束を軽視する国」という言葉に、韓国はどんな反論ができるのか?
韓国政府は慰安婦だった人たちを説得しなければいけない。
だから、「被害者の人権を尊重する」なんてことは、合意違反の言い訳にはならない。

日本の怒りの原因と責任は、全面的に韓国側にある。
「韓国も悪いけど、日本も悪い」という中立は、ただの見当違いだ。

ある問題について話し合いを重ねてやっと解決に合意しても、「それは前の政権がしたことですから。私たちが守る必要がありません」と無責任なことを言う相手と、これからどんな約束ができるのだろう?

 

 

こちらの記事もいかがですか?

慰安婦問題で日本は沈黙、抗議なし→今ではやられたい放題。 

日本と韓国の違い:法治国家と人治国家。法より情緒優先の国。

慰安婦問題:福沢諭吉が今の韓国を見たら、きっとまた怒る。

日韓歴史戦:日本の強みは、韓国の間違いを指摘して事実を示すこと。

慰安婦問題:「東京に少女像を!」 と言う韓国が一番嫌がることは?

 

4 件のコメント

  • 「日本メディアも激高」というほど激しい反応では無かったと思いますけどね”メディアは”
    まぁ普段から韓国に甘い日本メディアにしては厳しい方だったかな?

    それよりも日本国民の多くが激高していることに韓国は気付くべきだと思いますけどね、
    まあ気付いたところで韓国の信用は地に落ちていますし、一度失った信用は取り戻せませんが

  • 朝鮮日報の視点からは「激高」に見えるのでしょうね。
    この記事にはこんなことが書いてあります。

    「これまで歴史問題で摩擦が激化したとき、一部では「韓国を理解しよう」という声が出ていたが、今回は「韓国は信じられない」という声で埋め尽くされた」

    今回の件は、韓国を擁護していた人でも、さすがに擁護できないということでしょう。
    これからこのツケが来るでしょね。

  • 韓国は日本と摩擦することに何を望んでるんでしょうね。。。安部首相も反応したら日本国民からクレーム出て支持率急降下するのは目に見えてわかってるんでしょうね。。

  • 今まで反日を叫んで支持を得ていたから、文政権はもう引けなくなっていると思います。
    安倍首相は「受け入れられない」「合意は1ミリも動かさない」という感じだから、大丈夫だと思います。
    世論調査でも、国民の8割が韓国の対応に不満を持っていますし。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。