浜ちゃんの”黒メーク騒動”。日本と欧米の人種差別意識の違い。

 

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しスペシャル!」で、浜ちゃんがしたこの黒メークが今、「人種差別では?」と世界の主要メディアが取り上げて大きな騒ぎになっている。

 

これは映画「ビバリーヒルズ・コップ」に主演した黒人俳優エディ・マーフィーをイメージして、浜ちゃんが顔を黒く塗ったものだけど、これに黒人を差別する意図はなかったはず。

だけど、日本にいる黒人作家バイエ・マクニールさんはそうとらえなかった。
ツイッターでこんな投稿をしている。

黒人というのは、オチや小道具ではない。ジョークが必要なら、もっといい作家を雇えばいい。黒人のキャラクターが必要なら、日本語を話す黒人俳優を雇えばいい。でもお願いだから、顔を黒く塗るブラックフェイスは止めてほしい。

そんなことが書いてある。

 

この後、イギリスBBCやアメリカのニューヨークタイムズなどがこのブラックフェイスを取り上げて、世界的に報道された。

BBCにはこんな記事(2018年01月5日)がある。

顔を黒く塗り黒人を風刺するいわゆる「ブラックフェイス」は、きわめて侮辱的な風習だと広く受け止められている。この数日間で、番組への抗議の声が増え続けている。

日本の大晦日お笑い番組で黒塗りメイク 怒りと反発も

ネットを見てみると、「島国だから常識が欠けてる」とか「やっぱ、ニュースになると思ったわ」とこの黒メークを非難する声もあるけど、以下のように「これを問題視するほうがおかしくないか?」という声の方が多い。

・それなら歌舞伎の白塗りは白人差別じゃねーの ?
・黒人、他民族を差別しまくってきた白人に言ってくれ。
・白人の真似する時、金髪のヅラ被ってもそれも差別だって騒ぐのか?
白人の真似はOKで、黒人の真似はダメなら、それのがよほど差別だろ
・エディ・マーフィに悪感情持って真似するやつなんて、日本人にはいないだろ
・捕鯨と一緒だな…。黒塗りを人種差別って…。単なるモノマネだろ。

 

ちなみに「金髪白人」のマネなら、2014年に問題になっている。

全日空のCMで、日本人の俳優が金髪のかつらとプラスチック製の高い鼻をつけて西洋人になるという演出をしたところ、「人種差別的だ」と批判を受けてしまった。
結局、CMは打ち切られた。

フランスAFPの記事(2014年1月21日)にそのことが書いてある。

全日空(All Nippon Airways、ANA)は20日、同社の新テレビコマーシャル(CM)が外国人をステレオタイプ化していて人種差別的だとの苦情が出ていることを受けて、問題のCMを修正していると明らかにした。

ANA、新CMを修正へ 人種差別的との苦情受け

 

浜ちゃんの黒メークについては、「これをテレビ放送して問題はないか?」ということを、事前にいろいろな人が確認しているはず。

だから、「これは人種差別にはならない。放送しても大丈夫」と判断されたということなんだろう。

でも、アメリカやイギリスの基準ではこれはアウト。

イギリス人にこの黒メークのことを聞いたら、「それはいけませんね。ダメですよ」と完全否定。
「顔を黒く塗って他の人種になる」というのは、特別な理由がない限り、イギリスでは受け入れられないと言う。
しかも、笑いを取るためにそうしたとなると、よけいハードルは上がる。

 

 

欧米、特にアメリカでは人種差別についてとても厳しい。

日本とは問題になる基準が違う。
アメリカで問題になることが、日本人から見ると「なんでこれが?」と不思議に思うこともある。

例えば、2017年にはモデルのカーリー・クロスが、ファッション誌「ヴォーグ」で日本人の格好をしたことが「人種差別だ」と批判された。

これがその写真。

 

 

bestkkpicsのツイッターから。
Karlie for Vogue US – March 2017

 

これらの写真が海外で「人種差別だ」と問題視された。

「Hollywood News」の記事(2017.02.16)から。

カーリー・クロスが謝罪、撮影で日本人女性の格好をしたことを批判されて

カーリーは黒髪のウィッグに和を意識した衣装を着て、実際に日本のさまざまな場所で撮影を行った様子。写真家のマイケル・ヤンソンが手掛けていて、相撲力士と写る写真もあった。

しかし、これらの写真に人々はカーリーが“イエローフェイス”で撮影したと批判し、「人種差別」「ヴォーグ、本気なの?」とコメントしている。

海外では「これは、日本人に対する人種差別だ」と問題になったけれど、”差別をされた”日本では「なんでこの写真が人種差別になるのか分からない」という反応がほとんど。

結局、カーリー・クロスはこの写真について公式に謝罪した。

 

また、リオオリンピックのときにはこんなことがあった。

フランス人の解説者が、4位に入賞して喜んでいる日本の体操女子チームを見てこう発言する。

「まるでマンガのキャラクターみたいです。みんな大喜びしています。アニメみたいな満面の笑みで、小さなピカチュウがいっぱいです」

日本人を「ピカチュウ」と言ったことが、「人種差別的ではないか」「フランス代表チームの監督を務めた人間としての資質が問われる」と批判された。

くわしくはhuffington postのこの記事をどうぞ。

日本体操女子は「小さなピカチュウ」 フランス元代表の発言が炎上

 

この時も日本では、「『ピカチュウみたい』って言うと人種差別なの?」「ピカチュウかわいいのに」などと、「差別された」と思った人はほとんどいなかった。

 

 

「欧米人は、日本人より人種差別の意識が高い」というより、人種差別を問題化する意識が強いと思う。

ニューヨーク出身の黒人のアメリカ人は「人種差別は、日本よりもアメリカのほうがひどい。ニューヨークでは、肌の色によって警察に射殺される確率が違う」と言っていた。

「世界の中で、日本人は特に人種差別の意識が強い」と聞いたことはないけど、日本ではその意識が低くて人種に無関心なことから、海外から問題視されることがある。

欧米の価値観とは一生無関係の人はいいけど、そうでない人は、人種を取り上げる時には注意したほうがいい。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

アメリカ 「目次」

人種と民族の違い。黒人の日本人(民族)がいて「ふつう」の時代

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

日本とアメリカ、かかえる社会問題の違い。痴漢か人種差別か?

黒人の人種差別問題⑥アメリカの「奇妙な果実」って知ってる?

 

2 件のコメント

  • フランスで黒人のマネキンが堂々とショウウインドウで使われていたところを見たことがあります。デフォルメしたアメリカンギャクコミックのようなデザインで 米国では、絶対に批判が起こるような代物です。英米では問題になるけど、フランスでは、問題にならないんだなぁ、と思ってびっくりしました。このように同じ欧米でも、価値観が違うので、一概に言えないですね。 

  • なるほど。
    たしかに欧米でも、国によって違いますね。
    友人のフランス人は、フランスでは『白人VS黒人』ではなくて、『フランス国民VS中東からのイスラム教徒の移民』という図式だと話していました。
    アメリカは特別敏感なんだと思います。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。