慰安婦合意:韓国「真の謝罪を」vs 日本「1ミリも動かない」

 

今日、韓国の康(カン)外相が2015年の慰安婦合意について、韓国政府の立場を明らかにした。

外相は、この合意では慰安婦問題の「真の解決にならない」とはっきり言ったものの、日韓合意が両国間の公式なものだったことは認めた。

それで日本に対して、合意の破棄や再交渉を求めることはなかった。

まあ、そうだろう。
日本では、安倍首相も菅官房長官も河野大臣も「慰安婦合意は1ミリも動かない」と何度も言っていたから。

韓国が再交渉を要求しても、日本が応じることはない。
RPG風に言えば、「韓国は日本に合意の再交渉を要求した。でも、何も起こらなかった」というむなしい状況になっていたはず。

今回は、「絶対にゆずらない!」という日本の強い姿勢が、「合意は破棄しないし、再交渉も求めない」という韓国の言葉を引き出したと考えていいだろう。

 

とはいえ、それでは韓国にいる元慰安婦は納得できない。
韓国政府は、「あの合意は慰安婦被害者の気持ちを十分に反映していなかった」「真の解決にならない」という立場なのだから、日本に何も言わないわけはいかない。
それで今日、康(カン)外相は日本に「自発的かつ真の謝罪」を求めた。

 

ところで、韓国政府が慰安婦合意の破棄や再交渉を言い出さなかったことに、安心した韓国人は多かったと思う。

もし韓国がそんなことを言っていたら、日韓関係はどうなるか?

朝鮮日報は「韓日関係は破たんする」、中央日報は「回復が難しいほど韓日関係が悪化する」と警告していた。
今回、それは免れたことになる。

 

 

でも、日本は韓国の発表に納得しない。

そもそも慰安婦問題は、2015年に日韓両政府が「最終的な解決」で合意している。
その合意にもとづいて、安倍首相は元慰安婦の人たちに心からのお詫びを表明して、10億円を韓国側にわたしている。

今度は、韓国が約束を守る番だ。
でも韓国はそれをしないで、「あの合意では真の解決にならない」とキメ顔で言う。

 

韓国の康(カン)外相が日本に「自発的かつ真の謝罪」を求めた後、河野外相はすぐこう言った。

「韓国が日本にさらなる措置を求めることは、全く受け入れることができない」

さらに河野氏は日韓合意について、こう強調した。

「国と国との約束だ。政権が代わっても責任を持って実施されなければならないというのが国際的かつ普遍的な原則だ」

つまり日本は、「自発的かつ真の謝罪」や「あの合意では真の解決にならない」とする韓国政府の主張を即座に拒絶したことになる。
何という見事な迎撃。

でも、日本政府は前からずっと同じことを言っていた。
今さら韓国が何をしようが言おうが日本はブレない、という姿勢を示しただけのこと。

 

でも、そうでなくては困る。
2015年の慰安婦合意(日韓合意)について、「それは前の政権でのこと。今の政権は知りません」という態度が通用するはずもない。

謝罪の”おかわり”を求めることがおかしい。
定食屋じゃないんだから。

 

 

日本が韓国に対して、「合意を守ってほしい」と要求するのは当たり前のことだ。

むしろ、日本にそんなお願いをされることを、韓国は”恥”と思ってほしい。

でも気になることがある。
ハンギョレ新聞は以前、社説(2017-12-28)でこう書いていた。

「合意を守りなさい」と声を高める日本のマスコミでさえ「慰安婦合意の核となる精神は、慰安婦被害者の名誉と尊厳の回復にある」(朝日新聞)、「日本政府も『被害者の視点を欠いていた』とする報告書の指摘に謙虚に耳を傾けてほしい」(東京新聞)と言及している点に日本政府も注目すべきである。

日本は「慰安婦」被害者の名誉回復の意義に立ち返れ

今の韓国には、「あの合意はおかしかった。やり直しをしたい」と考えている人がたくさんいる。
元慰安婦の人たちがそうだし、韓国政府もそうだ。
でも、それを言い出したら、韓日関係は終わってしまう。

それで韓国には、「合意にはなかったことだけど、日本にこれもやってもらいたい」と追加要求を求める声が多い。

「合意は1ミリも動かない」という日本政府はこれを認めていないけれど、ハンギョレ新聞が書いたように、韓国にその可能性を持たせるようなことを言う人が日本にいる。

これは無責任だ。
日本が追加要求を認めてしまったら、解決したはずの慰安婦問題がまた問題化してしまって、日韓関係に悪い影響が出てくるだろう。
日本は「日本は韓国のどんな要求にも応じない」という姿勢を崩さないでほしい。

 

 

「アリの一穴(天下の破れ)」という言葉がある。

アリほどの小さな穴が原因となって、すべてが壊れてしまう。
ささいなことから始まって、手が着けられないほどの大変な事態になってしまう。

人間の世界にはそういうことがよくある。
ダイエット中に、小さなチョコに手を出してしまい、取り返しのつかないことになってしまった知人がいる。

 

慰安婦問題でも、そうした「アリの一穴」をつくってはいけない。
「日本はそれぐらいやってもいいいだろう」ということを認めてしまったら、後できっと後悔する。

他国がそれを見て、「へ~、日本は約束しても後から文句を言えば、内容の変更に応じるんだ」と学習されても困る。

韓国が日本に対して「自発的かつ真の謝罪」などを追加で要求してきても、日本は「合意は1ミリも動かさない」「全く受け入れることができない」とキメ顔でつっぱねてほしい。
お願いしますよ、政府。

*文中の「キメ顔で」という言葉が気になったら、「僕はキメ顔でそう言った」をクリックしてください。
全然大したことないです。

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。