反日感情に苦しむ韓国⑦ 韓国人が、反日韓国人を嫌っている。


 

始めの一言

「盗みをする者もすくなく、訴えごとも少ない (魏志倭人伝 弥生時代)」
「日本賛辞の至言33撰 ごま書房」

 

P1180494

今回の内容

・自衛隊の行事での混乱
・増えてほしい冷静な韓国人
・日本人と韓国人は、やっぱりちがう。
・反日の苦しみは、「産みの苦しみ」

 

・自衛隊の行事での混乱

「ソウルで自衛隊の記念行事が行われる!しかも、それに韓国側も参加する!」
そのことに反対する韓国市民は多かった。
それを朝鮮日報の記事(7月9日)が伝えている。

 

ソウルで自衛隊記念行事、韓国軍関係者の出席は適切か

かなりの数の市民団体は日本の自衛隊創設記念行事に韓国軍関係者が出席することに反対している。日本に侵略された韓国が、事実上日本の軍と変わらない自衛隊の記念行事を祝う必要があるのかということだ。

 

でも、12日には予定どおり、ソウル市内のホテルで自衛隊の記念行事が開催された。
予想された混乱もなく、スムーズに行事を行うことができたのは意外だった。

 

・・・だったら、良かったけどね。
そういうわけにはいかず、やっぱり混乱は起きた。
これは、それを伝える朝鮮日報の7月13日の記事。

ソウルで自衛隊創設記念式典、市民団体210人が激しい抗議デモ

この記事の中から、要点を抜き出す。

 

・この日、自衛隊創設記念行事が行われたホテルの前には、市民団体関係者約210人が集まり、激しい抗議デモを行った。

・行事の開始が近づいた午後3時ごろには、警察官約300人がホテル周辺に投入され、抗議デモを行う市民団体メンバーの立ち入りを防ぐため立っていた。

・一部メンバーはホテル内への立ち入りを繰り返し試みたため、デモの現場は警察官と市民団体メンバーたちの衝突があちこちで起こった。

・市民団体メンバーたちは、正門進入路で「外交」と書かれたナンバープレートを付けた車がホテルに入ると声を上げて非難したり、ホテルに入る外交官の車の前に寝ころんだりした。

・一方、国防部と外交部は韓国の公務員が自衛隊創設記念行事に出席することについて、「国防交流と外交の次元から行事に出席するもの」との見解を明らかにし、行事出席者の実名を公開しなかった。

 

「行事出席者の実名を公開しなかった」って、参加者の名前を知ってどうするの?
公開したら、ネットで広まってボロボロに書かれるだろうし、脅されるかもしれないね。
何も悪いことをしていないのに、こんな思いをする出席者がかわいそう。

 

ところで、国内からの激しい抗議があったにもかかわらず、自衛隊の行事を開いたこの勇気と男気あるホテルを紹介しないわけにはいかない。

そのホテルは、ソウルのミレニアム・ヒルトン・ホテルという。

そういうわけで、

ロッテ・ホテルさん、さようなら。
ヒルトン・ホテルさん、こんにちは。

 

a2_20140122

いっそのこと、市民の抗議が来ないように、ムーダン(巫女)に踊ってもらえば?
(画像は、KONESTから)

 

・増えてほしい冷静な韓国人

もちろん、すべての韓国人がこの抗議を支持しているわけではない。
ネットではこんな意見もあるらしい。

 

「韓国は一体いつまで反日、反日と叫ぶのか? 世界の流れを無視して、現実世界から精神分離を続ければ、韓国は世界から孤立する。」

反日市民団体が押し寄せ修羅場と化す自衛隊創設記念行事by韓国の反応

 

韓国人が「国内の反日には、いき過ぎたところがある」と気づいて、こうした声がもっと出るようになってほしい。
「韓国人はキライだ!」と思う人もいると思うけど、「反日を叫ぶ韓国人」を嫌悪する韓国人もいる。
日本人が嫌韓感情をエスカレートさせて、こういう冷静な見方をする韓国人まで敵にまわしちゃいけない。
具体的な方法は思いつかないけど、こういう韓国人がどんどん増えてほしい。

 

ちなみに、ホテルで激しい抗議があった次の日には、こんな記事がのっていた。

「ポケモンGO」 サービス開始前の韓国でプレー可能

「これはこれ、それはそれ」で反日の部分もあるけど、日本は好きみたい。

 

檀君 (2)

何とかしてよ、檀君(だんくん)さん。
え~、オレ、実在したかわかんないし~。

 

・日本人と韓国人は、やっぱりちがう。

 

韓国でのこの騒動は、日本だったら起こらないはず。
東京で韓国軍が開く行事に日本側の誰が参加したとしても、問題になるとは思えない。
日本だったら、誰もそんなことに関心がないだろう。

 

でも、韓国人だとこれを問題視してしまう。
この根底にあるのは、韓国の反日感情だ。
外交慣例上、当然のことであっても、韓国の国民感情がそれを許さない。
韓国政府としては、外交慣例と国内の反日感情にはさまれて、苦しい思いをしている。

 
今、フランスで日本文化を紹介する「ジャパンエキスポ」が開かれている。
このことと考えあわせると、日韓で対照的な反応を見せていておもしろい。

韓国では、自衛隊の行事に参加することを問題視しているけど、日本ではこれをまったく問題視していない。
でも、同時期にフランスで開かれている「ジャパンエキスポ」では、韓国の参加を日本は問題視するけど、韓国側はまったく問題視していない。

 

日本人と韓国人とでは、何を問題視するかが違う。
つまり、両者の価値観や考え方が大きく違っているということなんだろう。

 

IMGP3905

日本と韓国って、お箸も違うしね。

 

・反日の苦しみは、「産みの苦しみ」

韓国人のいき過ぎた反日感情によって、韓国が苦しい思いをする。
今まで10年以上、大手新聞2紙(朝鮮日報と中央日報)を読んできていて、ときどきそんな記事を見ることはあった。
けれど、2か月間という短い期間で3つもそんな記事がのっていたのを見た記憶がない。

 

5月には、旭日旗をつけた海上自衛隊の艦隊がきて韓国軍が困った。
6月や7月には、対馬の仏像盗難事件で、政府や新聞社の人たちがあせっている。
そして、7月には、この自衛隊の行事への参加で政府の関係者が困っている。

 

国内の反日感情と国際的な常識との間にはさまれて、韓国政府や軍が苦しい思いをしている。
こんなことが立て続けに起きるというのは、韓国社会が変化しているということかもしれない。

 

これは、日韓関係の改善のためには、すごく良いことだと思う。
ここでは、日本側のことは「えいやっ」と棚にあげて言う。
韓国側の問題についていえば、反日感情が日本と韓国の関係に大きなマイナスの影響を与えていることは間違いない。
韓国自身が、「反日感情がもたらすマイナス」に気づいて改善するようになればそれが一番いい。

 

日本人が言ったって、絶対に聞かないしね。
今回の新聞記事で報じていることは、そのための良い機会になるかもしれない。
というか、なってほしい。
いや、ぜひなってください。
国内の反日によって、韓国自身がシンドイ思いをすることで、「この反日感情は、いい加減マズイな」と思うようになってほしい。

 

「韓国は一体いつまで反日、反日と叫ぶのか? 世界の流れを無視して、現実世界から精神分離を続ければ、韓国は世界から孤立する。」

「反日感情をむき出しにする韓国国民はとても愚かだと思う」

 

こうした声が韓国の中からたくさん出てきたら、日韓関係は前進するはず。
韓国人の友人も、反日を叫ぶ韓国人を嫌っている。
それは、日本を好きだからじゃなくて、韓国が大好きだから。
客観的にみても、「国民感情が、国際法や国際的な儀礼と合わない」というのは、国民感情の方に問題があるはず。

 

国内の反日感情で韓国自身が苦しむことが、より良い日韓関係の「産みの苦しみ」になってほしいと思っている。
韓国には悪いけどね。

 

ランキングに参加しています。

「読むたび、新しい発見」となるようなブログをめざしています!
今回の記事で、新しい知識などがあったら、ぜひ、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

海外旅行で気づく、日本人の器用さ・日中韓のお箸の違い

日本と韓国の始まり、皇紀と檀紀(檀君紀元)を知ってますか?

反日に苦しむ韓国① いつから、なぜ自衛隊の旭日旗が問題なのか?

反日感情に苦しむ韓国② 韓国が嫌いな旭日旗、世界の反応は?

反日感情に苦しむ韓国③ 対馬の仏像盗難事件、怒ってるよ~。

反日感情に苦しむ韓国④ 対馬の仏像盗難の今。韓国が弱気だ~。

反日に苦しむ韓国⑤ ソウルでの日本(自衛隊)の行事、「冷たい目」

反日感情に苦しむ韓国⑥ ロッテホテルのキャン、キャン、ドタキャン!

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。

 


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す