韓国人と日本人の考え方の違い。世界を巻きこみアピールする。

 

韓国の人たちは、時どきよく分からないことをする。

でも、世界の人たちが日本人と同じだったらおもしろくもない。
だから、それはそれでいい。

近ごろは韓国の反日に関する記事が多かったから、たまには別の話題を取り上げてみたい。
最近、韓国の人たちが、日本人からすると「え?それはどういうこと?」と思ってしまうようなことをした。

日本人と韓国人の考え方や行動の違いを感じさせてくれることを。

 

 

韓国の文大統領の誕生日は1月24日だった。

それはいい。
誕生日はないよりあったほうが絶対にいい。

それはいいんだけど、文大統領の誕生日を祝う広告がニューヨークのタイムズスクエアに登場したことが話題を呼んだ。

くわしいことは「ゴゴ通信」の記事(2018/01/26)を見てほしい。

広告は文在寅の66歳の誕生日である24日にあわせて5分ほど文在寅大統領の誕生日を祝うメッセージが表示と共に写真も掲載。

文在寅大統領の誕生日を祝う広告がタイムズスクエアに 韓国ネット民が対抗してノムヒョンの広告を出す

タイムズスクエア(ウィキペディアから)
注目度の高さは世界屈指。
ここの広告費は、世界最高レベル。

 

話はこれで終わらない。

「ニューヨークのタイムズスクエアで、文大統領の誕生日を祝う広告が出た」と知った韓国の人たちは、今度は廬武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の広告をタイムズスクエアで出したのだった。
上の記事から。

ニューヨーク時間の深夜の0時5分から広告の表示が開始され、ガッツポーズのノムヒョン、コアラと合成されたノムヒョン、DJになったノムヒョンなどが表示。

ノ・ムヒョン氏は2003年から2008年まで韓国の大統領をしていたのだけど、この人は2009年に飛び降り自殺をしている。

 

 

ツッコミどころが満載で、どこから手をつけていいの分からない。

そもそも、何で韓国の大統領の誕生日を、ニューヨークのタイムズスクエアで祝うのか?

この発想や行動は、日本人とはまるで異質。
「安倍首相、お誕生日おめでとうございます」という広告がタイムズスクエアに現れることはない。
渋谷のスクランブル交差点でも考えられない。

総理大臣だろうと誰だろうと、誕生日を祝うのはホテルかどこかの個室ですればいい。
それか、個人のSNSに投稿すれば十分だ。

「公共の場で、政治家の誕生日を祝う」という感覚は日本人にはないだろう。

 

韓国人の場合、その後に別の大統領の広告も出している。
「ガッツポーズのノムヒョン、コアラと合成されたノムヒョン、DJになったノムヒョン」って、ノ・ムヒョン氏は自殺した人だぞ。
自殺した大統領とコアラを合成した画像を、何でタイムズスクエアで出すのか?

日本人と韓国人の感覚や考え方の違いを感じざるを得ない。
もちろん「違う」というだけで、「どっちがいいか悪いか?」という上下はない。
文化が国によって違うのは当然だから。

 

ネットでは、意味が分からない人であふれている。

・なんでわざわざ外国でやってんの?
・外国まで行って何してるんだろうな。。。
・さっぱり理解できない。 やはり価値観を共有してないわー。
・無駄な金を使ってる余裕があるのか
・韓国内だけで完結させてろよ。
・何でアメリカで自国の大統領のお祝いCM出さなきゃならんのか?
・何言っても無駄だろうけど、どうして他国でそういう行為するの?

もともと「近くて遠い国」だったのが、銀河系の向こうに行っちゃった。

 

 

韓国人の行動を見ていると、「韓国人は世界を巻きこんだり、世界にアピールしたりすることが好きなんだなあ」と非常にしばしばよく思う。

「韓国人は、韓国のことを外国人に伝えることが好き」

そのことについて、ソウル日本大使館の元職員で韓国通の人がこう書いている。

韓国人は非常に熱心な愛国者なので、外国人にも韓国語や韓国文化を積極的に教えてくれます。そして、教えてくれたことを吸収すると「お前も韓国人らしくなった」と褒めて(?)くれます。

(中略)外国人に自国語や自国文化を積極的に教えるという姿勢は、いい迷惑の場合がなきにしもあらずなものの、やはり積極的に見習いたいものです。

「つきあいきれない韓国人 (渡辺晶平)」

 

もうすぐ、韓国で平昌オリンピックが開催される。

このオリンピックのスローガンをご存知ですか?

「どうか開会式で鳩が焼けませんように」じゃなかった、「ひとつになった情熱」だった。

 

公式ホームページにその説明がある。

全てがひとつになった情熱で冬季スポーツに対する世界の人々の共感を連結します。いつ、どこにいても全ての世代が参与することができ、冬季スポーツの持続的な拡散に新境地を開いていくという意味を込めました。

大会紹介

でもこのロゴ、情熱の「情」が間違ってんじゃん。
中国語かと思ったけど、中国語の漢字でも「情」になっている。
これはどこの世界の漢字だ?
五輪公式ホームページの日本人に向けたページでこれはヒドイな。
絶対このまま開会式に突入するし。

さすがケンチャナヨ精神。

 

作家で大学教授でもある呉善花(オソンファ)さんが、「漢字廃止で韓国に何が起きたか」という本の中で、韓国人と日本人の国民性の違いについて書いている。

ソウルオリンピックと東京オリンピックに、両国民の考え方や発想の違いがよくあらわれているらしい。

ソウルオリンピックのスローガンは、「韓国を世界に世界を韓国に」。
東京オリンピックのスローガンは、「世界に学ぼう」。

韓国人は、世界に自国をアピールする気持ちがとても強い。
「世界に学ぼう」は謙虚で日本人らしいけど、自国を強くうったえる積極性は感じられない。
このスローガンに、日本人と韓国人の価値観や考え方の違いがよく出ていると思う。

ちなみにこの本によると、韓国人は大人になってから他人に学ぼうという考えはあまりないという。
学ぶより教えることが好きなんだろう。

 

 

韓国人の行動で日本人がよく怒るのは、海外での反日活動だ。

韓国国内で慰安婦像を建てるのなら、まだいい。
でも、アメリカやオーストラリアで建てることには、日本人は強く反発する。
韓国で反日を叫ぶことはいい。
でも、海外で第三者の外国人にそれをアピールすると、日本人は強い嫌悪感をしめす。

つい最近もそんなことがあった。
韓国の女性家族相が「アメリカやドイツなどで慰安婦問題の国際会議を開いて、日本に圧力をかけねばならない」と言う。
この言葉が日本人を怒らせた。
韓国で会議を開くのなら、日本人はあまり気にしないだろう。

あれ?
「反日とは別の話題を取り上げてみたい」と書いたけど、結局書いてもうた。

でも、「世界を巻きこんだり、世界にアピールしたりする」というのは、韓国人と日本人の考え方や行動の大きな違いだと思う。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

韓国・平昌五輪の現状と欧州の反応。終わりのはじまり!?

ドイツと韓国のオリンピックで起きた最悪と最低の事件とは?

平昌オリンピックの寒さは”人災”!?韓国人の2つの国民性が背後に。

ケンチャナヨ精神③韓流時代劇のデタラメ・戦国時代にハイヒール

韓国人の気質③日本人も驚きあきれるケンチャナヨ精神の運動会

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。