アレクサンドロス大王をめぐるギリシャとマケドニアの対立。

 

浜松市のゆるキャラは「家康くん」。

手前じゃなくて後ろのヤツ。

 

浜松市民のボクとしては、家康くんは好きだし気に入っているのだけど、時どきこいつのせいで面倒なことになる。

例えば、岡崎市出身の女の子にこう言われたことがある。

「家康は岡崎で生まれたのに、なんで浜松市のゆるキャラになってるの?」

この質問に、他の浜松市民はどう答えているのだろう?

家康は29歳~45歳までの17年間を浜松城で過ごしていた。
1572年には、三方ヶ原の合戦で武田信玄の軍とたたかっている。

浜松城公園のホームページにはこうある。

家康にとって、浜松在城17年間は、徳川300年の歴史を築くための試練の時代だったと言えるでしょう。

浜松城公園HP

浜松で試練の時代を過ごしたことから、家康が浜松市のゆるキャラになったわけだ。
でも、愛知県民、特に岡崎市民に「なんで浜松が家康なの?」言われると、とても心苦しい。

家康は岡崎で生まれた後、浜松や東京(江戸)に住んでいたし、晩年は駿府(静岡市)で過ごしていた。
「家康はどこの人か?」と聞かれると、浜松市民のボクでも「岡崎かなあ」と思ってしまう。

 

岡崎のゆるキャラ「オカザえもん」

 

「なぜ浜松?」とか「組織票で1位に」というのを見ると、泣きそうになる。

 

 

でも、「家康はどこのものか?」ぐらいなら、大したことはない。

愛知県民にそう言われたら、「そういえば、岐阜駅に織田信長の像があったよねえ」と話をそらせばいい。
*織田信長は愛知で生まれたけど、岐阜の英雄になっている。

 

でも、国と国が「あの英雄はウチのものだ!」と争うと、これはけっこう深刻な問題になる。

例えば、ギリシャとマケドニアの対立だ。
マケドニアの首都スコピエの空港は「アレキサンダー大王空港」という。
でも、前からこれにギリシャが怒っていた。

ギリシャ人は「アレクサンドロス(アレキサンダー)大王は、オレたちギリシャの英雄だ」と考えている。
ギリシャの紙幣にも、アレクサンドロス大王が描かれていた。

でも、マケドニア人も彼を自国の英雄だと思っている。

そういうことで、ギリシャはマケドニアの「アレキサンダー大王空港」が気に食わない。

 

アレクサンドロス大王(ウィキペディアから)

 

アレクサンドロス大王は高校世界史で、もっとも重要な人物の1人。

アレクサンドロス大王 前356年 ~ 紀元前323

大帝国を樹立したマケドニア王(在位 前336年 ~ 紀元前323)。
アリストテレスに学び、父の暗殺により20歳で即位した。ギリシア連合軍を率いて東方遠征をおこない、アケメネス朝を倒して、ギリシア・エジプト・インダス川にいたる大帝国を樹立した。

インドからの帰途後アラビア遠征を計画中に、バビロンで急死した。彼は各地にアレクサンドリア市を建設しギリシア人を入植させる一方、ペルシアの習慣も採用したため、東西融合が進んだ。

「世界史用語集 (山川出版)」

アレクサンドロスの帝国

 

「インド」と言い始めたのもアレクサンドロス大王といわれる。

私としは以下、インドス川から東の地域をインドと呼び、そこに住む人びとをインド人と呼ぶことにしよう。

「アレクサンドロス大王東征記 下 (岩波文庫)」

この時代、今のマケドニアはギリシャにふくまれていた。
だからアレクサンドロス大王はギリシャ人だし、マケドニアの王でもある。

 

ギリシャとの対立から、マケドニアのザエフ首相がついに「アレキサンダー大王空港はやめて別の名称にする」と発表した。

朝日新聞の記事(2018年1月27日)から。

古代ギリシャでマケドニア王国を率いたアレクサンダー大王はギリシャ人の誇りでもある。その名を冠した空港は、ギリシャの国民感情を刺激していた。(中略)ザエフ氏は終了後、記者団の前で、対立の象徴とも言える空港の名称変更を表明し、歩み寄る姿勢を示した。

「アレクサンダー大王空港」やめます 2国対立の象徴

このニュースに対してインターネット上では、日本には1ミリも関係ないから他人事。

・ギリシャなんかに負けドニア
・米子鬼太郎空港
・シャルル・ド・ゴール空港のかっこよさよ
・豊臣秀吉国際空港
・名探偵コナン空港とか、日本って平和だな。。。
・うわあ初めて知ったわ
アレクサンドロス大王ってずっとマケドニアの人だと思ってたけど
ウィキとグーグルマップ照らし合わせたらおもっくそギリシャやん
・国名をアレキサンダーにしてまえ
・負けドニアはやめて
勝ちドニアにすると縁起がよい。

島国・日本はよその国と「それはウチの英雄だっ!」と争うことがないからホント平和。

 

 

おまけ

タイを旅行していたとき、タイ人の日本語ガイドからこんな話を聞いた。

ボクが静岡県出身だと分かると、タイ人のガイドが「静岡ですか。富士山があるところですね」と言う。
それでその後、こんな失敗談を話す。

「前に日本人のお客さんの中に静岡県出身の人がいたから、『富士山は静岡の山ですよね』って言ったら、山梨県の人に怒られました」

山梨県民の気持ちやプライドは理解できるけど、タイ人は許してあげてほしい。

 

じゃあ山梨県民は、「富士山静岡空港」にも怒っているのだろうか?

 

山梨県に空港ができて「富士山」という名前がついたら、静岡と山梨はギリシャとマケドニアのようになるかも。

「富士の国やまなし」には、静岡県民として血が騒ぐところがある。

 

何だよキティ、そっち側についんたかよ。
もう浜松餃子と静岡おでんを食べれると思うなよ?

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。