ジンギスカン作戦で飢餓地獄。牟田口廉也とインパール作戦。

 

前回、韓国の文大統領が「できない約束」をしたことで、下の人間が辛い思いをしている、ということを書いた。

この記事を書いているときに、頭に浮かんだ人物がいる。

それは「牟田口廉也(むたぐち れんや)」という人。

「上の人間ができない約束をしたことで、下の人間が被害を受ける」ということは、どこの会社でもある。

でも牟田口の場合は、できない作戦を実行させたことで、日本の歴史に残る大失敗をして多くの犠牲者を出した。

今回の記事は、インパール作戦やこの人物を知らない人にぜひ読んでほしい。

 

 

ヤフーで「牟田口廉也」を検索するとこんな画面が出てくる。

 

「インパール作戦の悲劇!牟田口廉也の補給軽視で飢餓地獄!」という文が分かりやすく説明している。

牟田口廉也(1888年 – 1966年)は日本軍の中将で、戦争中のインパール作戦で部隊を指揮した。
インパール作戦は「第2次世界大戦中、もっとも過酷な戦いの一つ」と同時に「もっとも無謀な作戦」とも言われている。

牟田口廉也はそのインパール作戦の最高責任者と呼んでいい。

 

下の地図でいうと、北海道のあたりにインパールがある。

 

インパール作戦とは、1944年にミャンマーの東北部でおこなわれた日本軍とイギリス軍の戦いのこと。

この作戦は大失敗に終わる。

インパールさくせん【インパール作戦】

無謀な計画のため日本軍は大敗、ガダルカナル以上の惨状を呈した。

大辞林 第三版の解説

ウィキペディアにはこんな説明がある。

補給線を軽視した杜撰(ずさん)な作戦により、多くの犠牲を出して歴史的敗北を喫し、無謀な作戦の代名詞として現代でもしばしば引用される。

 

ウィキペディアから。

 

インパール作戦で日本軍は、10万人のうち3万人が死亡したといわれる。

このときの様子をイギリス軍の兵士はこう書いている。

ボロボロの軍服を着た白骨に、別の白骨がもたれかかり、その上にまた別の死体がもたれかかっている。

三つ目、四つ目の死体になると、死んで間もないためにまだ内臓が残っており、ウジがわいていた。

「責任なき戦場 インパール (角川文庫)」

また別のイギリス軍兵士は、日本軍の野戦病院でこんな光景を目にした。

その死体のかたわらには、兵士の妻や子ども、恋人の写真、富士山や桜の花、梅の花の絵葉書、そして日記帳などが落ちていた。今際(いまわ)のきわに、思い断ち難く眺めていたと思われた。胸が締めつけられるような光景だった

(同書)

こんな悲劇を生んでしまった原因に、牟田口廉也が食料や軍事物資の補給を軽視したことがある。

それにしても、今の時代に生まれてきて運が良かったと思う。
同じ日本で生まれても、時代が違うだけでまったく別の人生になってしまう。

 

 

もともとインパール作戦に対しては、「それはムリだろう」という否定的な意見が多くあった。

だけど牟田口(むたぐち )が強く主張したことで、作戦は決行されてしまう。

「食料はどうするんだ?」という声に、牟田口は「ジンギスカン作戦」で応えた。

兵士がビルマに行ったら、そこで牛を調達して荷物を運ばせる。
荷物を運ばせた後(またはその最中)に、その牛を食べればいい。
牟田口はこんな「ジンギスカン作戦」を考え出した。

でもこれは机上の空論。
実際にはムリだった。

 

ビルマの牛はジャングルでの長時間歩行にも、荷物運びにも適していなかった。
それに、牛に与えるエサすら十分に用意できなかった。
このため、ジンギスカン作戦はまったく機能しない。

前線の兵士には食べるものが何もない。
それで「インパール作戦の悲劇!牟田口廉也の補給軽視で飢餓地獄!」という状態を生んだ。

 

 

戦後、牟田口はインパール作戦での責任を感じて反省の言葉を述べていた。

でも、「反省タイム」はすぐ終わる。

代わりに、「あれは自分のせいではなく、部下の無能さのせいで失敗した」と主張するようになった。
犠牲になった兵士たちへの謝罪の言葉はないまま、牟田口はこの世を去った。

無謀なジンギスカン作戦を提案した本人は、戦後「ジンギスカンハウス」という中華料理店をオープンしている。
この人は一体どんな神経をしていたのか?

 

今でも、「ジンギスカンハウス」で検索されている。

 

牟田口廉也については一切弁護する気はないけど、「子孫」や「孫」は関係ない。
検索するのはやめたほうがいい。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。