ネットで話題!平昌五輪の”モルゲッソヨ”とカンガルーの共通点。

 

昨日2月9日、韓国で平昌五輪がはじまった。

日本のネットでは今、開会式についていろいろと盛り上がっている。

「夢に出そう」「子どもが泣きだした」という人面鳥が出てきたと思えば、開会式を中継していたNHKの番組で、桑子アナウンサーが致命的な言い間違えをしてしまう。

アナウンサーは開会式を「閉会式」と言ってしまった。
でも、本人はそれに気づかず、訂正することのないまま番組は終了。

本人は上司から怒られたと思うけど、ネットはやさしい。

・早く終わらせたかったのねw
・気持ちはわかる
・わざとだなw?
・雰囲気が閉会式だったんだろ
しょうがない
・ナイスフィニッシュ

 

そんな日本のネットでは、他にも話題をさらっているものがある。

それは「モルゲッソヨ」。

「モルゲッソヨってなに?分からない」という人も多いと思う。
今回は平昌五輪の「モルゲッソヨ」を紹介したい。

「分からない」
それがモルゲッソヨ。

 

 

でもその前に、オーストラリアのカンガルーの話をさせてほしい。
後でつながるから。

 

オーストラリアとはこんな国。

・面積:約770万平方キロメートル(日本の約20倍、アラスカを除く米とほぼ同じ)

・人口:約2,413万人(2016年6月)
面積が日本の約20倍で、人口は約5分の1。
どれだけ無人の野が広がっているのか。

・首都:キャンベラ(人口約39.6万人)
首都をシドニーと思っていた人は手をあげてください。

・民族:アングロサクソン系等欧州系が中心。その他に中東系、アジア系、先住民など。
オーストラリアの先住民は「アボリジニ」と呼ばれる。

・言語:英語

・宗教:キリスト教61%、無宗教22%

以上の数字は、外務省ホームページのオーストラリア連邦基礎データから。

 

ヨーロッパ人がオーストラリアに来る前から、ここには先住民の「アボリジニ」が住んでいた。

1770年にイギリス人探検家クックがシドニーの近くに上陸して、「ここはイギリスのものだ」と宣言する。

ここから、イギリス植民地としての歴史がはじまる。
18世紀後半にアメリカが独立すると、それまでアメリカに囚人を送っていたイギリスは、オーストラリアに囚人を送るようになる。

それでオーストラリアはイギリスの流刑地となった。

 

オーストラリアの州の歴史(ウィキペディアから)

 

 

オーストラリアという未知の大陸に足を踏み入れたヨーロッパ人は、カンガルーを見て驚く。

「カンガルー」という言葉の由来は、「gangurru(跳ぶもの)」という現地の言葉といわれる。

オーストラリアを発見(到達)したクックの航海の記録にも、すでにカンガルーという言葉が登場している。
ピョンピョン跳ねるこの不思議な動物に、ヨーロッパ人は大きな衝撃を受けたのだろう。

今の日本人が平昌五輪の「モルゲッソヨ」を見たときのように。

 

「カンガルー」という言葉についてはこんな話がある。

カンガルーを見たヨーロッパ人が現地の人間に、「あれは何という動物なんだ?」とたずねる。
でも、現地の人はヨーロッパの言葉が分からない。
何を言われたのか理解できなかったから、「カンガルー(分からない)」と現地の人が答える。

それを聞いたヨーロッパ人は「そうか。あの動物は“カンガルー”というのか」とかん違いしてしまう。
それでそれ以降、この動物がカンガルーと呼ばれるようになった。

これは史実ではないけれど、カンガルーの由来についてこんな話がある。

 

 

さて、お待たせしました。

平昌五輪の「モルゲッソヨ」ですよ。

百聞は一見にしかず。
まずはモルゲッソヨを見てほしい。

 

 

 

「モルゲッソヨ」とは平昌五輪のメインプレスセンター前にある像のこと。

前からここにあったわけではない。
五輪に合わせて、メインプレスセンターという注目度の高いところにこの像が設置された。

日本人の感覚からすると、この像にはかなりのインパクトがある。
それで、この像を見た日本のスポーツ紙の記者が現地の韓国人に、「あの像は何ですか?」とたずねた。
すると、ボランティアスタッフの韓国人が「モルゲッソヨ(わかりません)」と答える。

スポーツ紙がそれを記事にして報じたところから、日本のネットでも、この像がそのまま「モルゲッソヨ(わかりません)」と呼ばれるようになる。

 

モルゲッソヨ像は日本のネットユーザーの視線を釘付けにした。

例えば、こんなツイートがある。

 

平昌五輪の開催とほぼ同時に、日本のネットでも「モルゲッソヨ祭り」がはじまった。
aa職人も腕をふるっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

画質はイマイチだけど、モルゲッソヨはグーグルマップで見ることができる。

https://goo.gl/maps/4uKPZ89P1C32

 

平昌五輪が終わっても、たぶん日本のネットからモルゲッソヨは消えない。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。