試合終了からのゴミ拾い。日本人のマナーと世界の反応。

 

今年2018年は、明治時代がはじまってから150年になる。

 

明治時代には、たくさんの外国人が日本を訪れていた。

日本人を見て、「行儀やマナーがいい」「清潔である」「礼節(礼儀)がある」といった感想をもった外国人は多い。

例えばベルツはこう言っている。

(花見を見て)入り乱れて行きかうすべてが、何という静粛で整然としていることだろう。乱暴な行為もなければ、酔漢の怒鳴り声もしない — 行儀の良さが骨の髄までしみこんでいる国民だ

「逝きし日の面影 (平凡社)」

モースはこう思った。

衣服の簡素、家庭の整理、周囲の清潔、自然及びすべての自然物に対する愛、あっさりして魅力に富む芸術、挙動の礼儀正しさ、・・・、これ等は恵まれた階級の人々ばかりでなく、最も貧しい人々持っている特質である

「逝きし日の面影 (平凡社)」

シドモアはこんな印象をもった。

愛くるしい日本国民の微笑、比類なき礼節、上品で果てしないお辞儀と明るく優美な表情には、はるかに心よさを覚えます。

「シドモア日本紀行 (講談社学術文庫)」

 

平成の今でも、日本人のマナーのよさは世界からほめられる。

先日メキシコでもそんなことがあった。
今、メキシコのサッカーチーム「パチューカ」に本田選手が所属している。

本田選手の試合を観戦していた日本人サポーターが試合終了後、スタジアムのゴミ拾いを始めた。
パチューカ側がそれを見て感動し、その様子をクラブ公式ツイッターで「Domo arigato(どうもありがとう)」という言葉とともに紹介する。

「football-zone」の記事(2018.02.06)によると、これを知った外国人からはこんな反応があった。

「だからこそ日本は偉大な国だ」
「メキシコにない教育と規律の兆しが見える」
「別レベルの文化」
「これを国の文化にしよう」
「いつも最良の例を与えてくれる」
「真似る必要がある文化だ!」

日本人サポーターのゴミ拾いに本田所属パチューカ感謝 世界称賛「日本は偉大」「別レベルの文化」

 

日本人サポーターが試合後に、スタジアムのゴミ拾いをおこなう。

2014年ブラジル・ワールドカップのときにも、そんなことがあった。
このとき日本人サポーターは、日本代表のユニフォームと同じ青色でスタジアムを染めるために、青いビニール袋を持って行く。
そして試合終了後、その袋にゴミを入れていた。

日本が試合に負けたにもかかわらず、サポーターがゴミを拾っていた。
このことに世界が驚く。

 

読売新聞の記事(2014年06月18日)からこのときの反応を見てみよう。

負けてもゴミ拾い…世界が称賛、日本サポーター

ブラジルのフォーリャ・デ・サンパウロ紙。

「日本は初戦を落としたが、礼儀の面では多くのポイントを獲得した」

イギリスのインディペンデンス紙
「日本の観衆がワールドカップの会場でゴミを集めたことは他国のサッカーファンにショックを与えた」

韓国の聯合ニュース
「敗北の衝撃に包まれながらも、破壊的な行動をせず、ゴミを拾い始めた」

中国版ツイッター「微博」にはこんな書き込みがあった。
「中日関係は落ち込んでいるが、日本のいい伝統は学ぶ価値がある」

ブラジル側は日本人サポーターのマナーに感動して、駐リオデジャネイロ日本総領事館に表彰を授与した。

 

 

新幹線の清掃員の様子を映したもので、世界的に話題になった「7分の奇跡」という動画がある。

Cool JapanのThe 7 minute Tokyo Train Cleaningから。

 

この動画を見た外国人はこんな感想を書きこんでいる。

These employees would be amazing but Japanese passengers also wouldn’t mess up so much.
That’s why employees don’t need much time to clean up.

これらのスタッフはすばらしい。
でも日本人の乗客も、それほど散らかさない。
そういうわけで、スタッフは清掃でたくさんの時間を必要としない。

 

People in Japan take their trash as a personal responsibilty.
You will rarely find trash cans in public places.

日本の人たちはゴミを自分の責任だと考えている。
公共の場所でゴミ箱を見ることはめったにない

 

世界の人たちが称賛する日本人のマナーの礼儀の良さは、教育やしつけによるものだ。

世界的な科学者であるアインシュタインはこう言っている。

日本人のすばらしさは、きちんとした躾(しつけ)の心のやさしさにある。

「日本絶賛語録 (小学館)」

世界の人たちが日本人のマナーの良さや礼儀正しさをほめてくれる。
それはいいことなんだけど、サッカーについてはサポーターのゴミ拾いではなくて、日本人選手のプレーで世界を驚かせてほしい。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。