マジで?韓国人が誇る新羅の王(脱解)は、日本人だった!?

 

始めの一言

*昭和の日本人が西洋の影響を強く受けていることについて

「日本人の眼は今極めて強く西方に向けられているがゆえに、それだけ強く日本人に自国に対する観念が、西欧の批判によって影響されているのである。そしてこの影響の害毒が流す危険はすこぶる大きい(ブルーノ・タウト 昭和)」
「ニッポン 講談社学術文庫」

 

IMGP9158 - コピー

 

今回の内容

・韓国人にとって「新羅」ってどんな国?
・新羅は、「日本人の統治する国」
・日本と新羅の関係って?

 

・韓国人にとって「新羅」ってどんな国?

前回、日本では「王家の血」というものを重視しているということを書いた。
それは韓国でも同じで、「王家の血」をと~っても大事にしている。

 

韓国旅行が好きな人なら、新羅ホテルや新羅免税店を耳にしたことがあるでしょ。静岡県には、新羅という名の焼き肉店がある。

 

韓国人にとって、「新羅(シンラ、しらぎ)」という国はとても特別な国なんだよ。
新羅の都だった「慶州」は、韓国人にとっての京都のようなもので、韓国を代表的する観光地になっている。ボクもあそこは好きだよ。
韓国の中学校の歴史教科書を見れば、なんで新羅がそれほど大切な国なのか分かる。

 

わが民族がなし遂げた最初の統一であり、新しい民族文化をつくり上げる重要なきっかけとなった
(韓国の中学校歴史教科書 明石書店)

 

この当時、朝鮮半島には、百済・高句麗・新羅の3つの国があった。
新羅がその3国を統一したのは7世紀になる。
新羅は、韓国の歴史ではじめてとなる統一王朝というわけなんだよ。

 

「初めて国を一つにした国(王)は、特別」という考え方は、外国でも同じ。

中国人が始皇帝や秦を特別視するのも、歴史上はじめて中国を統一した皇帝でその国だから。

インド人がマウリヤ朝のアショーカ王を尊敬するのも、歴史上はじめてインドを統一した王だから。

というわけで、韓国人はこの新羅を重要視していて誇りにも思っている。

 

IMG_8182[1]

19世紀末のソウル
「朝鮮紀行 講談社学術文庫より」

 

そんな韓国人が聞いたら、「そんなバカな!!」と驚くことがある。
それが、「新羅は、日本人が統治する国だった」というもの。
そのことをかく前に、「倭種」と「倭人」というものを知っておこう。

 

「倭(わ)」というのは、日本の昔の国名。
たとえば、卑弥呼がいた時代の日本は、「倭」と呼ばれていた。
その倭(日本)にいた人たちが「倭人」になる。
でも、倭人も倭種も人(民族)としては同じ。

 

『三国志』は、倭国の支配圏外の倭人を「倭種」と表現している。それに従えば、脱解は倭人ではなく、倭種だったのだ。ただ、倭種と倭人が民族的に違うわけではない。
(日韓がタブーにする半島の歴史 室谷 克実)

 

ここには、同じ民族とかいてある。
つまり、住んでいた場所がちがうだけで、「倭種=倭人」であって両方とも日本人になる。
そのことをふまえて、次に読みすすめていこう。

 

『三国史記』によると、新羅建国時より日本による新羅への軍事的な侵攻が度々記述されている。
多くの場合日本側が勝利を収め、新羅側は食料・金銭・一部領土等を日本に割譲した。また新羅建国の王族の昔氏や朴氏も倭人とされる。また、新羅の重鎮には倭人も登用されていたとされる。

(ウィキペディア)

 

韓国人としては、ここで「おい、ちょっと待て」となる部分。
韓国人の認識では、「古代の日本は後進国で、新羅よりは格下の国」となっている。
この考えと、下の文は矛盾している。

「多くの場合日本側が勝利を収め、新羅側は食料・金銭・一部領土等を日本に割譲した」
ということで、韓国人からしたら「この記述は何だ?」となるだろう。

 

でも、日本人としては、この文に注目。

「新羅建国の王族の昔氏や朴氏も倭人とされる。また、新羅の重鎮には倭人も登用されていたとされる」

つまり、新羅という国の支配者の中に、倭人(日本人)がいたということ。

 

このことを、もうちょっと詳しくみていこっか。
次の文に出てく「脱解(だっかい)」というのは、新羅の4代目の国王のこと。

 

つまり新羅とは、二代王の前半の時代から、既に脱解が大輔として国政・軍事を司っていた。
即ち倭種が実権を握っていたー「新羅本紀」を‘素直に’読めば、そういうことになる。
(日韓がタブーにする半島の歴史 室谷 克実)

 

「大輔」っていうのは、もちろん、「だいすけ」という人の名前じゃない。
新羅にあったそういう地位のこと。
どのぐらいの身分かよく分からないけど、かなり偉い人なんだろう。
さらに、この本には、びっくりすることが書いてある。

「新羅のNO1(王)とNO2が、日本人だった」ということ。
難しい漢字が多いけど、がんばって読んで!

 

脱解による瓢公の大輔起用の結果、出来上がった体制は、王は倭種、ナンバー2は倭人となった。これは「倭種・倭人の統治する国」に他ならない。新羅に《倭・倭体制》が出来上がったのだ。

(日韓がタブーにする半島の歴史 室谷 克実)

 

この著者は、「瓢公(ここう)」という人は倭人(日本人)だったという。
そのことは、ウィキペディアにもかいてある。

 

瓠公(ここう、生没年不詳)は、新羅の建国時(紀元前後)に諸王に仕えた重臣。
また金氏王統の始祖となる金閼智を発見する。もとは倭人とされる。

 

「王は倭種、ナンバー2は倭人となった」とうことから、この本の筆者は、新羅という国は「日本人の統治する国に他ならない」としている。

 

このへんになってくると、韓国人としては猛反発すると思う。
新羅の支配者層に日本人がいたことだけでも、きっと認められないんじゃないかな?。
なのに、王とNO2が日本人だなんて。
これは、到底受け入れられないだろう。

 

IMGP3821

私たちも、そんな話、初めてききました。
韓国の土地神

 

「新羅は、日本人が統治する国だった」

これは、ボクにとっても衝撃的だった。
ちょっと、信じられない思いがする。
でも、新羅についての史書を原文で読めるわけがないし、今まで「新羅は新羅人の国だ」となんとなく思っていただけで、その具体的な根拠はなかった。

 

でも、「新羅は、日本人が統治する国だった」というのは、今の時点は「こういう説もある」というぐらいに思ったほうがいい。
まだ歴史の定説としては確定してはいないだろう。
でも、韓国人がこれを聞いたらどう反応するか?

 

「そんなバカな!」
と、きっと、激しい拒否反応をしめすはず。
韓国人にとっても、「血」というのはとても大事だから。
「新羅は、ずっと新羅人が支配していた国」だと「王家の血」を重要視しているはず。

 

IMGP6728

新羅の都だった慶州のお寺
静かで良い雰囲気

 

・日本と新羅の関係って?

「新羅は、日本人が統治する国だった」というのははっきり分からない。、
6世紀末の日本人が、「日本は新羅より上」と考えていたことは間違いない。
「詳細 日本史研究(山川出版)」でも、このように書いてある。

新羅を従属国として扱おうとする日本との間で時に緊張が生じた

 

従属国(じゅうぞくこく)といったら、家来みたいなものになる。
当然、そう思われた新羅は反発する。
だから、日本と新羅の関係はうまくいっていなかった。

 

これには、古代の新羅人だけではなくて、現代の韓国人もきっ反発するだろう。
でも、怒ろうが反発しようが、当時の日本人がこう考えていたことは間違いのない事実。

 

こう見ていくと、英仏では「血」というものを重視していないけど、日韓では、とても重要視されていることが分かる。
これは、日韓と英仏の関係について、大きくちがう。

 

以前の記事で、「イギリスの国王が、フランス人だった」「現在のイギリス王室の最初の王様は、ドイツ出身だった」ということを紹介した。
でも、ヨーロッパではそれは当たり前のことで誰も気にしない。
「血の違い(純血)を重視しない」ということは、イギリス人とフランス人が互いに親近感をもっているということだと思う。

 

日本人と韓国人は、「王家の血」というものを重視する。
だから、イギリス人とフランス人のような親近感は感じないだろう。
そういうことからも、「英仏は仲が悪い」と聞いても、ボクには何だかっていって仲のいい兄弟げんかのように見える。
少なくても、日韓ほど深刻ではない。

 

ランキングに参加しています。
「読むたび、新しい発見」となるようなブログをめざしています!
今回の記事で、新しい知識などがあったら、ぜひ、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

仲の悪い隣国・イギリスとフランスは、これぐらい悪い

仲の悪い隣国は?日本と韓国・イギリスとフランス・印パ

「らいおんハート」の意味とは?イギリスの王様と英仏の関係

韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次 ②

「日本」カテゴリー目次 ⑤ 韓国や中国から知る日本

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

 

4 件のコメント

  • もともと半島南部は日本人の系統が住んでいたので不思議ではありません。

    「新撰姓氏録」によると神武天皇の兄である稲氷命が新羅の祖(朴氏の始祖で初代王の赫居世居西干)
    「三国史記」によると新羅の建国時に諸王に仕えた重臣である瓠公は日本人(倭人)
    「三国遺事」によると「朴」は辰韓の語で瓠を意味する(朴氏の始祖である赫居世居西干と瓠公は同族とする説がある)
    「古事記」「日本書紀」によると赫居世居西干の次男アメノヒボコが日本の但馬国に移住
    「三国史記」によると昔氏の始祖で第4代王の脱解尼師今は日本人(多婆那国の出身。多婆那国の場所は日本の但馬あたりという見方がある)
    「三国史記」によると新羅三王家の一つ金氏の始祖である金閼智を発掘したのは瓠公(朴氏昔氏瓠公も全て日本人なので金氏も…)

  • 詳細な情報をありがとうございます!

    「新撰姓氏録」なんて初めて知りました。

    古代の朝鮮半島にいた日本人に興味があるので、ぜひ、うかがいたいことがあります。

    ・「三国史記」によると新羅の建国時に諸王に仕えた重臣である瓠公は日本人(倭人)

    瓠公は倭人ではなくて「倭種」だったと記憶してますが、「倭人」でいいのですか?

    ・朴氏昔氏瓠公も全て日本人なので

    「朴氏のルーツは日本人かも」ということで、前に「朴槿恵大統領の先祖は日本人だった?」という記事を書いたことがあります。
    朴氏が日本人だというのは、断定しても大丈夫なんでしょうか?
    三国史記は記述があいまいで難しいと聞いたのですが。

    ご存知でしたら、教えてください。

  • > 瓠公は倭人ではなくて「倭種」だったと記憶してますが、「倭人」でいいのですか?

    狭義では「倭人=倭国人」ですからね。
    出身国が判らない場合は倭種と言ったほうが良いのかも知れませんが、
    半島人から見れば、倭国人も多婆那国人も大差ないので倭人で問題ないのでしょう。

    > 朴氏が日本人だというのは、断定しても大丈夫なんでしょうか?

    状況証拠的に考えて朴氏だけが日本人では無いと言うのは無理があると思います。
    なお現在の韓国人は、北方系の民族がかなり流入しているので新羅人の血はかなり薄まってます。
    また韓国は5大姓(金、李、朴、崔、鄭)だけで人口の54%になります。
    もともとは王族や両班たちの由緒ある姓だったのですが、
    1909年の民籍法の施行により誰もが姓を持てるようになり、
    これらの姓に人気が集中してしまったのです。
    だから5大姓には賎民出身が多いのです。

    なので朴と名乗っていても先祖が日本人とは断定できません。

    > この当時、朝鮮半島には、百済・高句麗・新羅の3つの国があった。

    高句麗は朝鮮半島の歴史と言えますが、
    民族的には満州族の歴史になるので
    満州族を吸収合併した中国は、
    高句麗、渤海は中国の地方政権に過ぎないと主張しています。

  • コメントありがとうございます。

    そうですね。確かに、視点をどこに置くかで見方が決まってきます。
    韓国から見たら、「倭種」も「倭人」も大差はありませんね。

    姓についても、実際の先祖の姓と一致しているかはあやしいですね。

    友人の韓国人も「朝鮮戦争で族譜がなくなったから、戦後新しい族譜を
    つくったときに、由緒ある一族に変えてしまった人も多い」と話していました。
    今の朴氏も「朝鮮戦争後に生まれた朴氏」も多いのでしょうね。

    高句麗については、ボクも「朝鮮の歴史」と習いました。
    でも、ボクが会った多くの中国人は「中国の地方史」と、とらえていて高句麗人を「中国の少数民族」
    と認識していました。
    韓国で問題になっている「東北工程」ですけど。
    まあ、どっちが正しいかはボクには分かりませんけどね。

    それにしても、すばらしい知識で感服しました。
    いろいろ考える良いきっかけにもなりました。
    また、何かお気がつきのことがありましたら、コメントください。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。