日本人と韓国人の名字の違い。なぜ漢字1文字?女性で金玉男?

 

はじめの一言

「午後のひととき、公使館のまわりをぶらぶらと歩いていると、不意に、水平線からなだらかに優美な曲線をえがき、白雪をいただく円錐形の山頂がくっきりと天空にそびえ立つ雄大な富士山の全容が、私の目に映った。私は名状しがたい強烈な興
奮に駆られた。(ミットフォード 明治時代)」
「日本絶賛語録 小学館」

 

IMG_2296

 

今回の内容

・日中韓の名字について
・日本人と韓国人とは、名字の数がちがう

 

・日中韓の名字について

今回は、「韓国人の名前」についての話。
日本人と韓国人の名字を比べたとき、「韓国人の名字は漢字1字」ということに気づくと思う。

漢字2字で構成される名字が多い日本に対し、韓国の姓は大多数が漢字1字。

(KONEST 韓国の姓名

もちろん、これがすべてということはない。
漢字2文字の名字をもつ人もいる。

 

「漢字1字の名字」というのは中国人も同じ。
そもそも、 今の韓国で漢字1字の名字が多いというのは、新羅人(韓国人)が中国式の名字を採用したから。

現在、使われている中国式の姓が一般化してきたのは、中国から漢字が導入され、定着してきた七世紀以後と考えられている。

実際に、朝鮮半島で姓が生まれたのは、統一新羅時代になったからである。統一新羅の王族、貴族が中国・唐の文化を取り入れるなかで、中国式に姓をもつようになっていったのだ

(人名の世界地図 文春新書)

*中国人もすべてが漢字1字の名字というわけではない。
三国志の「諸葛亮」とか「司馬懿」といった人もいる。

 

ちなみに、日本で名字がない人は?
天皇ですね。

 

 

・日本人と韓国人とは、名字の数がちがう

韓国人の名字というと、金(キム)・朴(朴)・李(イ)といったところが有名。
韓国では、名字がいくつぐらいあるのか?

韓国統計庁の人口住宅総調査によると、2000年現在、韓国の名字は286種。
日本の名字が約30万種であることに比べると随分少なく、中でも「5大姓」と言われる「金(キム)」「李(イ)」「朴(パク)」「崔(チェ)」「鄭(チョン)」の5つの名字が全人口の過半数を占めているのが特徴です。

(KONEST)」

日本の名字が約30万種類で、韓国の名字は286種類。
日本に比べたら韓国の名字は本当に少ない。
韓国の人口は日本の半分ぐらいだけど、それを考えてもこれは少ない。

 

big_169650

「KONESTから」

 

そのため、韓国では人の呼び方も日本とはちがってくる。

韓国では同じ名字であることが珍しくないため、人を呼ぶときには日本のように名字では呼ばず、下の名前やフルネームで呼びかけます。

(KONEST)

ちなみに韓国人の女性だったら、知り合いになった同姓の年上には「おねえちゃん」、異性の年上には「お兄ちゃん」と呼ぶことも多い。

日本人だと、そう呼ばれたら違和感がある。
「慣れなれしいな」と思う人もいるだろう。

そんな日本人と韓国人の感覚のちがいで、友人の韓国人の女の子が傷ついたことがある。
知り合いになった年上の日本人に、韓国の感覚で「お兄ちゃん」と呼んだところ、「そういう呼び方はしないでほしい」とストレートに言われて、ずい分落ち込んでしまった。

他人がいるところで、そう言われたこともショックだったという。
「ここは日本だから」と、韓国人のお姉ちゃんがなぐさめてくれたらしいけど。

 

 

名字の少ない韓国では、どうしても同姓同名が多くなる。
これは日本でもある。

ボクが中学生のときには、「ススキタカユキ」が2人いた。
一方の「スズキ」が色黒だったから、担任の先生は「黒いほうのスズキ」と呼んでいる。
もう一人はただのスズキ。

 

韓国人の友だちから聞いた話では、その子が中学生のときには、「AとB」で区別していたらしい。
たとえば、中学校のクラスに「李明博(イ・ミョンバク)」が2人いたとする。
担任は「イ・ミョンバクA」と「イ・ミョンバクB」と「AとB」で区別をつけて呼んでいたという。

どっちがどのようにAになったかのか、理由を知りたい。

 

ミャンマー人には名字がない。
ほっぺたの化粧(焼け止め)は、「タナカ」という。
日本語ではなくて、ミャンマー語で「タナカ」。

 

・韓国のヘンな名前

大した話ではないけど、韓国人の名前で日本人が聞くとヘンな意味になるものがある。

俳優の「イ・ソジン」は、うがい薬の「イソジン」と同じ。
これ初めて聞いたときは驚いた。

他にも、女優で「コ・アラ」や「パク・シネ」という人がいる。
サッカー選手では、「キム・ドキュン」という人も。

そういえば、ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」の主題歌は、「オ・ナラ」 だった。

 

でも一番違和感があったのが、「金玉男(キム・オンナム)」という韓国人の女性。
しかもこの人は政治家。

ただ、これにはそれなりの理由がある。
韓国の親は「男の子を産んでほしい」という気持ちが強く、女の子にも「男」の字を入れることがあったという。

昔は、男の子を望んでいたのに女の子が生まれた場合、次に男の子の出生を願って、その女の子に希男(男の子を望む)といったように、名前に「男」の字を入れた

「人名の世界地図 文春新書」

日本の女の子で「金玉男」と名前を付けられたら、思春期でグれるだろう。

 

おまけ

名字について、中国メディアでこんな記事があった。
興味がある人はのぞいてみてください。

どうして韓国やベトナムは中国式の名字なのに、日本だけは日本式の名字なの?

中国メディア・今日頭条は15日、「どうして韓国やベトナムは中国の姓氏文化を継承しているのに、日本は中国式の姓を名乗らないのか」とする文章を掲載した。

 

こちらの記事もいかがですか?

日本 「目次」

韓国 「目次」

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。