ペリーとマッカーサー。日本を開国させた2人のアメリカ人。

 

ベトナムや韓国など、中国周辺にある「漢字文化圏」の国は漢字を廃止してしまった。

でも日本はちがう。
日本人はいまでも漢字を使い続けている。

前回は、「なんで日本だけは漢字を捨てなかったのか?」という中国人の疑問について書いた。

その記事では、アメリカ人のペリーとマッカーサーが登場している。
今回は日本に大きな影響をあたえたこの2人について書こうと思う。

 

 

江戸時代の日本人を見て、ある外国人がこんなことを言っている。

「文明世界の技能を手に入れたならば、日本は将来きっと機械工業の成功を目指す強力な競争国となろう」

「彼らは学問及び一般の知識の点においても、決してそのしとやかな態度や優しい気質に劣っていなかった。実に彼らは育ちがよいばかりではなく、教育も悪くなく、日本語は言うに及ばず、オランダ語、シナ語にも上達し、科学のあらましにも世界地理にも通じていた」

「日本人の並外れた好奇心には驚かされる。わが国の独創的な発明品の数々を展示すると、彼らはあの手この手で飽くなき好奇心を満足させようとした」

「日本賛辞の至言33撰 (ごま書房)」から。

 

こんな言葉を残したのがアメリカ人のペリー。
幕末にやって来て日本を開国させたペリーは、こんなふうに日本人を称賛していた。
逆に考えたら、「ペリーは日本人をかなり低く考えていた」ということでもある。

それはいいとして、ペリーがしたことを簡単におさえておこう。

・1853年に、神奈川の浦賀沖にやって来た。
・彼はサスケハナ号という蒸気軍艦に乗っていた。
・日本側にアメリカの国書をわたして、一度アメリカに戻る。
・翌年1854年に、ふたたび日本にやって来て日米和親条約を結んだ。
日本は”鎖国”をやめて、下田と箱館の港を開く。

 

この「サスケハナ」という船名は、「佐助」と「花」という日本語からできた言葉であることはあまり知られていない。
というのはウソです。すいません。

これは日本語とまったく関係がない。

「サスケハナ」はアメリカ原住民の言葉で、ウィキペディアによると「広く深い川」という意味になる。
アメリカには「サスケハナ川」という川もある。

 

1854年ごろ、日本の版画に描かれたペリー(ウィキペディア)

下が実際のペリー。

 

ペリー来航の92年後、日本にこの男があらわれた。

 

アメリカの軍人で連合国軍最高司令官だったダグラス・マッカーサー。

ペリーは海から来たけれど、マッカーサーは「バターン号」という飛行機に乗って空からやって来た。

この「バターン」という名称は、太平洋戦争中のフィリピンでおこなわれたバターン半島での戦いにちなむらしい。
多くのアメリカ人捕虜が亡くなった「バターン死の行進」をアメリカ人は深く恨みに思っていた。

 

 

このときの日本は完全にマッカーサーの支配下にあった。

ウィキペディアにはこうある。

天皇と日本政府の統治権はマッカーサーに隷属しており、その権力を思う通りに行使できる。我々と日本の関係は条件付きのものではなく、無条件降伏に基づいている。マッカーサーの権力は最高であり、日本側に何の疑念も抱かせてはならぬ。

マッカーサーを補佐していたウィリアム・ジョセフ・シーボルドは「物凄い権力だった。アメリカ史上、一人の手にこれほど巨大で絶対的な権力が握られた例はなかった。」と評した。

 

このときのアメリカが日本を変えた象徴に、日本国憲法がある。
日本は現在まで、この憲法を一度も変えずに守り続けている。

マッカーサーは日本を「戦争させない国」にするため、この国を徹底的に変えた。
くわしいことは政策を見てほしい。

 

でも、そんなアメリカに逆らっても、日本人は漢字をなくさなかった。
日本人はどれだけ漢字が好きなのか?

くわしいことはこの記事をどうぞ。

日本人と漢字②アメリカが日本の漢字を廃止しなかった理由。

 

 

日本は戦艦ミズーリ号の上で降伏文書に調印した。
頭を下げていているのが重光葵(しげみつ まもる)外務大臣。

 

このとき戦艦ミズーリには、こんな星条旗(アメリカ国旗)がかかげられていた。

 

日本を開国させるためにペリーがやって来たとき、ペリーの船にはこの旗がかかげられていた。

マッカーサーはこの日ために、アメリカからこの星条旗を取り寄せていたのだ。
バターン号でやって来て、降伏する日本人にこの旗を見せつけた。

マッカーサーが日本と日本人をどう見ていたのかが伝わってくる。

 

 

このときの演説からすると、マッカーサーはペリーのように、日本を開国させてやろうと本気で考えていたのだろう。

上の画像と下の文は「NHK 映像の世紀 ジャパン」から。

私たちは今、92年前の同胞ペリー提督と同じ立場にいる。
ペリー提督の目的は、日本に英知と進歩の時代をもたらし、世界の友情と貿易と通商に向かって孤立のベールを取り払うことであった。

しかし恐ろしいことに、日本は開国によって、西洋の科学から得た知識を利用し、迷信と武力に訴えることによって、言論の自由、さらには思想の自由までも否定したのである。

私の目的は、ふたたび日本民族のエネルギーと才能を建設的な面に向けることだ。
私たちの指導によって、この国は現在のみじめな状況から立ち上がり、尊厳に満ちた地位を獲得することができる。

 

マッカーサーは日本人を「12歳の子ども」と言った。
英語の「ティーンエイジャー(Teenager)」は日本語の「10代」とはちがって、13歳から上をさす。

日本人はまだティーンエージャーにもなっていない。
マッカーサーは日本人を徹底的に教育して、変えようと考えていたらしい。

 

現在の神奈川の様子

 

こちらもどうぞ。

アメリカ 「目次」 ①

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。