元寇での勝利は「手抜き工事」説。もし、日本が負けていたら?

 

はじめにクイズです。

鎌倉時代に、世界最大の帝国が日本におそいかかって来た出来事はなに?

 

 

答えは「元寇」。

高校の日本史ではこう習う。

蒙古来襲

文永の役と弘安の役との2度にわたるモンゴル(元、蒙古)軍の日本来襲を指す。のちに元寇と呼ばれたが、寇とは暴もしくは賊の意。

「日本史用語集 (山川出版)」

 

このとき日本がモンゴル軍を撃退できた理由として、よく「暴風雨(台風)が発生したから」と言われる。

文永の役と弘安の役の2回とも、モンゴル軍は暴風雨におそわれている。
日本人はこれを「神風」と呼んだ。

でも、ある中国メディアは暴風雨とはちがう説を紹介している。

 

カミカゼはカクテルの名前にもなっている。

発祥地はアメリカであると言われ、その味の切れの鋭さから太平洋戦争における日本海軍の神風特攻隊を彷彿とさせたからであると言われている。

「ウィキペディア」

 

「元寇で日本がモンゴル軍に勝ったのは『神風』ではなくて、高麗人の『手抜き工事』が理由だった」

そんなことを中国メディアの「今日頭条」が記事で伝えている。

高麗とはこの当時の朝鮮半島にあった王朝「高麗」のこと。

韓国は英語で「KOREA(コリア)」と呼ばれている。
これはこの「高麗」にちなんでいる。
韓国の歴史教科書にはこう書いてある。

わが国が「コリア」という名前で西方世界にはじめて知られたのも、高麗王朝のこうのような開放的な政策から始まった。

「韓国の中学生歴史教科書 (明石書店)」

 

モンゴル軍はこの高麗を征服してから、日本侵略に乗り出す。
だから元寇のモンゴル軍のなかに、高麗兵もふくまれていた。

 

アメリカの考古学者が元寇ときの船を分析したところ、使い古した材料が使われていたり、ひどい手抜き工事がおこなわれていたりしたことがわかった。

暴風雨がどうのこうの言う前に、何もないときでも沈没してしまいそうなポンコツ船だったらしい。

しかも、この手抜き工事は意図的におこなわれたという。
征服された高麗人はモンゴル人を苦しめるために、わざとこんな船をつくった。

サーチナの記事(2018-03-06)にそのことが書いてある。

そもそも高麗人がモンゴル人に対する報復のために手抜きの船を作ったことが、2度にわたり全軍壊滅した原因になったのだ」と伝えた。

元寇で日本が勝利したのは、神風ではなく高麗人の「手抜き工事」が理由だった

 

でも、この「高麗人による手抜き工事説」はけっこう前から言われている。

だからネットの反応でも、「知ってた」というコメントがチラホラあった。

・ずっと前にディスカバリーチャンネルでやってたな
・自分が乗る船に、手抜き工事?
技術と熱意と時間が無かっただけだろ。
・日本の本土に上陸駐屯できなかった時点で負け
・まじめに作ってあの程度なんだよ
・でも当時台風に耐えられる船などねえだろうw
・ずっと昔からセウォル号してたんだな
・元が負けるように細工して助けてくれた
いにしえの朝鮮人に感謝

モンゴル軍を撃退できたから、日本は助かった。
でも鎌倉幕府にとっては、元寇は滅亡のきっかけになってしまった。

 

 

先ほど、こんなコメントがあった。

・元が負けるように細工して助けてくれた
いにしえの朝鮮人に感謝

では、もしこのとき日本が元軍(モンゴル軍)に負けていたら、日本はどうなっていたか?

日本は元の一部になっていただろう。
そして日本の貴重な文物はモンゴルにとられ、天皇は元の王女と結婚しなければならなかった。

先ほどとは別の韓国の歴史教科書によると、元に支配された高麗がまさにそんな状態になっている。

高麗の領土を奪い、高麗の政治制度を勝手に改め、毎年数多くの財物を奪っていった。
王室も例外ではなかった。
高麗王は必ず元の王女と結婚しなければならなかった。

王の名前も元に忠誠をちかうという意味で忠宣王、忠烈王、忠穆王など『忠』の字を一番前に付けた。
国の姿もみじめで、民衆の生活は次第に苦しくなっていった。

「躍動する韓国の歴史 (明石書店)」

 

この時代の高麗の国王は「元に忠誠をちかう」という意味で、必ずを「忠」を名前の一番前につけないといけなかった。

元寇で日本が負けていれば、天皇もこんな屈辱的な目にあっていたはず。

神風と高麗人の手抜き工事には感謝しなければ。
それと、日本を守ってたたかった鎌倉の御家人たちにも。
このことは別の機会に、1つの記事にして書こうと思う。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

韓国 「目次」

日本 「目次」

外国人「独とか蒙古って漢字は差別だろ?」、日本人「えっ?」

中国人の歴史観「韓国は中国の一部だった」←韓国人が激怒・大反発

日本に強く中国に弱い韓国①反日無罪と東北工程(歴史認識の違い)

 

2 件のコメント

  • コラムの中にもありましたが自分の乗る船に手抜きはしないでしょう。単に技術がなかったか、元の求める期日に間に合わせられなかったかでしょうね。そういえば教科書で元寇の際におきたモンゴル人と朝鮮人による対馬や壱岐での虐殺を習った記憶がないですね。今の子供は習っているのかな?

  • これは実際にところはわかりません。
    21世紀の人間が想像するしかないですね。
    ただ中国側としては日本に負けたことが屈辱的だったから、「高麗人のせいだ」と思いたいのかもしれません。
    これも想像です。
    >今の子供は習っているのかな?
    はっきり分かりませんが、たぶん習わないでしょう。
    「日本人がヒドイことをされた」ということは、あまり学校では言わないでしょうね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。