「日本好き」の米国人は過去最高!慰安婦問題は関係なかった!?

 

去年、大阪市がサンフランシスコ市との姉妹都市関係の解消を決めた。

これは大きなニュースになったから、知っている人も多いはず。

この原因はサンフランシスコ市側にある。

大阪市長が強く反対していたにもかかわらず、サンフランシスコ市は慰安婦像と碑文を公共物として受け入れてしまう。
これで両市の友好関係は壊れた。

 

慰安婦像よりも碑文の内容がひどい。
この碑文に書かれていることは事実ではなく、日本を不当に非難するものだった。

読売新聞が社説でこう批判している。

「性的に奴隷化された数十万の女性と少女の苦しみを証言するもの」「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」。碑にはこうした文言が刻まれている。

史実を歪曲わいきょくした内容だと言うほかない。旧日本軍が慰安婦を強制連行したかのような誤った印象を与える。

「米国の慰安婦像 姉妹都市解消はやむを得ない」

 

慰安婦像と碑文の言葉に抗議して、大阪市がサンフランシスコ市との姉妹都市関係を解消する。

これに反対する人はたくさんいた。

アメリカ在住のジャーナリスト冷泉彰彦氏もその一人。

冷泉氏はニューズウィーク誌にそんな主張の記事(2017年11月16日)をよせている。

サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は慎重に

 

この記事では、冷泉氏が反対する理由をいくつかあげている。

たとえば、日本側が反発した「性奴隷」という言葉について氏はこう書いている。
今のアメリカ社会で「文言を削除させるのは大変に難しいと言わざるを得ません」。

さらに日本が「慰安婦=性奴隷」を否定すると、アメリカでの日本のイメージ悪化は確実だという。

「悪いことには変わりはない」として一蹴されるだけでなく、イメージダウンは避けられないでしょう。

 

日本が慰安婦問題について抗議すると、アメリカ人はそれを嫌って日本は悪く思われてしまう。

氏は別のところでも、このことを強調している。

大阪市の行動が大きく報道されるようになって、仮に大阪が強硬姿勢に出た場合に、それが全国的なものだとされてしまい、現在の良好な日米関係全体に影響が出るようになっては大変です。

 

さらには、国際社会で悪い印象をもたれてしまい、万博誘致もむずかしくなるという。

大阪ローカルの問題としては2025年の万博招致の問題があります。ここで大阪という都市が国際社会に悪印象を与えてしまうと、招致が難しくなる

これはどこまで正しいのだろう?

 

「huffingtonpost」では、シカゴ大学教授の山口一男氏が大阪市長をこう批判していた。

ナショナリズムの心理を悪用して、進んで世界から孤立するような意識を植えつけるような政治は本当に辞めて欲しいものだ。

米国での日本のイメージを悪化させるかについて大阪市は考えたことがあるのだろうか。

大阪市の決定の反国際性―サンフランシスコ市との姉妹都市関係解消の意味すること

これもどこまで正しいのだろう?
このことで、日本のイメージはどれだけ悪化するのだろうか?

 

 

大阪とサンフランシスコのできごとや日本が慰安婦問題で抗議したことで、日本に対するイメージはどれだけ悪くなるのだろうか?
そもそもこれは、アメリカ人にとってそれほど大きな問題だろうか?

そんな疑問をもったから、アメリカ人の友人に聞いてみた。

 

そのアメリカ人はニューヨークの大学を卒業した20代の女性。
彼女は、「それはほとんど関係ないし、気にするほどでもない」と言う。

「たしかにそれは、日本にとっていいイメージはない。でも、大したことではない。サンフランシスコと大阪市で起きたことを知らない人は、アメリカにたくさんいる。慰安婦問題もアメリカの問題ではない。今のアメリカ大統領はトランプよ?あいつがどれだけ、差別的なことを言ったりやったりしているかわかる?アメリカ人にとって重要な問題は、トランプが大統領をしているってことなのよ」

話を聞いていて、ボクも冷泉氏よりこの意見のほうが正しいと思った。

 

 

それと、これは慰安婦問題で日本が抗議すると、反対派がよく使う手でもある。

慰安婦問題について「強制連行」と「性奴隷」は、今では明確に否定されている。
それが事実であったとしめす根拠が何も見つかっていないから。

このことは2016年に日本が国連で言っている。

産経新聞の記事(2016.2.17)から抜き出す。

杉山外務審議官の発言要旨 慰安婦強制連行に関する国連女子差別撤廃委

軍や官憲によるいわゆる強制連行を確認できるものはなかった。

「性奴隷」といった表現は事実に反する。

 

でも、根拠がなくても、強制連行や性奴隷説を主張する人たちがいる。

そうした人たちが、抗議の声を黙らせるために「そんなことを言うと日本の印象が悪くなる」と言うことがある。
自分は根拠を出すことができない。
だから、相手に「強制連行や性奴隷はなかった。その根拠はあるのか?」と言われると困ってしまう。

それでそんな声を上げさせないために、「それを言うと相手に嫌われる。相手との関係が悪くなる」と言って、相手の口をふさごうとする。

 

ちなみに先ほどの冷泉氏は、歴史認識の問題があれば「歴史研究の専門家が粛々と行えば良いことです」「『政治化する』ことを避けて静かに行うべきです」と書いていた。

でも、そんなことを言っているうちに、アメリカ各地に慰安婦像がたてられてしまった。

 

 

正しいのは冷泉氏か?
アメリカ人の友人か?

今日の産経新聞の記事(2018.3.8)を見る限りでは、アメリカ人の友人だ。

米ギャラップ社は6日、米国人の日本人に対する好感度が過去最高の87%に達したとする世論調査結果を発表した。

米国人の日本「好き」過去最高87%、中国は53% 米世論調査

 

「日本が好きなアメリカ人は過去最高」という良いニュースなんだけど、ネットの反応はイマイチ。

・そりゃ好きだろう
無条件でなついてくるし良いカモだしな
・さすがにうそくせーわ
・日本ホルホルみっともない
・知らないうちにこんな人気になってたのねw
ホルホル!
・アメリカ人はサムスンや現代を日本のメーカーだと思ってるからな
・全ては中邑真輔のおかげだな
・地球儀で日本はどこ?ならアメリカは正解率10%ぐらいかなw

 

いま大阪は、2025年の万博誘致のためにがんばっている。
これで大阪が誘致に成功したら、「国際社会に悪印象を」とか「世界から孤立する」とか言っていた人たちは何と言うのだろう?

慰安婦問題について日本が抗議する。
そのことによって日本の印象がどれだけ悪くなるのかを、具体的に指摘することはむずかしい。

証明しなくていいのだから、言うだけなら簡単にできる。

サンフランシスコに抗議したことで、日本のイメージ悪化は避けられなかったらしい。
だけど、日本好きのアメリカ人は過去最高を記録した。
日本は、どれだけアメリカ人に好かれているのか。

 

 

ただ、なかにはこんなコメントもあった。

・もうアメリカ様や白人様がどう思ってくださるかだけが生きる指標だな、日本人は。

表現は無視するとして、日本人が外国人の目をすごく気にすることはたしかだ。
それは良い意味でも悪い意味でも。
だから、「国際社会に悪印象を与えてしまう」とか「イメージダウンは避けられないでしょう」という言葉に弱い。

だからこそ、世界の目を気にしすぎてはいけない。

海外の慰安婦像についてはいえば、日本が抗議しても、アメリカ人の「日本が好き」は過去最高だった。
これは事実だ。
日本は「国際社会からどう見られるか?」を気にするよりも、自分たちの意見をもっとハッキリ主張したほうがいい。

 

 

こちらもどうぞ。

サンフランシスコの慰安婦像。大阪市は姉妹都市は解消するべき?

大阪、サンフランシスコと姉妹都市解消。支持する3つの理由。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。