中国三大悪女「西太后」というヤバい女と関羽の関係


 

今回の内容

・国家の危機に西太后
・「中国三大悪女」
・麻雀と墓参り

 

・国家の危機に西太后

「中国の不幸は、国が大変なときに、西太后があらわれてしまったことです」

大連に行ったとき、中国人のガイドさんがそう話していた。
19世紀末の中国は、かなりヤバかった。
アヘン戦争に負けて、第二次アヘン戦争にも負けた。
さらに、日清戦争で日本にも負けてしまった。

中国の領土がどんどん外国に奪われている。

そんな国家存亡の危機に、権力をにぎって中国を動かしていたのが、西太后(せいたいこう)という女性だった。

 

The_Ci-Xi_Imperial_Dowager_Empress_(5)

西太后(ウィキペディア)

 

ガイドはいう。

「日清戦争で中国が負けたのは、西太后のせいです!本当は、北洋艦隊に当てるはずだった予算を、西太后が自分のために使ってしまったんです」

「北洋艦隊」というのは、清国ご自慢の艦隊。
西太后は、「頤和園(いわえん)」という大庭園の建設と自分の「60歳の誕生日パーティー」のために、とんでもない額の国の予算を使いこんでしまった。
本当は、北洋艦隊を増強するためにつかうお金だったのに。

 

そのことは、ウィキペディアにもある。

 

清朝の敗北は北洋艦隊の予算不足により、艦船は整備されたものの操練が遅れていたことが主要因とされている。

北洋艦隊の予算の不足については、1885年から始まった頤和園の再建と拡張に伴う予算が不足気味となったため、予算を内務府へ数百万両ほど流用した事や西太后の大寿(60歳)を祝う祭典で多額の出費をした事が影響している。(ウィキペディア)

 

国の予算を自分の好きなように使ってしまう。
これが、前にかいた西太后の国の私物化というもの。

 

IMGP8314

北京にある王宮「紫禁城」
この獅子も西太后を見たはず。

 

・「中国三大悪女」

さらに、西太后は、「中国三大悪女」の一人としても有名。
他には、漢の呂 雉(りょ ち)と唐の武則天(則天武后)がいる。
でも、この中で、残酷さでいうなら漢の呂雉が一歩抜けているかな。

ウィキペディアでは、文だけも「閲覧注意」というレベル。
食事中はやめた方がいいよ。

 

清朝の末期、「中国を日本のような憲法をもった国にしよう!」と「変法(へんぽう)」という運動が起きたけど、西太后はこれをつぶして多くの人を処刑してしまった。

 

西太后は宮中に乗り込み無血クーデターにより政権を掌握し、変法派の主要メンバーを処刑、さらに光緒帝を拘束して中南海の瀛台(エイダイ)に幽閉し、三度目の垂簾聴政を開始した(戊戌の政変)。
この結果、康有為や梁啓超といったリーダー格は日本へ亡命したが、康有為の弟や譚嗣同を含む6人が処刑された。
(ウィキペディア)

 

 

「西太后の残酷話」で必ずといっていいほど出てくるのが、「珍妃(ちんき)」という女性。

ca. 1860s --- Cixi, both as Empress and as Empress Dowager effectively ruled China from 1861 until her death in 1908. The Empire collapsed three years later. --- Image by © Bettmann/CORBIS

珍妃(ウィキペディア)

 

この珍妃という女性は、西太后の息子である「光緒帝(こうしょてい)」が一番愛した妃だった。
けど、西太后は、義和団事件がおきて北京から脱げだすとき、この息子の妻を井戸に投げすてて殺してしまう。

 

ひきずり出された珍妃に、西太后はいった。

「洋鬼子(西洋の鬼ども)のはずかしめを受けたら困るので、お前もつれていってやる」

すると、地べたに伏していた珍妃は、

「皇帝陛下は北京にとどまり、洋鬼子との和議にあたられるべきでございましょう」

といったのである。西太后は激怒した。

「井戸にぶちこんでしまえ!」

光緒帝が泣いて西太后のひざにとりすがり救命を乞うたがだめだった。李蓮英ら太監たちがかるがると珍妃をだきあげ、寧寿宮わきの井戸にほうりこんだ。地に伏して泣く皇帝を輿におしこめると、一行は出発した。

珍妃の井戸

 

IMGP8218

私は、そんな女になりませんわっ。
列車で会った中国の女の子。

 

・麻雀と関羽の墓参り

北京から西太后が脱出したとき、宮廷の中にいた多くの人も逃げだしている。
そんな人たちが、それまで宮廷でやっていた遊びを一般の中国人に伝えたという話がある。
それが、麻雀(マージャン)。

 

一説によれば、義和団事件で西太后をはじめ王室の首脳が西安に逃げ、宮女たちが四散したとき、このゲームが民間にひろがったという。(日本的 中国的 陳舜臣)

 

北京を抜け出した西太后は、西安に向かう途中、洛陽に立ち寄っている。
関羽のお墓参りをしたかったらしい。

洛陽のガイドの話では、西太后は、ここに「逃げてきた」とは言わずに、「北京から狩りをしにきた」と地元の人間にいっていたという。

「『逃げた』といったら、西太后のメンツがつぶれてしまいますから。中国人にとって、メンツは本当に大事なんです」

「中国人にとって、メンツは命と同じぐらい大事」
それは他のガイドからもきいたことがある。

 

IMGP1148

この字は西太后が書いた文字だという。

 

なんで西太后は、関羽のお墓に来たのか?

「関羽は中国では、特別な人ですから。中国をもう一度、強い国にしてほしいと願ったか、強くて信頼できる人間が周りにほしかったんでしょうね」

とガイドはいう。
ガイドの話では、文化大革命のときでも、この関羽の墓はだれも破壊しなかったらしい。関羽は、中国人にとって本当に特別な存在のようだ。

 

ただ、ボクが話を聞いた大連のガイドは、西太后の残酷さは気にしていなかった。
「中国の歴史では、もっとひどいことがたくさんありましたから」
確かに・・・。

それよりも、国のお金を自分のためにつかってしまったことを問題視していた。
「国の私物化」
これが、許せなかったらしい。

ただ、これは、現在の中国でも・・・、

おや、誰か来たようだ。

 

ランキングに参加しています。

「読むたび、新しい発見」となるようなブログをめざしています!
今回の記事で、新しい知識などがあったら、ぜひ、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

新幹線の始まり「あじあ号」、明治(満州鉄道)から平成(JR)へ

明治、日本人はカレーにカエルを入れていた。日本と世界の食文化。

7月の投稿です ② 明治の日本をしってみる?

明治の文明開化についていけません!ポストや電線を見た日本人の反応は?

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す