致死率100%の狂犬病①日本と世界の現状・アジアは要注意!

 

世界のほとんどの国にはあるけれど、日本にはない病気。

それが狂犬病。

この病気の恐ろしいところは、致死率がほぼ100%というところ。
狂犬病は「かかったら死ぬ」と考えていい。

逆に、狂犬病になったけど死ななかったら、世界的なニュースになる。
このAFPの記事(2018年1月11日)のように。

14歳の少年が狂犬病から生還したと発表した。発病した人の生存は極めてまれで、ブラジルでは2例目。

14歳少年、狂犬病から生還=世界で極めてまれ-ブラジル

 

「狂犬病になった」ということは、デスノートに名前を書かれることと同じ。
死は確約された未来になる。

厳密には違うけれど、「狂犬病の致死率は100%」と考えていいだろう。
それぐらい危険な病気だと思ったほうがいい。

ということで今回と次回で、このコワい病気について書いていこうと思う。

海外に行く人はもちろん、そうでない人も狂犬病のことは知っておいて損はないはず。

 

 

先ほど奇跡の生還をはたしたブラジル人の少年は、犬ではなくて、コウモリにかまれて狂犬病になった。
だから、「狂犬病=犬だけ」ということではない。

厚生労働省のホームページには注意する動物がのっている。

アジア、アフリカ;犬、ネコ
アメリカ、ヨーロッパ;キツネ、アライグマ、スカンク、コウモリ、ネコ、犬
中南米;犬、コウモリ、ネコ、マングース

 

 

狂犬病がないのは、日本、北欧、オーストラリアなどの一部の国だけ。
狂犬病は世界中にある病気で、「発症したら確実に死ぬ」ということを考えても、海外旅行では犬や猫にかまれないように十分注意する必要がある。

世界では、1年で約5万5千人が狂犬病で亡くなっていて、そのうち3万人以上がアジア地域での死亡者と言われている。

だからアジアへ行く時はとくに要注意。
とくにタイ。

トリップアドバイザーが発表した「アジアのベストデスティネーション(観光地)トップ25」では、タイの観光地がたくさん選ばれている。
タイに行く日本人は本当に多い。

1、バリ島(インドネシア)
2、プーケット(タイ)
3、ハノイ( ベトナム)
4、シェム リアップ(カンボジア)
5、東京
6、カトマンズ(ネパール )
7、香港
8、ニューデリー(インド)
9、ゴア(インド)
10、サムイ島(タイ)
11、ホイアン(ベトナム)
12、バンコク(タイ)
13、チェンマイ(タイ)
14、ロンボク島(インドネシア)
15、クラビ(タイ)

21、京都
22、台北
23、ソウル

 

 

「海外では、犬にかまれはいけない」ということは誰もが分かっているけれど、かまれてしまう人はいる。

海外旅行ブログを見ていると、時どき「ヤバイ!犬にかまれてしまった!」という記事を見る。

上の旅行者はインドで犬に脚をかまれた。
あっ旅」から。

 

 

日本で狂犬病は過去の病気だ。
厚生労働省のホームページにはこう書いてある。

日本国内では、人は昭和31年(1956年)を最後に発生がありません。また、動物では昭和32年(1957年)の猫での発生を最後に発生がありません。現在、日本は狂犬病の発生のない国です。

狂犬病に関するQ&Aについて

でも、海外で犬にかまれて、帰国後に狂犬病を発症して亡くなった例はある。

 

 

日本人に人気のタイは、狂犬病が多いことで知られている。
タイに狂犬病が多い理由には、仏教に関係することもある。
次回、そのことを書いていこうと思う。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。