総領事に”反日的”な人?韓国は、日本との約束を守る気ないだろ。

 

いきなりですけど、クイズです。

「大使」と「領事」のちがいとは、何でしょう?

 

 

大使と領事の大きなちがいは、外交活動の有無。

大使は外交活動をおこなうけれど、領事はそれをしない。

日本にいる外国の大使は、政治や経済などの分野で日本政府と外交活動をおこなう。
でも、領事にはその権限がない。

その領事のトップを総領事という。

総領事

外交使節とは異なり,駐在国の政府との交渉を目的とはしないが,通商,経済,文化面での交流促進や,派遣国の国民の利益保護を行なう政府の職員のうち,その長を指す。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

 

自国民の保護も領事の重要な仕事。
日本人が海外でトラブルにあったら、大使館でも領事館でも相談にのっ.てくれるはず。

それと、相手国との友好親善も領事の大切な仕事になる。

そのことを考えると、今度大阪にやってくる韓国の総領事は、「この人で本当に大丈夫か?」と不安になってしまう。
なんせ、”反日的”な言葉で知られている人物だから。

 

*ちなみに、「大使」という言葉は奈良時代にも使われていた。

奈良・平安時代、日本は中国(唐)に遣唐使をおくっていた。

このとき日本政府は一度に数百人を唐に派遣している。
この遣唐使のトップにいる人の官職が「大使」だった。

 

 

新しい韓国の大阪総領事に呉泰奎(オ・テギュ)氏が内定した。

でも中央日報の記事には、この人事は「論争が予想される」と書いてある。

というのは、この人の考え方は”反日的”だから。
呉氏は以前、慰安婦問題の日韓合意について、とんでもない解決方法をしめしたことがある。

中央日報の記事(2018年03月27日)から。

実際の履行期間を定めず不能状態にして両国文書が残っているにも関わらず、外交的に不可能にさせて無効化することができる」と韓日慰安婦合意に対する解決法を提示したことがある。

韓日慰安婦合意TF前委員長が駐大阪韓国総領事に内定?

 

日本は慰安婦合意で韓国と約束したことを、すでに全ておこなっている。
これに対して呉氏の考えは、「韓国は何もしないで、ひたすらほっとく。そして、合意を事実上、無効化させる」ということだろう。

すげー解決策があるもんだ。
これを”解決法”と言うのなら、もう韓国と約束をする意味がない。

この人が総領事として、韓日の関係改善を進めることができるだろうか。

 

 

韓国紙の中央日報も、この人事には批判的。

呉氏が対日外交の第一線で両国間友好増進の役割を果たすのに適合しているか疑問が提起される理由だ。相手国である日本を配慮していない人事という指摘も出ている。

韓日慰安婦合意TF前委員長が駐大阪韓国総領事に内定?

 

日本を配慮するどころか、むしろ日本を挑発している。

このサプライズ人事に、日本のネットでは”歓迎ムード”が広がっている。

・知らんわ
・受け入れ拒否しろよ
・相手に配慮しないし、配慮を求めない。日韓関係はそれでよし
・この総領事館の前に旭日旗たててやればいいのに
・釜山港に帰れ
・完全に舐めてるんだろ
・何しに来るんだよw
・総領事ってどんなお仕事か分かってんのか!?
面白い奴らだ。
・じゃあ最初から合意なんてすんなよ
・いまさら、誰でも変わらん。
・日本に来る韓国の役人は最低限、慰安婦発言しない人選べよ

 

大阪総領事なら、名古屋や福岡の総領事よりも影響力は強いはず。
レコードチャイナの記事(2018年3月27日)では、「ニュース1」という韓国メディアもこの人事を不安視している。

このことから、記事は「日本にとって不快な人物を公館長に内定したことは両国関係の足かせになるとの見方もある」と指摘。

慰安婦合意検証の委員長が大阪総領事に、韓国メディアが日韓の関係悪化を懸念

 

レコードチャイナの記事によると、韓国のネットでは強気の意見が多い。

「韓国は日本の属国ではない」
「なぜ韓国メディアが日本の立場を気にする?」
「間違いを正しただけなのに、どうして日本の反発を恐れるの?」
「日本の機嫌を考慮しなければならない理由は?慰安婦問題の被害者は韓国だよ?」

新総領事が大阪に赴任する前から、韓日関係はもう悪化しているような気がする。

 

 

日本は2015年の日韓合意をとても重要視している。
いまの日韓関係はこの合意の上に成り立っていると考えている。

韓国はその日本の総領事に、「履行期間を定めず不能状態にして、外交的に不可能にさせて無効化することができる」と、あり得ないことを言う人物を内定させた。

複数の韓国紙が心配するほど”反日的”な人物に、なんで韓日の友好親善をまかせようとするのか。

韓国政府がこの人物を日本にぶつけてきた意図は何か?

 

韓国は、日本との約束を守る気がないのだろう。

「何もしないでほっとけば、合意を無効化することができる」なんて言う人物を総領事にしたのは、韓国政府も同じことを考えているからではないか。

韓国は慰安婦像を撤去しない。何もしないで合意を無効化させる。それと同時に日本との友好親善を進めていく。

韓国政府は、かなり本気でそう考えているはず。
日本との約束を守ろうとする様子がまるで見られないから。

 

でも実は、そんなに深い理由ではないかもしれない。
朝鮮日報の記事(2018/03/27)では「天下り」を示唆している。

一部では、韓国政府がまたしても天下り人事で呉氏に公館長ポストを与えたとの指摘が出ている

「慰安婦合意を批判した呉泰奎氏が駐大阪総領事に、日本は反発ムード」

 

ひょっとしたら、意外とこれは適材適所になるかもしれない。

韓国で反日的なことを言っていても、それは自分の信念からではない場合もある。
その場の空気を読んで、一番受けがいいことを言っている可能性もある。

「その時々の立場で、自分が一番利益を得られそうなことを言う」という人だったら、韓国では反日、日本では親日的なことを言うかもしれない。

韓国にはそんな都合のいい人が多いと思う。

大阪の新総領事がそんな人ならいい。
そうではなく、慰安婦合意について「外交的に不可能にさせて無効化することができる」と本気で考えている人なら、韓国紙の不安どおり、韓日関係はうまくいかないだろう。

くり返しになるけど、この人事からしても、韓国政府が日本との約束を守る気はまるでないらしい。

 

 

こちらもどうぞ。

国 「目次」 ①

韓国 「目次」 ②

韓国 「目次」 ③

 

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ①

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ②

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ③

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。