”日本好き香港人”の現状。人気の理由には「憧れがある」の指摘。

 

いま香港で、日本はとても人気がある。

香港の人口は約750万人で、そのうち約223万人が日本に旅行している。
香港人の渡航先も、2015年には台湾を抜いて日本がナンバーワンになった。

 

日本にいる知り合いの香港人も、「香港から友人が来るとき、ガイドを頼まれることがよくある」なんてことを話していた。
今年の秋にも日本に来る友人がいて、彼らを竹田城につれて行く予定だ。

東京より大阪のほうが近いから、大阪に行く香港人はとても多いらしい。

その友人たちはもうUSJや道頓堀には行ったから、今回は、神戸・有馬温泉・竹田城をまわるツアーをしたいと考えていた。
それで日本にいる香港人に、「アンタ調べといて」と丸投げする。
飲食・ホテル代は友人が出すから、これはこれでけっこうおいしいらしい。

東京・京都・大阪に行って日本が気に入り、「今度は日本の地方に行きたい」と日本のリピーターになる香港人は多い。

 

 

ここで香港について、簡単に知っておこう。

アヘン戦争(1840~1842)で清(中国)がイギリスに負けたことにより、香港はイギリスに取られてしまった。

高校の世界史ではこう習う。

香港島の割譲

香港島は珠江の河口にある島。
この後、イギリスは香港島の対岸や周辺の島々も割譲、租借により勢力圏としていった。

「世界史用語集 (山川出版)」

 

イギリス領だった香港は、1997年に中国に返還される。

香港の面積は北海道の札幌(1,104平方キロメートル)とほぼ同じだけど、人口がまるで違う。
札幌の人口は約200万人だけど香港は約740万人で、約4倍の開きある。

 

左下に香港がある。

 

このぐらいの縮尺になると見えなくなる。

 

「香港」という都市名は香木に由来するという。

産経抄(2017.7.3)から。

香港という地名のいわれについては諸説ある。もっとも有力なのは、明の時代にこのあたりに植えられていた香木に由来するというものだ。外国産の高級品の取引の場でもあった。

▼「しぜんに『香』の港という名称がうまれたのかもしれない」と、作家の陳舜臣さんはいう(『香港』)。

豚小屋の中で餌を食らう生活 7月3日

 

ここからはまた、香港での日本人気について書いていきたい。

日本ブームを背景にして、香港には「商品の6割は日本の物」というスーパーマーケットもある。

それが「YATA(一田)」というスーパーで、店名の由来は日本語の「やった!」から。
このネーミングセンスは日本人にはないと思う。

店内には、イチゴの「あまおう」や「金ちゃんヌードル」など、日本の商品がズラリと並んでいるとか。

香港では日本のファッションも人気だ。
本屋やコンビニでは、日本のファッション雑誌が翻訳されないでそのまま売られているという。

 

なんで香港では、日本の人気がこれほど高いのか?

「withnews」の記事(2018年04月02日)ではその理由として、香港にくわしい日本人が「日本への憧れがある」と指摘している。

「香港は自分でものを作るのではなく、お金も商品も中継点になることで成長をしてきました。しっかり時間をかけてものづくりをする環境が少ないなか、日本の工夫あふれる商品が目の前に現れたとき衝撃を受けるわけです」

香港のスーパーに金ちゃんヌードル!?「日本好き過ぎ」背景には何が?

 

このニュースにネットの反応は?

・美味しい以前に安心が大事だろう
・トリビアの泉で中国宮廷料理人が選んだ5品の中の一つだからな → 金ちゃんヌードル
・東日本大震災の時、香港(都市)の 募金額が中国(国)とあまり変わらない額だったことを覚えてる。
・(◎__◎;)イギリスに憧れてください。
・以前、香港の吉野家に行ったら、期間限定で「チーズ牛肉撈麺(ロウメン)」 ってのがあったので、試しに頼んでみたら、ゆでた「出前一丁」の麺に、牛丼の具が乗って、粉チーズかかった料理が出て来た。 日本食好きにしたって、限度があると思った。
・日本で言うカルディみたいな店なんだろ

 

 

旅行・食べ物・ファッションなど、香港での日本人気の理由には日本への憧れがあるという。

つい最近、香港で起きたメロンの産地偽装事件の背景にも、きっとそれがあるはず。
香港の青果店が中国産メロンを「北海道産 マスクメロン」と偽って販売していた。

香港ポストの記事(2018年1月30日)によると、摘発された青果店の店主はこんなことを言っている。

店主らは「入荷したときすでに北海道産というラベルが付いていた」と説明し、「中国本土産だけど北海道の品種のメロンではないか」と言い訳していたそうだ。

日本産メロンと偽装、青果店を摘発

 

産地偽装は日本でも起こる。
でも、それがバレた時の往生際の悪さというか、こんな粘り強さは日本人にはなかなかない。

 

 

おまけ

静岡では、昔から金ちゃんヌードルがよく売られている。

だから自然と「金ちゃんヌードルは全国的に有名なラーメンだ」と思っていたら、20年ぐらい前、大学時代に「そんなラーメン見たことない」という人がたくさんいて驚いた。

金ちゃんヌードルが静岡でとくに人気があることには、こんな理由があるらしい。

静岡県には「マルちゃん」の即席めんで知られる東洋水産の工場があり県民に即席めんを食べる習慣が根付いていた

「金ちゃん」

「金ちゃんヌードルは、全国的にはマイナーラーメンだった!」ということに驚く静岡県民は、今でもいると思う。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

日本 「目次」

中国 「目次」

台湾 目次

香港の基礎知識:名前の由来・日本との違い・衝撃的なもの。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。