スター・ウォーズの英語:帝国側はイギリス英語、反乱同盟軍側はアメリカ英語を話す。


 

はじめの一言

*オニーダ(オネイダ号)号事件」について。

「この勤勉な日本の仲間、漁民や作業の示した敬虔な行為、慈愛、雅量、そして物惜しみしない姿を米国人は深く心に刻むべきです
(シドモア 明治時代)」

 

友人のアメリカ人が、高校生のときに修学旅行で見た「自由の鐘」のことを話してくれた。
そのときにおもしろい話を聞いた。

それが今「旬」な話題でもあるので、そのことを書いてみたい。

「自由の鐘」とは、アメリカの独立宣言が朗読されたときに鳴らされた鐘のこと。
今では、アメリカ独立のシンボルになっている。

 

アメリカの独立とは、イギリス支配からの解放(自由)を意味する。

アメリカの歴史教科書では、独立戦争でイギリスに戦いを挑んだアメリカ人をこのように書いている。

新しいアメリカ人たちが始めようとしていた途方もない行動を想像できるでしょうか?彼らは、世界で最も強力な国の1つと戦わなければならなかったのです。

「アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書 (Japan Book)」

 

また、アメリカ軍がイギリス軍を「ヨークタウンの戦い」で破り、独立戦争に勝利したことについては「信じられない」と表現している。

強力なイギリス軍が建国間もなくの、完全にまとまっていない国に破れたのです。それは信じられないことでした(同書)

このアメリカ独立戦争のイメージをふまえて、次のウィキペディアにある「スター・ウォーズ」の説明を読んでほしい。

銀河帝国皇帝ダース・シディアスの恐怖政治に対し、オルデラン王女レイア・オーガナらの率いる反乱同盟軍が自由と平和のための苦難の戦いを続けていた

 

どうだろう?
先ほどのアメリカ独立戦争と、このスターウォーズの内容が重ならない?

「銀河帝国に戦いを挑む反乱同盟軍」というスターウォーズのストーリーが、「世界で最も強力な国の1つと戦わなければならなかったアメリカ」というアメリカ独立戦争に似ているように見える。

もちろん悪の帝国は支配者であるイギリスで、それに戦いを挑む反乱同盟軍がアメリカになる。

 

 

アメリカ人の友人はこんな話をしていた。

「スターウォーズって映画があったじゃない?あの中で銀河帝国の人たちは、イギリス英語を話しているの。でも、それと戦う反乱同盟軍の人たちはアメリカ英語を話している。あの映画は、アメリカ独立戦争でのイギリス(銀河帝国)に反抗するアメリカ(反乱同盟軍)というイメージがあるのよ」

そんなことは、まったく気づかなかった。
まあスターウォーズを見ても、イギリス英語とアメリカ英語の違いを聞き分ける自信がないけど。

 

でもボクがこの話を聞いたのは、もう3年も前のこと。
記憶があいまいなところもあったので、あらためてこのアメリカ人に聞いてみた。

「スターウォーズは、アメリカ独立戦争と関係があるの?」

こんなボクのメールに次のような返事が返ってきた。

「Apparently, yes. There are many websites in English that say Star Wars is a loose allegory of the Independence War」

 

後半の「loose allegory」という英語は、よく分からないけど、「Apparently, yes(明らかに、そう)」という言葉はある。

やっぱり、スターウォーズがアメリカ独立戦争(Independence War)と関係があることは間違いなさそう。

 

 

とはいえ、銀河帝国の人間がイギリス英語を話して、反乱同盟軍の人間がアメリカ英語を話しているといっても、それはアメリカ人がイギリス人を憎んでいるということではないらしい。

そのアメリカ人は、アメリカ人にとってのイギリス英語(発音)をこう書いている。

「It’s because Americans think British accents make people sound more dramatic. Villians sound more evil. Sexy guys get even sexier. Pretty girls get even prettier…with a british accent」

 

つまり、イギリス英語(発音)にはこんな効果があるらしい。

「悪者をより邪悪な存在に、セクシーな男をよりセクシーに、かわいい女の子をよりかわいくさせることができる」

イギリス英語にすることで、映画やドラマのキャラクターを「より際立たせる」ことができるのだろう。

こういうことがあると、「もっと英語ができたら、ドラマや映画をより深く楽しめるんだろうなあ」と強く思う。
「来月から英語をがんばってみるか」といつも思う。
結局やらない。

 

ランキングに参加しています。
よかったら、下のボタンを押してください。

 

オネイダ号事件についてはこちらへ。

シドモアが見た明治の日本・日本人~「オニーダ(オネイダ号)号事件・日本の天皇~

 

こちらもどうぞ。

英語を勉強する人で、キリスト教信者でない人が知っておくべきこと~「聖書で読むアメリカ」

食事で役立つ「おいしい英語」、教えます。ヤミーはやめた方が・・

アメリカ人と京都旅行②~和製英語って「AWESOME」でしょ~

イギリスの階級のせい? オーストラリア英語のなまり(発音)の理由

外国人(アメリカ人とヨーロッパ人)との会話が盛り上がる話題

「世界ベストツーリスト」の日本人が、外国でしてはいけないこと。

 


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す