日本の地名の話:韓国と北海道の”道”/近江・遠江・都田の由来

 

前回、「日本にある中国」の謎にせまった。

と、力を入れるほどのことでもない。
「岡山県・広島県・山口県・鳥取県・島根県の5県は、なんで『中国地方』って呼ばれてんの?」ということ。

このあたりは「畿内(京都・大阪・奈良のあたり)」と「西海道(九州地方)」の中間にあることから、古代の日本で「中国」と言われていた。

畿内を中心として、近国・中国・遠国に分けたときの中国がいまの中国地方になる。
「中国」の由来はこの説が有力。

ということで、チャイナの方の中国は関係ナイ。

 

オレンジ色が畿内で、西海道(九州地方)との間にあるから中国。

西海道の道は「みち」ではない。
地域のことで、北海道の「道」と同じ。

これは中国に由来する。

中国に起源し、日本、朝鮮、ベトナムに置かれていた。現在も道を置いているのは、日本・大韓民国(韓国)・朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)である。

道 (行政区画)

 

日本で「道」は北海道しか残っていない。
でも韓国では今でも「道」によって、全国が分けられている。
ほれ。

楽天トラベルの地図から。

 

今回はそんな前回の記事のオマケ。

古代の日本では、都に近いところを「近国」、遠く離れた九州を「遠国」、その間にあるところを「中国」と呼んでいた。
これと同じような考え方でつけられた地名が静岡にもある。

それが「遠江(とおとうみ)」。

浜松市をふくめた静岡県西部を、むかしは遠江といった。
今でも、遠江総合高校や遠江病院なんてものがある。

 

遠江の「遠」は「都から遠い」という意味。

湖のことを「淡海(おうみ)」と言う。
「淡水の海」という意味で、潮海(しおうみ)に対してこの言葉が使われる。

都に近い淡海が琵琶湖。
で、遠い淡海が浜名湖。
浜名湖は「遠い淡海(とおいおうみ)」だから、そのあたりが遠江(とおとうみ)と呼ばれるようになったという。

とおとうみのくに【遠江国】

現在の静岡県西部を占めた旧国名。国名は、琵琶湖の「近淡海(ちかつおうみ)」に対する「遠淡海(とおつおうみ)」(浜名湖のこと)に由来。

「藩名・旧国名がわかる事典の解説」

 

近淡海(ちかつあはうみ)の琵琶湖のあたりは、「近江国」と呼ばれるようになった。
つまり、「遠江国(とおとうみのくに)」と「近江国(おうみのくに)」は対になっているということ。

まー、兄弟みたいなものだ。
だから、家康くんとひこにゃんを一年ぐらい交換してほしい。

 

浜名湖
・・・じゃなかった。
これはオーストラリアの海岸。

 

ついでに地名の話をもうひとつ。

浜松市の北部に「都田」という地名がある。

この都田の由来についても書いておこう。
日本人の99.9%は興味ないと思うけど。

印のあたりが都田

 

話は奈良時代の末期、都が京都にうつされる前にさかのぼる。

「都に適したところはないかな~?」と日本各地を探していたところ、いくつか候補地が見つかる。
その中に都田があった。

そして桓武天皇が「ここがみやこだ!」と言ったことが、「都田」の由来になったという話がある。

都田にある有名豆腐店「勘四郎」のホームページに、そのことが書いてある。

遷都の候補地として「都田」の地を選び、『ここが都(みやこ)だ』と言われたが「みやこだ」の地名の由来だと伝えられているのは、ここの地では有名な話です。実際、都田は京都の地形とよく似ていて盆地や川があり、都田地内には「鴨川」、「丸山」といった京都にある同じ地名が存在しています。

都田風土記

 

この話を信じるかどうかは、あなたしだい。
でも1000年以上前の木簡に、ここが「京田」と書かれていたことは事実。

 

天竜浜名湖鉄道の都田駅

ここのホームページでは、都田の由来についてこう説明している。

地名は、いにしえ人が都恋しさから付けられたと言われていますが、定かではありません。

都田駅

 

新しい都の候補地に選ばれたけど、結局ダメだった。
それで人々が「都が恋しい」と思ったのかも。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

日本 「目次」

韓国 「目次」

中国 「目次」

欧米人の不満。日本や韓国の地名が漢字2文字の理由は?

日本にある「中国地方」。その由来と中国人の反応って?

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。