米スタバでの人種差別←アメリカ人の抗議、ハンパない。

 

4月12日アメリカのスターバックスで、黒人への人種差別騒動が起きた。

これはアメリカの国内ニュースだけではすまなかった。
イギリスBBCをはじめ、世界中のメディアがこの出来事を伝えている。
日本でもテレビや新聞で、大きく報道していた。

店長の対応ミスから、世界的な事件に発展してしまった。

 

事件を知らない人のために言っておくと、米フィラデルフィアにあるスタバで、2人の黒人男性が知人と待ち合わせをしていた。
すると店長は、何も注文していなかった2人を不法侵入とみなして警察に通報する。

かけつけた警官は2人に手錠をかけて警察署に連行した。

Melissa DePinoという女性がそのときの様子をツイッターに投稿している。

 

事態を知ったスターバックスはすぐに謝罪する。
さらにアメリカ中の店を閉めて、関係者に研修を受けさせることを決めた。

BBCの記事(2018年04月18日)から。

米国内のスターバックスの全直営店とオフィスが、5月29日の午後に閉鎖される予定。17万5000人近くのスタッフに加え、内定者もトレーニングを受ける。

店舗閉鎖による売り上げへの影響は、2000万ドル(2億1500万円)に上るとみられている。

米スタバ8千店舗を一時閉鎖へ  人種差別防止トレーニングを実施

警察に通報した店長はすでに退社している。

 

謝罪と再発防止の取り組みがすごく速いと思う。
しかもかなり思い切ったことをしている。

17万5000人以上を対象に研修をおこなった場合、どれほどの費用がかかるのか?
企業の不祥事への対応についてはよく分からないけど、スピーディーでドラスティック(思い切った、徹底的な)な方法が有効なんだろうと思う。

 

この事件では、日本でも大きな関心を呼んだ。
BBCではもっとも読まれた記事になっている。

5位も気になるんだが?

 

スターバックスが迅速に動いた理由のひとつに、この人種差別に対するボイコット(不買)運動の激しさがある。

下の動画では、店の外で拡声器を使って抗議されている。
こんな雰囲気で店に入る勇者はいるのだろうか?

事件後のこの店の売り上げを知りたい。
元店長の再就職先も。

店の中でも抗議活動。

 

事件を伝えるアメリカのテレビ。

ちょいと話はそれまっせ。

前に黒人のことを「ブラック」と言ったら、意識高い系の人から怒られた。

「『ブラック』は差別語だ。そんな言葉を使ってはいけない。『アフリカン・アメリカン(アフリカ系アメリカ人)』と言うべきだ」と。

でもこのテレビでは、「ブラックマン」と書いてある。
おい!あのときの意識高い系!アメリカのテレビ局にも注意しろよ。

ちなみに友人のイギリス人は、「黒人をブラックと呼んでもいい。イギリスのテレビではそう言っている」と話していた。
そもそもイギリスにいる黒人が「アフリカン」とは限らない。

 

 

で、この報道に日本のネットの反応は?

アメリカでの非難と抗議の嵐とはちがって、日本のネットでは「人種は関係ない。注文してないのに店にいたことが問題じゃないか?追い出されても仕方なくね?」という意見がすごく多かった。

このことは次回書きます。

 

ただこの場合、「白人が同じことをしても、店はスルーしていたはず。相手が黒人だから警察を呼んだ」と見なされて、アメリカではこれが人種差別と認識された。

スタバ側も全面的に非を認めたから、謝罪と研修の合わせ技を発表したはず。

動画を投稿した人はこう書いていた。

All the other white ppl are wondering why it’s never happened to us when we do the same thing

同じことをしても、白人の私たちにはこんなこと起こらないのに。なんで?

 

 

この騒動は別の店に飛び火した。

これとは違うスタバでも、「人種差別があった!」という報告が上がっている。

ある黒人男性が撮った下の動画もそのひとつ。

トイレから出てきた白人男性をつかまえる。
そして彼が何も買っていないけど、トイレを使ったことを確認する。

同じように、黒人の彼が何も注文しないでトイレを使おうとすると、店に断られてしまう。
店員はトイレのcode(暗証番号)を教えてくれなかった。
*トイレを使うために暗証番号が必要なことは、韓国のカフェでもある。

そこで彼が店員に抗議した。

「オレがトイレを使えなかったのは、この肌の色のためか?白人の彼は使えたじゃないか!」

トイレから出てきた白人男性はとまどっていて、顔には「巻きこまれた感」が浮かんでいる。

その様子がShaun Kingさんの動画にある。

この動画は、先ほどのイギリスBBCの記事でも紹介されている。
BBCの影響力は世界中におよぶ。

人種差別は絶対に許されないのはわかる。
でも、アメリカ人の抗議の仕方は徹底的だなあ、と思う。

この店員さんが気の毒な気もする。
そんなことを言うと、意識高い系の人に「人種差別への考え方が甘い!だからジャップはダメなんだよ!」と怒られるかもしれないけど。

 

 

こちらの記事もどうぞ。

【動画】米スタバで起きた人種差別。まるでローザ・パークス。

アメリカ独立記念日(7月4日)とは?白人と黒人とでは、価値が違う

韓国&日本とアメリカの違い。会社の受付は若い女性か黒人か?

黒人のアメリカ人女性と伊勢神宮へ!感想とキリスト教との違い

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。