在日外国人が日本で嫌いなこと。プラスチックを使いすぎっ!

 

明治時代に来日したイギリス人ラフカディオ・ハーンは、日本の自然についてこう思った。

いったい、日本の国では、どうしてこんなに樹木が美しいのだろう。西洋では、梅が咲いても、桜がほころんでも、かくべつ、なんら目を驚かすこともないのに、それが日本の国だと、まるで美の奇跡になる。

 

大正時代の日本を見たアインシュタインはこう言う。

日本の風光は美しい。日本の自然を洗っている光はことのほか美しい

日本では、自然と人間は、一体化しているように見えます

上の言葉は「日本賛辞の至言33撰 (ごま書房)」から。

 

今回の内容は、前回のおまけのようなもの。
「日本をふくめて世界の自然を守りましょー」というもの。

去年、新婚旅行で日本に来たイギリス人カップルがこんな不満を言っていた。

「日本人はプラスチック製品を使いすぎ!」

イギリスでは、使い捨てのプラスチック製品をなくす動きが進んでいる。
これについては日本でも、「コーヒー買う度にマドラーやストローを消費するの胸が痛んでたよ」といった賛同の声が多い。

くわしいことはこの記事をどうぞ。

イギリス「プラスチック製品をなくそう」←日本人の反応は?

 

今までに日本に住んでいる外国人から、「日本はいい国だと思うけど、プラスチック製品を使いすぎるのが嫌い」という意見を何回か聞いた。

最近もSNSでそんな声が上がっていたから、今回はそれを紹介しようと思う。
日本について、こんな不満を持っている外国人は他にもいるはず。

 

 

2~3日前のこと。
日本に住んでいるイギリス人がそのアイディアを気にいって、下の動画をシェアしてた。

使い捨てプラスチック製品など、ムダなものを徹底的にはぶいた「ゼロウェイストショップ」を紹介する動画。
この考え方はフランス・ドイツ・スペインなどヨーロッパ中に広がっている。

Rob GreenfieldのZero Waste Shops Opening All Across Europe!

 

「ゼロウェイスト」のくわしいことは「Zero Waste in Tokyo」の記事(2018-01-29)をご覧あれ。

”家族4人が1年間に出すゴミの量がガラス瓶1本分(=およそ1リットル)”というところまで削減した彼女のライフスタイルは、クリエイティブなアイディアがたくさん詰まっている。彼女の執筆した本は現在20カ国語に訳されており、日本語版は2016年に出版された。

ゼロウェイストが世界のあちこちでムーブメントになっているわけ

 

動画をシェアしたイギリス人はこう書きこんでいる。

I really wish Japan would start doing this.
Way too much plastic packaging is used here.
Some stores even use plastic wrapping for avocados!
So wasteful

(意訳)

日本もこれを始めてほしいって、ホントに思う。
ここはプラスチック包装が多すぎる。
アボガドにまでプラスチックのラップをする店もある!
とてもムダ。

 

同じく日本にいるカナダ人がこうコメントした。

I hate when they try and put stuff in a plastic bag at the till.

レジで店の人がビニール袋にものを入れるのが本当にイヤ。

 

するとアメリカ人がこう反論する。

What? You don’t appreciate them individually wrapping each nut in a packet of mixed nuts?
I hate it when my mixed nuts get mixed together.
One thing I absolutely hate about Japan: their obsession with needing to pack EVERY LITTLE THING into plastic (bags). Like please, no…stop this madness!!

ええ?ミックスナッツで個別包装があるに感謝しないの?
ミックスナッツがごちゃ混ぜになってたら最悪だ。
日本で一つ嫌いなところ:どんなに小さいものでもプラスチック(袋)で包もうとする強迫観念。

 

 

前回、「日本語で『レジ袋はいりません』って何て言うの?」と聞いたイギリス人がこんな動画をシェアしていた。
プラスチックごみがこんなにも太平洋にただよっている。

Plastic Pollution Coalitionの動画から。

 

外国人とつき合うことがあるなら、プラスチック製品の使用について関心を持ったほうがいい。
一般的に欧米人は日本人よりこの問題に敏感だと思う。
アメリカ人はビミョウだけど。

「外国人に『why did you come to Japan?』って言ったら失礼?」というどーでもいいことは気にしなくていいけど、コンビニでもらったビニール袋をすぐゴミ箱に捨てる姿は見せない方がいい。
これで相手に悪い印象をもたせることはあっても、好印象をあたえることは絶対にない。

 

日本では、自然と人間は、一体化しているように見えます

アインシュタインの言葉には神道の考え方があるように思う。
日本人古来から、風や水などの自然に神がいると考え、自然に感謝しながら共生してきた。
日本人が日本の風土と一体化して見えてもおかしくはない。
その点から、プラスチック製品の使用を考えてもいい。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。