在韓日本人も感心。韓国で法が反日愛国に勝った日

 

5月1日、韓国はがんばった。
正直言って、ここまでちゃんとやってくれるとは思わなかった。

それは5月1日のメーデーでのこと。
韓国の市民団体が釜山の日本総領事館前に、徴用工の像を建てようと計画していた。
彼らはやる気満々。
必ず像を設置しようとしていた。

 

でも本当は、これは法律違反。
それに日本の”顔”である公使館にそんな像を建てたら、当然日本は怒る。
これで怒らなかったら、どこかおかしい。

そしたら韓日関係は悪化すること間違いなし。

それで政府や釜山市は、徴用工像の設置に反対していた。
でも、日本総領事館がある区の区長さんは、始めからあきらめていた。
「法が国民感情に勝つことはできない(中央日報)」と市民団体が像を設置しようとしても、それを止めないことを明言していた。

 

だが待ってほしい。

「法は国民感情に勝てない」というのはとんでもない発言で、法治国家としてはあり得ない。
でも韓国では、あり得ないことがアリエール。
韓国で法は国民感情、とくに反日愛国には勝てないのだ。

慰安婦問題や徴用工問題などの反日愛国を前に出せば、誰もさからえない。
法律を”無視”することができる。

日本総領事館前にある慰安婦像がまさにそれ。
あれは、本当は法律違反なんだけど、そこにそのまま設置されている。
法が放置されている。
それで韓国は「放置国家」なんてやゆされる。

 

 

こんな具合だから、5月1日に徴用工像は絶対に建てられると思っていた。
「法が国民感情に勝つことはできない」という区長さんの言葉はそのフラグ。

韓国政府や釜山市が反対しても、反日愛国には逆らえない。
いつものように法は情に負けてしまう。

日本総領事館前に徴用工像ができて、日韓関係はさらに悪化する。
そう確信していた。

 

でも、ちがった。
韓国は予想以上にがんばった。
警察が必死の働きをして、市民団体が像を設置するのを防いでくれた。

本当に阻止できるとは思っていなかったから、これはかなり意外。
YDK!
やればできる韓国!

そう思ったのはボクだけじゃなかった。
韓国にくわしいジャーナリストの黒田勝弘氏も「ソウルからヨボセヨ」でこう書いている。(2018.5.5)

日本相手なら何をしても許されるという「反日無罪」と、「泣く子とNGO(非政府組織)には勝てない」というNGO国家化で“法治無視”が横行する韓国で、久しぶりにまともな法治の風景を目撃させてもらった。

やればやれるじゃないか 釜山の「徴用工像」設置阻止

韓国にいる多くの日本人も「何だ、やればやれるじゃないか!」と韓国を見直しているらしい。

 

それにしても、「まともな法治の風景」を見たのは久しぶり、というのもすごい国だ。
悲しくなるけど、それがコリアの現実。
韓国で反日愛国は正義を叫ぶモンスター。
暴れ出したら、政府もなかなか止められない。
正義といっても、”自称”正義だけど。

でもこれも、法治というより最後は力による阻止だった。
市民団体が自分たちの行為を違法であると認識して、進んで法を守ろうとしたわけではない。
警察の力で、物理的に像の設置ができなかっただけ。

この団体はまだあきらめていない。
自分たちの正義が法を上回ると考えているはず。

でも、こんな反日感情を育ててきたのは韓国の政治家やマスコミだから。
自業自得がんば。

 

 

韓国をよく知る専門家ですら、「反日無罪」と「泣く子とNGOには勝てない」で“法治無視”が横行するという韓国。
そんな国で、なんで今回は徴用工像が建てられなかったのか?

なんで韓国はやればできたのか?

これにはいろいろな理由があるけれど、「日本が韓国にプレッシャーをかけ続けてきたから」ということが大きいと思う。

 

徴用工問題についてここ最近の韓国の反応を見ると、意見が大きく2つに分かれている。

日本に賠償を求めたり徴用工像を建てたりして、問題を大きく人たちがいる。
それがさっきの市民団体。

でもその一方で、朝鮮日報や中央日報などの大手新聞はこれを問題化しないようにしている。
というのも徴用工問題で騒ぎ出すと、韓国に都合が悪いから。

中央日報の記事(2018年05月03日)では外交専門家の意見を載せている。

釜山「強制徴用労働者像」 韓日外交問題の火種にも

元外交官僚

「表現の自由や追悼の意味を考えれば労働者像は設置することができる。しかし他国の顔にあたる大使館の前に設置して反発を招きながら友好・親善を話すことができるのか」

別の外交専門家

「労働者像設置推進団体の面々を見ると理念的カラーが明確だ。単純な市民運動というよりも韓国と日本の接近を防ごうとする政治的な意図が強い」

 

「友好・親善」や「韓国と日本の接近」など、韓国が日本との関係を重視してることが分かる。
それは最近になって、韓国が「日本と通貨スワップ協定を結びたい!」と言い出したことからも明らか。

徴用工像を建てたい人なんて、ほとんどが韓国と日本の友好をジャマしたいという「政治的な意図が強い」人たちだ。

日本総領事館の前に徴用工像を建てることは、韓国にとってデメリットが大きい。
日本を怒らせれば、ただでさえ悪い韓日関係が底なしになる。
通貨スワップなんて絶対にムリ。
*慰安婦像を撤去しないとムリ筋なんだけど。

 

「マズイ。これ以上、日本との関係を悪化させてはいけない」と、韓国がここまで思うようになった背景には、日本政府の働きかけがあったはず。
日本は「日韓合意は1ミリも動かない」「追加要求には一切応じない」と韓国に言い続けてきて、実際に引かなかった。

日本が強い態度を示し続けてきたことが、韓国が全力で像の設置を阻止したことにつながったのだろう。
韓国の本気を引き出したのは、日本の断固たる決意と態度だ。

これはこれからも続けねば。
日本が本気をみせなかったら、韓国も本気を出さない。
本気は出せば、韓国はやればできる。
5月1日にそれが分かった。

 

 

こちらの記事もどうぞ。

国 「目次」 ①

韓国 「目次」 ②

韓国 「目次」 ③

 

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ①

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ②

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ③

 

2 件のコメント

  • 慰安婦像と徴用工像の違いは挺対協のような団体が作られているかどうかでは。支持率が低ければ票欲しさに方針が変わるでしょう。
    二匹目のドジョウを狙うにはタイミングが悪かったみたい(笑)

  • 挺対協のような団体がないせいか、徴用工像のほうは広がりがないですね。
    そうなんです。
    支持率が下がると、反日に手を出すかもしれません。
    でもこれは、日本にはどうしようもないですけど。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。