日本人と韓国人の特徴・共通点「外国人の視線が気になるっ!」

 

韓国に「ようこそ、韓国は初めてだよね?」という人気バラエティー番組がある。
ボクは見たことないけど、”外国人から見た韓国”を視聴者に紹介する内容だ。

「韓国にやって来た外国人は、韓国のどんなところにビックリしたり感動したりするのか?」

こういうことに興味を持っている韓国人は多いらしい。
その点は日本人も同じ。

「ようこそ、韓国は初めてだよね?」を知れば知るほど、「YOUは何しに日本へ?」とよく似ている。
この韓国のテレビ番組がつくられた背景をさぐっていくと、それでひとつの番組ができそうな気がする。

こういうことに興味を持っている日本人は多いらしい。

 

それはいいとして、こういう番組はいいと思う。
外国人の視線で自国をとらえ直すことで、韓国や日本がどんな国か見えてくるから。

「YOUは何しに日本へ?」か別の番組かは忘れたけど、日本に旅行で来たヨーロッパ人が日本のマンホールを「素晴らしい!」と言っていた。

日本のマンホールは都市によってちがう。
そのヨーロッパ人は、街の特徴を表したデザインが気に入っていた。

「マンホールのふただぜ?日本人はこんな小さなところにもこだわって、人々の目を楽しませようとしている。ヨーロッパ人にはない心づかいだよ」

そう言われて初めて、日本のマンホールの面白さや良さに気づいたこともあった。

 

「日本は、街を楽しくかわいくするのがいい」と言うアメリカ人もいた。

 

5月10日放送の「ようこそ、韓国は初めてだよね?」では、3人のスペイン人が韓国の街で驚いていた。

スペイン人は韓国の何にビックリしたか?

彼らは、見た目のわりには中身の少ないポテトチップスや、トイレで紙を流せないことに衝撃を受けたという。
おっとちがった。
それは、韓国を旅行したボクの知り合いの感想だった。

スペイン人が韓国で印象的だったのは「荷物をたくさん積んで走るバイク」。
韓国の街ではそんなバイクがふつーに走っているけど、スペインではあり得ない。
こんなにたくさんの荷物を載せたバイクがあったら、スペインでは、警察につかまって罰金を取られるレベルという。

 

でも残念ながら、このスペイン人の感想は韓国人の共感を呼ばなかったらしい。
レコードチャイナの記事(2018年5月14日)に、韓国のネットユーザーのコメントがある。

「いやいや、それは東南アジアの風景。韓国は日本と東南アジアの中間」

「正直言ってスペインは先進国じゃないでしょ」

「スペインよりも韓国の方が治安がいいと思うけど」

韓国では日常だけど外国では罰金もの?訪韓外国人が驚く街の風景とは

「韓国は世界の先進国だ!」という外国人の感想が韓国人の大好物。

 

中には、スペイン人の言葉を素直に受け入れる人もいた。

「安全法規がそれだけお粗末な国ということ」「先進国であればあるほど、安全法規も比例する」

「それは東南アジアの風景」と韓国人は言うけれど、ホンモノの東南アジアの風景はこれ。
韓国ではきっと捕まる。

画像は、カンボジアでお世話になったローズというガイドのブログから。

 

韓国では「ようこそ、韓国は初めてだよね?」、日本では「YOUは何しに日本へ?」が人気なのは、韓国人も日本人も外国人の視線に興味があるから。
日韓にはそんな共通点がある。
自国を再発見する楽しみもあるはず。

日本と韓国の特徴は同一性の高さにある。
国民の95%以上が同じ民族(大和民族・韓民族)という国は世界でも少ない。
それでちょっと前は、「単一民族国家」という言葉を使う人が日本にも韓国にもいた。
韓国では今でも、この言葉を使っている人がいるかもしれない。

 

ボクが聞いた限りでは、欧米ではこれがない。
アメリカ人、イギリス人、オーストラリア人から聞いた話では、「YOUは何しに日本へ?」のような番組は、母国で見たことがないと言う。

これらの国では、白人・黒人・ヒスパニック・アジア人・アラブ人などいろいろな人種の人間がいる。
だから、「外国人はこの国をどう感じるか?」ということにはあまり興味がないらしい。

アメリカ人やイギリス人に「単一民族国家を英語で何と言うのか?」を聞いてみたことがある。
彼らは「そんな言葉は使わないから、適切な言葉が分からない」と言う。

もちろん、辞書には載っている。
「racially homogeneous nation」「ethnically homogeneous nation」とあるけど、これは一般的な言葉ではない。

こういう国の人は、外国人の視線なんて気にならないのだろう。

 

 

「ようこそ、韓国は初めてだよね?」の番組を見た韓国の人たちは、「大量の荷物を載せてるバイクなんてあり得ない!」というスペイン人の感想には不満だった。

同じ番組で、前にもそんなことがあった。

韓国のパンを食べたイギリス人が「civilized」と言う。
その場面を見た韓国人は「これは明らかな人種差別」「この番組で悪いイメージを抱いた外国人は初めて」と気分を悪くする。
そのことはこの記事をどうぞ。

韓国人、イギリス人に「人種差別!」と怒る。英語ってむずかしい。

 

同じことは日本人でもある。
「外国人の意見なら何でもいい」というわけではない。

自分が求めていた感想なら共感するし、自分の見方とちがうものには反発する。
ユリウス・カエサルが言ったような「人は自分の見たいものしか見えない」という状態だ。

人間ならば誰にでも、現実の全てが見えるわけではない。多くの人たちは、見たいと欲する現実しか見ていない

「ルネッサンスとは何であったのか 塩野七生 (新潮文庫)」

こういう人なら、日本にも韓国にも欧米にもいる。

 

おまけ

ソウルの町並み

 

こちらの記事もいかがですか?

旅で人気の「アジア」や「インドシナ」の意味・由来・歴史とは?

東南アジアで見つけた日本の支援。誇らしく感じた7つのもの。

アジアの人たちは日本の戦争責任を聞きたいのか?謝罪より支援。

東南アジアに反日感情はある?→「日本は、いつまで謝るってるの?」

カンボジア人ガイド「日本人と韓国人の違いは、見た目で分かる」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。