変わる日本人①田原総一朗さんの謎「なぜ政権支持率が高い?」

 

長い間、ジャーナリストとして日本を鋭く見つめていた田原総一朗さんが、いまの日本に違和感を持っている。
田原氏だけではなくて、「与党も野党もメディアも、この初めての状況に、とまどっている」という。

これは安倍首相の支持率のこと。

モリカケや財務省のセクハラ・文書改ざん問題、麻生大臣の失言など、いろいろな問題が山ほど出てきて、政権支持率は一時、20%台にまで落ち込んだ。

このときには、ボクも「安倍内閣はつぶれるかも」と思っていた。
内閣はもったとしても、麻生大臣は辞任に追い込まれるだろうと考えていた。

 

でも不思議なことに、ここにきて、政権支持率が上がっている。
5月14日の共同通信の調査では、37%から38.9%に上昇。
日経新聞の調査でも、43%と高 い支持率が出た。

これで、「与党も野党もメディアも、この初めての状況に、とまどっている」という。

田原総一朗氏にもこの理由がよく分からない。
「blogos」の記事(2018年05月25日)から。

なぜ国民は、安倍内閣を支持するのか。僕の長いジャーナリスト人生でも、 これだけ問題山積みの内閣が、支持率を下げるどころか、上げるなんてことは初めてだ。

ついに支持率が上がりはじめた安倍内閣、何が起きているのか?

 

ボクにもこれがよく分からない。
テレビや新聞などマスコミから猛批判を受けているのに、安倍政権は支持率を落とさない。

NHKが5月におこなった世論調査にはビックリした。

各党の支持率はこんな感じ。

自民党   35.9%
立憲民主党 7.9%
国民民主党 1.1%、
公明党   3.5%
共産党   2.3%
日本維新の会0.7%
自由党   0.3%、
希望の党  0.1%
社民党   0.3%
*「特に支持している政党はない」が40.4%

自民党だけで、野党合計の約3倍の支持率がある。

安倍内閣 支持38% 不支持44%(NHK世論調査)から。

 

いろいろな問題があるにもかかわらず、政権支持率は落ちずに上がっている。
田原総一朗氏でなくても、「何が起きているのか?」「なぜ国民は、安倍内閣を支持するのか」と思ってしまう。

でもこれは、国民が安倍内閣を支持するというより、国民へのマスコミの影響力が落ちているせいだろう。
2000年の「神の国解散」があった日本と比べると、本当にそう実感する。
2018年の今は、マスコミが笛をふいても踊り出す市民は少ない。

次回、この「神の国解散」のころから、日本人が変わっていることについて書いていきます。

 

 

よかったら、こんな記事もどうぞ。

安倍政権の支持率が高いのは、民進党(民主党)の議員が自滅するから

韓国(釜山)の少女像を誤解し涙を流す日本人→安倍政権批判へ

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

移民毎年20万人受け入れ? 多文化共生社会を考えましょ「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。