世の中を変える方法「選挙と革命」・日本の歴史の特徴とは?

 

始めの一言

「ぼくらは日本の絵を愛し、その影響を受け、またすべての印象派の画家はともに影響を受けているが、それならどうしても日本へ、つまり日本に当る南仏へ行かないわけにはゆかぬ (江戸時代 ゴッホ)」「日本賛辞の至言33撰 ごま書房」

 

IMGP9015

 

今回の内容

・世の中を変える方法「選挙と革命」
・日本史の特徴「君側の奸を討つ」

 

今回は、日本の歴史の特徴について書いていきたい。
ヨーロッパや中国の歴史では、王や皇帝を倒すという革命(易姓革命)が何度も起きているけど、日本の歴史ではこんな革命は一度も起きたことがない。
天皇が倒されたという歴史がない。

その代わりに「君側(くんそく)の奸(かん)を討つ」という出来事が何度か起きている。
今回から、日本史に特徴的なこの「君側の奸を討つ」ということについて書いてきます。

 

IMG_2153

 

・世の中を変える方法「選挙と革命」

世の中おかしい。
働いても給料は上がらないけど物価は上がり続ける。
がんばって働いても良い生活ができないし、仕事がなくて困っている人もたくさんいる。
子育てにお金がかかりすぎるし、税金も高い。
そんな理由で、苦しい生活をしている人がたくさんいたとする。

 

そうなったら、きっと多くの人がこう思うはず。
「こんな世の中は変えないといけない!」

でも、「世の中を変える」って具体的にどうやって変えたらいいのか?
それにはやっぱり、政治を変えることでしょ。
多くの人たちの生活が苦しいとしたら、その一番の原因は政治が悪いからでしょ。
日本やアメリカなどの民主主義の国なら、そのために選挙という手段がある。
選挙によって政権を変えることで、政治を変えることができる。

 

でも、選挙がなかったむかしはどうやって世の中を変えていたか?
中国の場合なら、以前の記事で書いたように「易姓革命(えきせいかくめい)」をおこして変えていた。
皇帝を倒して別の人間が皇帝になる。
そして新しい王朝を開く。
そうすれば、それまでの政治のやり方をガラリと変えることができる。

 

これって、「民主的な選挙」か「暴力的な革命」かという方法が違うだけで、やっている目的は同じ。
「政権交代」ね。
むかしは革命やクーデタによって政権を変えていたのを、現代では選挙によって変えているだけ。
だから、選挙権っていうのは言いかえたら「革命を起こす権利」になる。

 

でも、中国の易姓革命の場合、「倒された皇帝」というのは悲惨。
敵の軍隊が近づいてきてもう逃げられないと分かったら、飛び降りたり首をつってたりして自殺した皇帝もいる。

 

「世の中を変えるためには、皇帝や王を倒す」という発想は中国の歴史だけじゃない。
フランス革命では、国王ルイ16世の首をギロチンで切断しているし、イギリスの清教徒革命では、イギリス国王の首を斧(おの)で切り落としている。

 

IMGP8322

中国皇帝が座っていたいす(玉座)

 

・日本史の特徴「君側の奸を討つ」

日本の歴史では、中国の易姓革命やヨーロッパのような革命はおきなかった。
つまり、「天皇を倒して別の人間が天皇になって、新しい王朝を開く」ということがなかったということ。
そもそも日本には、中国やヨーロッパのように「天皇を倒すべき敵」と考える発想がなかった。

 

ちなみに、逆に「天皇の敵」になると「朝敵」と呼ばれた。
徳川最後の将軍である徳川慶喜は、この朝敵にされている。

朝廷において慶喜追討令が出され、旧幕府は朝敵とされた。

(ウィキペディア)

 

IMGP3536

今回、話が難しいよな。
だな。
カメには関係ないしね。

 

天皇を「敵」とすることはできないけど、天皇のまわりの人間だったら「敵」とすることはできる。
すると、こんな発想がうまれる。

「今の世の中でみんなが苦しい思いをしているのは、政治がおかしいから。それは天皇ではなくて、天皇のまわりにいる人間がまちがったことをしているからだ。だから、天皇のまわりにいるその悪いヤツらを倒そう!」

 

この場合の「天皇のまわりにいる悪いヤツら」のことを、むずかしい言葉で「君側の奸」という。

読み方:くんそくのかん

君主の側で君主を思うままに動かして操り、悪政を行わせるような奸臣(悪い家臣・部下)、の意味の表現。「君側」は主君の側、という意味。(Weblio辞書)

 

日本の歴史では、天皇ではなくて「天皇のまわりの悪い人間(君側の奸)」を倒そうとする出来事がときどきおこる。
これが日本の歴史の一つの特徴ね。
ヨーロッパや中国なら、さっきも書いたけど「君側の奸(まわりにいる人間)」ではなくて、王や皇帝そのものを討っている。

 

ということで、「君側の奸を討つ」というのは日本の歴史を知るキーワードになるワケさ。
次回からこの「君側の奸を討つ」の具体例を3つ紹介します。

 

ランキングに参加しています。

「読むたび、新しい発見」となるようなブログをめざしています!
今回の記事で、新しい知識などがあったら、ぜひ、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

歴史の違い。日本にあって韓国や中国にないもの。幕府と天皇!

外国人から見た日本と日本人 日本を知る15の言葉 ⑩

日本って、どんな国? 「日本」カテゴリー目次 ④

知っとく?世界が驚いた「幕末の奇跡」大政奉還とは。

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。