ハワイでの日本人襲撃事件。公衆トイレと旅行保険は超注意!

 

5月28日に、ハワイを旅行していた日本人が、現地の人間におそわれる事件があった。

場所は、ウォールアートで人気のあるカカアコ地区。

まっ昼間、観光でそこを訪れていた日本人が、公園の公衆トイレを利用としたときに襲撃された。
複数の男から激しく殴られ、歯は折れて顔面は骨折してしまう。

異変に気づいた妻がトイレに近くづくと、何者かに首をしめられてその場で気絶。

事件のくわしいことは、在ホノルル日本国総領事館のホームページを見てほしい。

ホノルル市内カカアコ地区に関する治安上の注意喚起

 

 

ホノルル日本総領事館では、公衆トイレを使わないよう強く強く呼びかけている。

でもこれはホノルルだけじゃない。
今までの海外旅行で、いろいろな日本人や外国人から「公衆トイレは使うな!」とアドバイスされた。

海外の公衆トイレは危険だ。

覚せい剤など薬物の取引に使われることがあったり、そこで吸引する人がいたりする。
日本のトイレとは全然ちがう。
すべてのトイレがそうではないけれど、海外では、公衆トイレを使わないほうがいい。

それと外国人旅行者に人気の観光スポットは、犯罪者にも人気のスポットになることも覚えておこう。

カカアコ地区には多数のウォールアートがあり,最近はSNSに乗せる良い写真が撮れる場所として,ホノルルでも有名な人気スポットの一つとなっておりますが,旅行者であることが明白となって狙い撃ちされるためか,従来から写真撮影中のひったくりや,車上狙いが多発している地区でもあります。

ホノルル市内カカアコ地区に関する治安上の注意喚起

ハワイは治安のいい方だと思う。
でも、治安なんてものは、場所と時間や自分の格好によって大きく変化する。

 

 

このハワイでの日本人襲撃事件のことは、どこかのニュースを見て知っていた。
でも、きょうSNSに流れてきた写真を見て驚いた。

ここまでヒドイとは思わなかった。

*実際の画像には、目に線は入っていない。

 

「激しく殴打される事案が発生しました」という文字を読んだときと、衝撃がまったくちがう。

ハワイ在住の日本人がこの事件に心を痛めて、いま寄付金を集めている。
それが上の画像で、関心のある人はここを開いてください。

Japanese Tourists Brutally Attacked

 

 

なんで寄付金を集めているかというと、治療費が550万円ほどかかるから。
この日本人は、海外旅行保険に入っていなかった。

だから、全て自分で払わないといけない。
それで心ある人がネットで募金活動をはじめて、ボクもフェイスブックでそれを知った。

複数の男に殴られて大けがを負ったことは、気の毒としかいいようない。
でも、保険に入らず海外旅行をしたのはマズかった。
これは絶対にいけない。

 

ハワイで日本人が襲われたことも驚いたけど、その旅行者が保険に入っていなかったことにはもっと驚いた。
20代のバックパッカーなら、お金がもったいなくて保険に入らないことはあると思う。
でも、見た目40代の男性が保険に入らず海外旅行をしていたというのは、ちょっと考えられない。

とくにアメリカの医療費がめちゃくちゃ高いことは、訪米する日本人には常識のはず。
この人は、本当はすぐに手術をする必要があったのだけど、そのお金が払えなかった。
それで、かなり無理して日本に帰国した。

あの顔のまま、飛行機に乗ったのだろう。
無保険旅行のツケは、とんでもなく高くついた。

あまりにあたり前のことだけど、海外旅行に行くなら保険に入っておこう。
それと、トイレを使うときも要注意。
中に薬物使用者がいたら、もうどうしようもない。

 

こちらの記事もどうですか?

旅 「目次」 

旅 「目次」 ②

旅 「目次」 ③

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。