動画で英語を学ぼう 224 韓国人の京都観光。

 

これは韓国のユーチューバー(たぶん)が公開した京都観光の動画です。

韓国人の視点でまとめて編集したものだから、日本人にはない感性が出ています。
・・・と思ったのですけど、韓国人らしさがとくに感じられず、少しがっかりしました。
でも、きれいな映像でよくまとまっています。

 

kimdao2 Days in KYOTO, Japan | Sightseeing, Eating & Shopping

*これは、「いっしょに英語を学びましょう!」というスタンスです。
英文を日本語にしてみましたが、本当に正確な日本語訳はお近くの英語マスターに聞いてみてください。
外国人が書きこんだコメントですから、必ずしも、日本の教科書にあるような正しい英文とは限りません。
主語や「’」なんかはよく省略しています。
でも、意味は通じるはずです。

 

・日本は確実にバケットリストに入っている。これが大好き!
*バケットリストは、死ぬまでにやりたいことのリスト

Japan is for sure in my bucket list! Love this!!

・あなたのビデオが私を幸せにする。

Your videos make me happy.

・京都は、日本での私のお気に入りの都市。
私は清水寺と嵐山に行ったことがある。本当に素晴らしい場所だった^^

Kyoto is my favorite city in Japan.
I have been to Kiyomizu and Arashiyama and it is really beautiful place ^^

・この曲はどこで見つけられるの?

Where can I find this song?

・ビデオの出来はとても素晴らしい!
あなたは何のカメラを使っているんだ?

The quality of the video is so amazing!
What camera do you use?

・私は京都が大好き。とても美しい。また訪ねてみたい。

I love Kyoto, I would love to visit it again.

・このビデオの撮影技術はとてもいい!
始まりからして、すでにNHKドキュメンタリーのビデオのようだ。ハハ。

The cinematography of this video is really good!
From the start it already looks like a video from NHK documentary haha

・ワオ!素晴らしいビデオだ!ボクたちは京都が大好きなんだ!ボクたちは大阪に3か月住んだことがある。

Wow amazing video! We love Kyoto! We lived in Osaka for 3 months.

・最後はどこで撮ったの?ありがとう!今すぐ飛行機に乗って、そこへ行きたくなった 😭

Where was the last shot taken? Thanks ! It makes me wanted to fly there right now 😭

 

 

今回の記事で「役に立てそうなものがあったよ!」と思ったら、下のボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村 英語ブログへ

 

こちらの記事もいかがですか?

英会話 目次 ①

英会話 目次 ②

 

4 件のコメント

  • 単純にクオリティが高すぎて,もう誉め言葉しかない映像ですね。
    彼女の発音も聞き取りやすいですし,そもそも海外向けで韓国とか国籍はなくなってます。

    自撮り棒持ってドカドカ踏み入ってくるダメなユーチューバーの方が,もっと韓国視点が入ってると思うんですけど,それはそれで不快なので,たぶん見ません。

  • この人の発音はすばらしいです。
    大阪や博多と日本語を言ったときに、「韓国人の日本語発音だな」と感じました。
    視点は無国籍化していて、若い女性から見たおしゃれできれいな京都を描いていたと思います。
    人込みで自撮り棒で撮影している外国人を見たことがあります。
    あれはホントやめてほしい。

  • 言われて聞き直すと,いわゆる外国人のよく言う「オ・サカ」ではなく,確かに「おーさか」ですね。
    全く気付かなかったです。

  • 韓国人の日本語発音は特徴的で、「ざ」が「じゃ」、「つ」が「ちゅ」になります。
    ここでは出てきませんけど、「かわいい」と評判ですよ。笑。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。