新潟知事選②政治パフォーマンスが国民に通じない理由は?

 

総理が「日本は神の国」と言えば、野党は「日本は神の国? いいえ、民の国です」と批判するCMを全国に流す。
2000年のときなら、このパフォーマンスは国民に受けた。

でも、今はどうなのか?

最近の野党によるパフォーマンスといえば、やっぱアレでしょ。

麻生大臣の辞任を要求して行った審議拒否。

 

政権支持率は低いし、このときボクは、これが通じると思った。
「麻生大臣の辞任は避けられない。安倍内閣を倒すところまでいくかどうか?」と考えていたのだけど、結果は大失敗。
野党のクリティカル なオウンゴールに終わる。

「麻生大臣が辞任するまで、国会審議には応じられない!」と言ったはいいけど、希望の党の玉木代表は、親から「そろそろ(国会に)出たほうがいい」とさとされる始末。

産経新聞の記事(2018.5.5)によると、他の野党議員も困っていた。

「審議を通じて真相を明らかにしてほしい」「ずっと審議拒否していると国民に忘れ去られてしまう」 民進党の若手参院議員は大型連休中、支持者からそうした苦言を伝えられたといい、「日程闘争をしていても仕方ない。追及の材料を得ても審議をしなければ意味がない」と漏らす。

別の民進党若手も「後援会幹部に『ずる休みのイメージはよくない』と繰り返し言われる」と明かした。

「親から『そろそろ国会に出ろ』と…」 “17連休”の6野党、批判に耐えかね審議復帰へ

 

日経新聞の世論調査では、野党の審議拒否を「適切でない」と答えた人は64%で、多くの国民はこの戦術的パフォーマンスに批判的。

審議拒否を「職務放棄」や「ずる休み」と見た国民が多い。
このパフォーマンスはまったく通じなかった。

 

野党が国会に出てこなかった間、テレビの画面には、質問者のいない国会のがら~んとした様子がず~っと流れていた。
与党議員が腕を組んで座っているだけで、何も始まらない進まない。
ただ、むなしい時間が過ぎていくだけ。

もちろんこの「国会空転」も与党のパフォーマンスなんだろう。

で、そのパフォーマンス合戦は野党の負け。
「zakzak」の記事(2018.5.9)から。

いわゆる野党6党は、前代未聞「18連休」もの職場放棄を続けたあげく、8日午後の衆院本会議から審議に復帰した。
復帰条件としていた「麻生太郎副総理兼財務相の辞任」などは通らず、成果「ゼロ」の惨敗というほかない。

野党が「18連休」でやっと審議、成果「ゼロ」の惨敗 朝日新聞まで猛批判

 

野党の欠席作戦は、ぼう大な金と時間の消費に終わった。

「朝日新聞まで猛批判」とあるように、いつもは野党にやさしい朝日新聞も、ことのきはさすがにあきれた様子だ。

空転国会 折れた野党」
「満額回答にほど遠い」
「国会の正常化は、与党ペースで決着した」

と「結局、野党は何をやってたんだぜ?」という調子で書く。

読売新聞も「野党 欠席戦術に限界」と批判する。

 

審議に戻ったら戻ったで、野党はこのときのことを揶揄(やゆ)される。

fnnニュース(2018年5月26日)から。

自民・小泉 進次郎筆頭副幹事長は「野党の皆さん、18日間でしたっけ。国会を休まれて。それで、質問時間が足りないというのは、まずどういうことなのか」と述べた。

注目の「働き方改革法案」 野党反対も委員会で可決

 

結局、18日の審議拒否とは何だったのか?

安倍政権を倒すことも、麻生大臣を辞任に追い込むことすらもできなかった。
一時は20%台にまで落ち込んだ政権支持率も、最近は回復傾向にある。

それでも、モリカケ問題で国民の7割は総理の説明に納得していない。
安倍政権を信頼していない国民は多い。

そんな状況でも野党は支持を集められず、新潟の選挙で敗北してしまう。
チャンスをいかせず、自滅した。

この間、野党議員は「MeToo」や日大アメフト問題を安倍政権に重ねて批判していたけど、これも効果と呼べるほどのものはなかった。

いまの国民に、パフォーマンスはもう通じない。

 

 

なんで政治パフォーマンスは通じなくなったのか?

その大きな理由はネットでしょ。

報道研究者の米重克洋氏が行った調査によると、今回の新潟知事選では、若い人たちとお年寄りの間で支持傾向がハッキリ分かれている。

年代別に見ると、60代から80代までの世代では池田氏への支持が上回る一方、20代から50代までの世代では花角氏への支持が上回っている。

「新潟県知事選 池田氏と花角氏横一線 終盤までもつれる大接戦に=JX通信社 独自情勢調査」

 

若い人が与党を支持して、お年寄りが野党を支持していたことは、去年の衆議院選挙でも同じ。
ネットを使う人たちは、特定の新聞やテレビから情報を得ている人よりも、接する情報の種類が違う。

例えば、産経新聞と朝日新聞では、価値観や考え方が大きく違う。
いろんなマスコミや個人が発信する情報に接している人は、それぞれを比較することができる。
だから政治パフォーマンスに対しても、いろんな角度から見ることができるから、それに動かされにくいのだと思う。

 

言い替えれば、マスコミの影響力が低下したということでもある。
2000年の「神の国解散」のときの日本なら、新潟知事選の前に、安倍政権はつぶされていただろう。

いろんな問題があるにもかかわらず、安倍政権に国民の支持が集まっている。
ジャーナリストの田原総一朗氏も、その理由が理解できない。

しかし、それでもなぜ国民は、安倍内閣を支持するのか。僕の長いジャーナリスト人生でも、これだけ問題山積みの内閣が、支持率を下げるどころか、上げるなんてことは初めてだ。

与党も野党もメディアも、この初めての状況に、とまどっている。

ついに支持率が上がりはじめた安倍内閣、何が起きているのか?

 

この理由は一つや二つではない。
ただ、安倍内閣を支持するというより、「パフォーマンスで訴える野党が信頼できない」ということは大きいはず。

安倍政権を倒すのはいいけど、その後、日本はどうなるのか?
日本を安心してまかせられるイメージを、野党は国民に伝える努力をしてほしかった。

 

今回の知事選の結果には、ヤフコメの「野党はなぜ国民に支持されなくなったのかを考えるべきだ」に本当に多くの同意が集まっている。

 

国民は、政権批判のネガティブキャンペーンに飽き飽きしている。
それが今回の選挙結果にも表れた。

だから野党はしっかり対案や政策を出して、国民にアピールしてほしい。
でないと、安倍政権の隠ぺい体質じゃなくて、野党の「政権批判ばっか」の態度が民主主義を崩壊させてしまう。

 

よかったら、こんな記事もどうぞ。

韓国紙「支持率は地獄の入口」。安倍首相を支えているのは誰?

韓国(釜山)の少女像を誤解し涙を流す日本人→安倍政権批判へ

変わる日本人①田原総一朗さんの謎「なぜ政権支持率が高い?」

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

移民毎年20万人受け入れ? 多文化共生社会を考えましょ「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。