日本と中国の違い②猿まねではない3つの理由!科挙・道教・名前

 

はじめの一言

*日露戦争の日本の勝利について
「私はいまでも、日本の勝利のニュースが伝えられるたびに味わった、あのときの感激をまざまざと思い出す(ネルー)」

「日本賛辞の至言33撰 ごま書房」

 

 

今回の内容

・日本は猿まねの国?
・名前
・科挙
・宗教

 

・日本は猿まねの国?

「日本にあるものは、中国のコピーですよ」

西安に行ったときに、中国人のガイドさんがそんなことを言いやがった。
そういや、前に会った日本人の旅行者もこんなことを言っていたのを思い出した。

「日本は結局、猿まねがうまいだけの国だよ」

猿まねだと?

さる‐まね【猿真▽似】

猿が人の動作をまねるように、考えもなく、むやみに他人の真似をすること。

(デジタル大辞泉)

 

そう?
日本って猿まねの国なのかな?

ちがいます!
「考えもなく」まねたらそれは猿まねだろうね。
でも、日本は唐からちゃ~んと考えてまねて(学んで)たから。

奈良・平安時代の日本は、主体性があった。
「唐にあるものは全部良いものだ」と、むやみに取り入れていたわけじゃない。
唐にあった制度や文物の中から、「日本に合ったもの」や「日本にとって必要なもの」をよ~く選んで受け入れていた。

 

日本が取捨選択をしていて主体的に取り入れていたことが、猿まねじゃない理由。
「日本が唐から何を取り入れたか?」は以前の記事で書いたから、今回は日本が取り入れなかったことを3つ紹介します。

日本人が「これは日本には合わないな」「これはイヤだな」と思ったことを知ることで、日本がどういう国か分かると思う。
猿まねの国じゃないってこともね!

 

001029

紫禁城

 

1、名前

中国(唐)から学んでいたのは日本だけじゃなかった。
当時は新羅(韓国)も唐から学んで、いろいろなものを取り入れていた。

でも、その取り入れ方が日本とはちがう。
新羅の場合は、文明の中心である中国(唐)に近づこうとしていたようにみえる。
簡単にいったら、新羅は自国を「中国風」にしていた。

 

たとえば、名字を中国式に変えている。
今の韓国人は、「李」や「金」など漢字1字の名字がほとんど。
この中国人風の名字なったのは、7世紀ごろに新羅が中国式の名字を採用してから。

現在、使われている中国式の姓が一般化してきたのは、中国から漢字が導入され、定着してきた七世紀以後と考えられている。

実際に、朝鮮半島で姓が生まれたのは、統一新羅時代になったからである。統一新羅の王族、貴族が中国・唐の文化を取り入れるなかで、中国式に姓をもつようになっていったのだ

(人名の世界地図 文春新書)

 

日本は唐からいろいろなものを取り入れたけど、名前を中国式にはしてはいない。

 

枯山水の庭も中国にはない。
日本独自のもの。

 

2、科挙

さらに新羅は唐の科挙制度を取り入れたけれど、日本はそれも取り入れていない。

科挙《唐》

科目試験による官僚登用制度。隋の制度を継承したうえ、唐は科目として進士のほか秀才・明経などの諸科を設けた。

(世界史用語集 山川出版)

 

この科挙に受かれば国の役人になることができるから、今でいう「国家公務員試験」のようなもの。

上の文に「秀才」という文字が見えるよね?
以前の記事でも書いたけど、今の日本で「頭がいい人」の意味でつかう「秀才」という言葉は、ここから生まれているらしい。

秀才

2 中国で、科挙の試験科目の一。のち、科挙に応じる者および合格者をさすようになった。また、明・清時代には府・州・県学の在学生を称した。

3 律令制の官吏登用試験科目の一。また、その試験に合格した者。(デジタル大辞泉)

 

科挙試験の科目の名前であり、その試験に合格した人を「秀才」といったらしい。

 

韓国は科挙を取り入れた。
科挙試験に受かった人は両班という特権階級になった。

 

3、宗教

日本が受け入れなかったのは、他にも宗教がある。
唐では、道教を国の宗教にしていた。

この理由の一つは、「名字」にある。
唐を建てたのが李世民で一族は、「李氏」。
で、道教を始めた人をたどっていくと老子にいきつく。
この老子の名字が「李」ということで、同じ「李氏」になる。
これが、唐の皇帝が道教を国教にした理由の一つらしい。

 

唐の玄宗皇帝は、「道教を日本に持って行きなよ」と遣唐使にすすめたらしい。
こんなカジュアルに言ってはないだろうけど。
でも、日本人はそれを断ったという。
日本には必要ないからだろう。

 

韓国でも道教を取り入れたとは聞いたことがない。
その意味では、韓国も中国の猿まねではなかったと思う。
ただ、ムーダンの儀式のなかには道教の要素がある。
ムーダンの護符は道教の護符とそっくりだし。

 

ムーダン

 

日本は、道教の言葉なら取り入れている。
「天皇」という言葉は道教の用語だといわれている。

天皇

大王に代わる君主号。推古朝頃に成立とする説もあるが、律令制が急速に整備され、君主が神格化される天武・持統朝頃、道教の神、天皇大帝に由来するという天皇号が採用され、飛鳥浄御原令で正式に規定されたする見方が有力。

(日本史用語集 山川出版)

 

もちろん道教の用語を使っているだけで、天皇大帝という神と日本の天皇とはまったく別の存在。
日本人が天皇という言葉を選んだのだろう。

 

 

ということで、どうだろう?

何を選んで何を捨てるかを判断していれば、それは猿まねではない。
日本は「唐にあるものなら何でも取り入れようとした」というわけではなかった。
日本人が取捨選択をしていて、日本や日本人に合ったものだけを取り入れている。
盲目的ではなくて、あくまで主体的。

だから、日本は猿まねの国じゃないよ~。

 

 

旅行に出かける予定はありませんか?
旅のプロがあなたに最適のプランを提案させてもらいます。
もちろん無料ですよ。

 

宿探しはブッキングドットコムからどうぞ。
大体ここが最安値なので、ボクがホテルを探すときはまずここをチェックします。

ここから予約をしてくれると本当に助かります。

 

こちらの記事もいかがですか?

中国を知ろう! 「目次」 ①

歴史の違い。日本にあって韓国や中国にないもの。幕府と天皇!

「日本」カテゴリー目次 ⑤ 韓国や中国から知る日

外国人から見た日本と日本人 日本を知る15の言葉 ⑩

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。