米の人種問題①黒人ラッパーの「奴隷はチョイス」に批判殺到。

 

1か月ほど前、世界的に有名なアメリカのラッパー、カニエ・ウェストが奴隷制度について言ったことが大騒ぎになった。

でもその言葉のまえに、「カニエ・ウェストってだれ?」という人のために簡単に説明させてほしい。

カニエ・ウェストはアメリカを代表する黒人ラッパー(ミュージシャン)。
2016年までにグラミー賞に57回ノミネートされ、21回受賞している。

2000年に、「カトリーナ」と呼ばれる大型ハリケーンが発生して、アメリカ南部に大きな被害を出したときのこと。
ウェスト氏はテレビの生放送中に、「ブッシュ大統領は、黒人のことは何も考えていない」と当時のアメリカ大統領を非難して、大きな問題になった。

でも、そこはラッパー魂(?)で、問題視されたこの言葉で曲をつくってしまう。

The politically charged song is a response to the Bush administration’s heavily criticized response to Hurricane Katrina. Its title comes directly from a statement Kanye West made on U.S. national television.

George Bush Doesn’t Care About Black People

こんなウェスト氏が発した一言が、また大きな問題になってしまった。

 

 

自身も黒人である蟹江市は、いや、カニエ・ウェスト氏は、アメリカメディア「TMZ」とのインタビューで黒人奴隷が「チョイス(選択肢)」であったと言う。

この「チョイス」発言に、黒人の番組スタッフが激怒する。
ウェスト氏に「何を信じてもいいけど、物ごとには事実がある。君が言ったことには重大な結果がともなう」と真剣な顔で言う。
そして、「ガッカリした!信じられないほど傷ついたよ!」と非難する。

この言葉をどう受け止めていいのか分からない表情で、ウェスト氏はあごに手をあてて話を聞いている。

その様子がTMZのツイートにある。

 

アメリカで奴隷制度が400年も続いていたことに対して、ウェスト氏は「that sounds like a choice(それは1つの選択のようだ)」と言っている。

でも、それはちがう。

黒人は自由意志で奴隷になったわけではない。
動物のようにとらえられ、船で運ばれて奴隷にさせられたのだ。
奴隷という生き方をチョイス(選択)したのではなくて、強制的にそうさせられていた。

だから、このチョイスという言葉には批判が殺到。
世界中のメディアがこの発言を報じて、大きな騒ぎになった。

 

これにあわてたウェスト氏は発言を修正する。
黒人奴隷は自由意志でアメリカに来たわけではなくて、自分たちが「精神的に奴隷にされていた」ということを言いたかったのだと説明した。

「George Bush Doesn’t Care About Black People(ブッシュ大統領は、黒人のことは何も考えていない)」の一言で批判をあびたときは、それを曲に変えることができたけど、さすがに「奴隷はチョイス」はムリ。
ラッパー魂があっても、どうすることもできない。
アメリカ社会でこの発言は受け入れられない。

 

そんなアメリカではむかし、黒人奴隷はどのような状態にあったのか?
また、いまのアメリカ社会は奴隷制度について、どう考えているのか?

次回、そのことを書いてきます。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

「黒人ウザイわ」。差別ツイートに見る日本社会の黒人への見方

日本とアメリカの違いは人種問題:御社で白人と黒人の割合は?

黒人の人種差別問題⑥アメリカの「奇妙な果実」って知ってる?

アメリカの人種差別⑦NYは肌の色で警官に射殺される確率が違う

アメリカ 「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。