動画で英語を学ぼう 229 日本人サポの行動に世界の反応は?

 

ロシア・ワールドカップでは、日本の選手もサポーターもがんばっています。

試合後にゴミを拾う日本人サポーターの姿は、「#Respect」のハッシュタグがつけられて、世界中に拡散されています。

これを見た外国人の声をひろってみました。

RT#Respect: Japan & Senegal fans clean stadium after their teams’ World Cup matches

*これは、「いっしょに英語を学びましょう!」というスタンスです。
英文を日本語にしてみましたが、本当に正確な日本語訳はお近くの英語マスターに聞いてみてください。
外国人が書きこんだコメントですから、必ずしも、日本の教科書にあるような正しい英文とは限りません。
主語や「’」なんかはよく省略しています。
でも、意味は通じるはずです。

 

・これだから私は日本人が好き 😊😊

This why I love Japanese 😊😊

・彼らは勝ったときだけ掃除するの?

Do they clean only when the win?

・世界の他のほぼすべての国が、これから学ぶことができると思う。

I think almost every other country in the world can learn from this.

・インド人がこれを見ていることを願ってる。

I hope Indians are watching this.

・日本はキレイなことで有名だ。

Japan is famous for its cleanliness.

・チュニジア人のファンもあれをやった 😑

Tunisian fans did that too 😑

・日本・・・彼らの国がとても清潔であることは疑いようがないな。

Japan.. no wonder their country is clean as a whistle.

・日本人はこうしたことでよく知られている。

Japanese are well known for this kind of thing.

・イギリス人のファンにこれを期待するなよ。
彼らは試合の後、スタジアムを燃やしてしまう・・・。

dont expect this from english fans.
they will burn the stadium down after the match…..

・メキシコであれを見られないよ。

you wouldnt see that in mexico.

・日本人はこうすると思っていた。でも、セネガルの人たちには驚いた。

I expected the Japanese to do this but Senegal folks surprised me.

・日本対セネガル戦の後、スタジアムがどれだけきれいになるか想像してみよう。

Just imagine how clean the stadium will be after the Japan v Senegal game

・日本がとても成功した主な理由のひとつが、この態度だよ。

This attitude is one of the major reasons Japan is so successful.

 

 

今回の記事で「役に立てそうなものがあったよ!」と思ったら、下のボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村 英語ブログへ

 

こちらの記事もいかがですか?

英会話 目次 ①

英会話 目次 ②

 

2 件のコメント

  • 日本人全体がこういうわけではないんで,ちょっと面はゆいところはあります。
    なによりも一過性でなく習慣化した日本人サポーターの方々が素晴らしいです。継続は力なりですから。

    clean as a whistle って意味が分からず調べてしまいました。
    なんでホイッスルなのかいまだにわかりませんけど。

  • これも日本の教育の成果ですよ。
    でも、海外の人が「日本人ならこれがあたり前」と思うと、プレッシャーになってしまいますけど。
    偶然ですね。
    ボクも、なんでホイッスルなのかが分かりませんでした。
    こんな英語表現があることを初めて知りました。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。