W杯!ベルギーの食文化:チョコ・ワッフル・ビールの由来など。

 

前回、タコの「ラビオ君」のことを書いた。

ラビオ君は、W杯・日本のグループリーグ3戦の試合結果をすべて的中させ、「ノストラダムスの再来」と言われたタコ。

でも、今日のベルギー戦を前にして、出荷されてしまう。
その映像がテレビで流れ、日本中が悲しみでつつまれた。

そんななか、干されるラビオ君を見た人がピアスを作成している。

 

これを「buzzfeed」が記事にする。

いずれにしても初代ラビオ君の姿を見ることはもうないのか…と思っていた矢先。海洋生物をモチーフにアクセサリーなどを制作しているJadeさん(@jad_ko)が彼を蘇らせたのです。

W杯「全試合的中」のタコ、出荷済みってマジかと思ったらピアスになって蘇った

 

でもこのニュースに、ネットの反応はあまり好意的ではない。

・なんなのこれ誰の発想だよ
・食べ物で遊ぶな
・海に放すという恩赦は無いんだな。容赦なくてワロw
・いや道民から見てもあのタコの扱いは普通にサイコパスだろ
組合がサイコパスなだけなのに道民全体に話を広げるのは迷惑だぞ
・画像見たら 引いた
・キリスト教が生まれたときって、こんな感じの流れだったのかな。
なんかスゲーやつがいる→殺される→みんな悲しむ→神とされる
・鳥肌たってきた。こんなリアルなタコ作んなよ
・ラビオの呪い
今後日本は一生決勝ステージを勝つ事が出来ない

 

こんな感じで、いまの日本はベルギー戦で盛り上がっている。
「バスに乗り遅れるな!」ということで、前回に続いて、今回もワールドカップの便乗記事。
ベルギーについて理解を深めよう。

前回は、ベルギーの観光地・日本との関係・歴史を簡単に紹介した。
今回は、食文化について書いていこうと思う。
ベルギーで有名なチョコレート・ワッフル・ビールの由来などを知っていきましょう。

 

 

まずはベルギーのチョコレート。
日本でおなじみのゴディバも、ベルギーのチョコ。

ベルギーのフランダース地方には、世界的に知られたチョコレートの製造元がある。
このことから、「チョコレートの首都」なんて呼ばれている。

なんでベルギーのチョコはこんなに有名になったのか?

その理由は、ヨーロッパのアフリカ植民地支配に関係している。
「アフリカ分割」は高校世界史で習う重要なことだから、覚えておこう。

1870年代のイギリスによるエジプトの支配に始まり、フランス、ポルトガル、ドイツ、イタリアによって帝国主義的分割が進められ、ベルギー国王のレオポルド2世によるコンゴ領有を機に、1884~85年にドイツのビスマルクが提唱したアフリカ分割に関するベルリン会議が開催され、列強の利害が調整された。

アフリカ分割

 

アフリカ分割によって、コンゴはベルギーのものになった。
コンゴでカカオ栽培をすることによって、ベルギーは質の良いカカオを手に入れることができた。

でも、コンゴはあまりカカオ栽培に適していない。
だから、ベルギーに運ばれるカカオの量も十分ではなかった。
それでベルギーは、他のヨーロッパの国からカカオを仕入れていた。

結果的に、ベルギーではいろいろな味のカカオを比較して使うことができ、ベルギーチョコの質が高まって行く。
それで「ベルギーのチョコ、ハンパないって」という評判が広がっていく。

そんなことで、いまでは「チョコレートの首都」という名声を獲得するにいたった。

 

 

次はワッフル。

ドイツ語で、ハチミツがいっぱいのハチの巣を「wafel」と言った。
これがワッフルの語源になっている。
上の写真を見ると、たしかにハチの巣みたい。

ちなみに、「wafers(ウェハース)」とwafelは語源が同じ。

このワッフルはキリスト教の修道院で誕生する。
*ゴーフルはフランス語でワッフルのこと。

あらゆる文化の庇護(ひご)所であった修道院では,はちみつと小麦粉やライ麦粉を練り合わせて焼く菓子〈レープクーヘンLebkuchen〉,ミサに用いられるホスティア(聖餅)から生まれた〈ゴーフル〉(ワッフル)など,中世を通じての代表的な菓子が発達した。

世界大百科事典内のワッフルの言及

その後、宣教師によってヨーロッパ各地に伝わったといわれる。

 

 

最後はベルギービール。

ベルギービールも修道院の修道士によってつくられたという。
国王がビール作りをすすめたこともあって、ベルギービールが発達した。
ベルギーは緯度が高い。
だから、良いブドウがあまりとれず、ワイン作りには向いていなかった。
ベルギーでビール作りが広がった背景には、そんな事情もある。

日本でもベルギービールを愛する人は多い。
それで日本では「ベルギービールウィークエンド」というイベントが開かれている。
入場するだけなら無料。
今年はもう終わってしまったから、来年は、雰囲気だけでも味わってみよう。

でも、今夜ベルギーが日本に勝ちやがったら、国産のビールを飲むことにしよう。

 

 

旅行に出かける予定はありませんか?
旅のプロがあなたに最適のプランを提案させてもらいます。
もちろん無料ですよ。

 

宿探しはブッキングドットコムからどうぞ。
大体ここが最安値なので、ボクがホテルを探すときはまずここをチェックします。

ここから予約をしてくれると本当に助かります。

 

よかったら、こんな記事もどうぞ。

旅行・歴史雑学:ヨーロッパ主要国が誕生した時代ときっかけ。

なんでイギリス人はみかんを「サツマ」と呼ぶの?②薩摩藩と英の「薩英戦争」

スペインの基礎知識!歴史やアラブ(イスラム)文化の影響

カテゴリー: ヨーロッパを知りましょ!

「らいおんハート」の意味とは?イギリスの王様と英仏の関係

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。