W杯・日本代表の「時間稼ぎ」、日本人と外国人の評価は?

 

今さらですか?
今さらですよ。

今回の記事は、W杯1次リーグの「日本 vs ポーランド戦」の話。

日本代表は0-1でポーランドに負けたのだけど、試合の終わらせ方がまずかった。
ラスト10分間が、悪い意味で世界の注目を集めてしまう。
日本はパスを回すだけで、ポーランドに攻め込もうとしない。
そんな無気力なまま、試合は終了。
結果的に、日本は決勝トーナメントに進むことができた。

この日本代表の時間稼ぎに、ネット上では「あれは戦術だ」「いや、あの勝ち方は卑怯だ」と評価が分かれた。
掲示板ではいまでも議論をしている。

今回の記事では、日本代表のプレー(時間稼ぎ)に対しての日本人と外国人の見方を紹介しようと思う。

 

 

「日本 vs ポーランド」戦の試合終了直後、yahooでアンケートがおこなわれた。
結果はこんな感じ。

 

ほとんどの国民が日本代表のパス回しに不満を感じていた。

ネット掲示板でも、日本代表の選択には賛否が分かれる。

〇賛成派

・コレやんなかったら更に失点して終わってたの解らないのかw
・ルールにのっとった立派な戦術
・まあ、批判は覚悟の戦術だから好きに言っとけば。
・時間稼ぎは、日本と同じような立場になればどの国もやると思う
ヨーロッパ、特に南米の国なら絶対にする
・これを批判するヤツはサッカーを知らない人間だけ

〇反対派

・日本人は卑怯な試合は絶対してほしくなかった
残念でしかたないよ
・最後はコロンピア頼りってどうよ?
・日本人世界中から嫌われだしてワロタwwwwwwww
・恥さらしジャパン
・日本人の自尊心崩壊w

〇その他

・サムライジャパン → ニンジャジャパン 名称変更かい
・これで決勝Tの一回戦何が何でも勝たないと本当に日本サッカー終わるぞ
・ドーハの悲劇
マイアミの奇跡
ジョホールバールの歓喜
プレトリアの死闘
ボルゴグラードの忖度(←New!!
・いままで無駄だと思われ言われてたフェアプレーのサッカーがまさかこんなところで生きるとはなぁ

 

ボクの立場はというと、日本代表の選択を支持している。
日本は反則をしたわけではない。
パス回しで時間を使うことは、決められたルールのなかでのこと。
こういう勝ち方は恥ずかしいかもしれないけど、卑怯なことではない。

 

上のアンケートから約12時間後におこなわれたアンケートでは、評価する人が半分ぐらいいる。
時間がたつと、支持派が増えていた。

 

 

海外の人たちは、日本の時間稼ぎをどう思ったか?
FIFAの公式動画に寄せられたコメントを見ていこう。

Japan v Poland – 2018 FIFA World Cup Russia™ – Match 47

 

thats totally a fair strategy, idk why everyone is complaining.
「あれは完全にフェアな戦術だよ。なんでみんなが不満を言っているのか分からない」

It’s not cheating. It’s weighing all your options and choosing what is best for you.
「卑怯ではない。すべての選択肢をよく考えて、自分にとって最高のものを選んでいるんだ」

 

こんなふうに日本を支持するコメントがあった。
でも、それは少数。
やっぱり、日本を批判する声のほうが多い。

worst match.shame on poland,japan.
「最悪の試合。ポーランドと日本は恥を知れ」

I love Japan…..but this game was very shame……I think japanese know the fact.
「ボクは日本が好きだけど、この試合はとても恥ずかしかったね。日本人がそのことを知ってると思う」

Were are the honor Japan???
「日本の名誉はどこへ行ったんだ??」

this game was so sneaky.
「この試合はとても卑怯だった」

 

うっ、日本人としては辛くなる。
でもこれが現実だから、仕方ない。

これ以上のコメントは下の記事をご覧ください。

動画で英語を 235 W杯・日本 vs ポーランドに世界の反応は?

 

 

ちょうど今日(2018年07月04日)、読売新聞の社説でこのときの時間稼ぎに触れていた。

ポーランド戦では、負けていながら得点を狙わず、パス回しで時間を稼いだ。(中略)批判はあったものの、勝ち進むことを最優先した監督の現実的な判断だったと理解できる。

ベルギー戦で、選手たちは不完全燃焼だったポーランド戦のうっぷんを晴らすプレーを見せた。

「W杯日本奮闘 念願の8強へ手が届きかけた」

 

日本のワールドカップが終わったいまでは、この意見が一番多いと思う。
あれは戦術で、現実的な判断だった。
その結果としてベルギー戦を観ることができたのだから、あの判断を支持する人が多いだろう。

すべての評価は現時点のもの。
その後の結果しだいで、評価はいくらでも変えることができる。
このことは覚えておいていい。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。