サウジアラビアの特徴:国旗や厳しいイスラム教、ポケモン禁止


 

始めの一言
「ああ日本、その国こそは、私がその国民と結んだ交際並びに日夜眺めた荘厳な自然の光景とともに、永く愉快な記憶に残であろう。
(カッテンディーケ 江戸時代)」「日本絶賛語録 小学館」

 

IMG_7299

 

今回の内容

・同じだけど違うイスラーム教
・サウジアラビアという国について
・イスラーム教が超厳しいサウジアラビア

 

・同じだけど違うイスラーム教

前回、イスラーム教で偶像崇拝が禁止されている理由について書いた。
それが、アッラーの神聖をけがすことになるから。
もちろん、世界中のイスラーム教徒は偶像崇拝が禁止されいる。

 

でも、偶像崇拝の解釈が場所によって違う。
今話題になっているポケモンを例にとると、サウジアラビアではポケモンが禁止されている。
その理由の1つは、ポケモンGOが偶像崇拝につながるから、ということらしい。

 

まず、その一つが、ポケモンはイスラム教で禁止されている「偶像崇拝」にあたるからだというのです!

サウジアラビアにポケモンのカードを持って入国すると逮捕されちゃう!?

 

でも、友人のインドネシア人のイスラーム教徒にきくと、インドネシアでは問題がないという。

同じイスラーム教徒で共にクルアーン(コーラン)を聖書としている。
けれど、このように、あることがらに対して「ダメ」というところと「問題なし」というところがある。

今回と次回で同じイスラーム教でも、地域によって違いがあるということについて書いていきたい。

アラビアのイスラーム教と東南アジアのイスラーム教の違いについて。

 

001082

パキスタンのモスク

 

・サウジアラビアという国について

まず、サウジアラビアとは、本当に変わった国らしい。

サウジアラビアという国は特異な国としか言いようがない。
何よりも、国連加盟国の国々の中で、その国名に、ある一族がある地域を所有することを明言した表現を採用している国はない。すなわち、アル・サウード家のアラビア、つまりサウード家という一族がアラビアを所有するという意味がサウジアラビアなのである。
(サウジアラビア現代史 岡倉徹志)

 

つまり、サウジアラビアという国名には、「サウード家のもの」という意味がふくまれていることになる。

「サウード家によるアラビアの王国」を意味する
(ウィキペディア)

確かに、こんな国はないだろうなあ。

 

国旗も変わっている。

国旗がまた独特だ。地には緑一色を配し「アッラーの他に神はなし。ムハンマドはその使徒なり」と白い文字で記したアラビア語と聖地を守るアラビアの長剣をあしらっている。
(サウジアラビア現代史 岡倉徹志)

 

750px-Flag_of_Saudi_Arabia_svg

サウジアラビアの国旗(ウィキペディア)

 

・イスラーム教が超厳しいサウジアラビア

イスラーム教を信仰している国の中でも、特に厳しくイスラーム教の教えを守っているのは、きっとサウジアラビア。

サウジアラビアは、イスラーム教にとっては最高の聖地。
イスラーム教第1の聖地「メッカ」と第2の聖地「メディナ」があるからね。
そんなサウジアラビアは、イスラーム教の戒律がとても厳格に守られている。

 

ある日本人がサウジアラビアに人形を持ち込もうとしたところ、空港で「これは偶像だから」と人形の首を切られたという。
首を切断した人形なら持ち込んでもOKらしい。
これは、20年以上前のことだから、今は分からないけどね。
偶像については、「こんなデモは、サウジアラビアでしか起こらないんじゃないかなあ?」と思うようなデモが1965年に起きている。
それが、テレビ局を開設することに反対するというデモ。

テレビ局開設に反対するイスラーム原理主義グループが首都リヤードでデモを行いファイサルの政策に異を唱えた。
(サウジアラビア現代史 岡倉徹志)

 

テレビ画面に人が映るというのは、イスラーム教で禁止している「偶像」になるため、テレビ局を開設することに反対するデモを起こしている。
こんな理由でデモが起こる国は、サウジアラビアぐらいじゃないかな?

 

雪ダルマすらも「偶像」になって、イスラーム教の考えに反してしまうからダメらしい。
だから、サウジアラビアのイスラーム教徒が北海道に旅行に行ったとしても、雪ダルマをつくることはできないんだろう。
宗教上の理由で雪ダルマがつくれないというのも、日本の感覚からしたら不思議だ。

 

001056

エジプトの壁画

 

こんな国だったら、「ポケモンはダメ」というのは十分、ありえることなんだろうな。

でも、サウジアラビアでは人形を売っているらしい。
ポケモンや雪だるまがダメで、なんで人形がいいのか?

そこらへんの基準が、異教徒のボクにはよく分からない。

次回は、東南アジアのイスラーム教について。

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

イスラム教を知ろう! 「中東・イスラム」カテゴリーの目次① 

イスラム教を知ろう! 「中東・イスラム」カテゴリーの目次②

日本の「kawaii(かわいい)文化」!海外の反応は?由来は?

海外に広がる日本文化(国際化)③中国やタイで見たアニメ・相撲

外国人から見た日本と日本人 日本を知る15の言葉 ⑩

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す