W杯マラカナンの悲劇・ブラジル代表ユニが黄色の”悲しい理由”

 

2018年のサッカーW杯はフランスの優勝で終わった。
するとフランスでは、狂気の大騒ぎが始まった。

パブリック・ビューイングで約9万人がフランスの優勝を目撃する。
その瞬間、よろこびが爆発。

酒のせいもあると思うのだけど、一部のフランス人が暴走する。
警察が出て来て、放水銃や催涙ガスを浴びせて暴徒を鎮圧。
さらに商店の窓をたたき割って、略奪を始める人間も出てきた。

パリは燃えているか?

服をすべて脱ぎ捨てて全裸になって歩く人や、よろこびのあまり、運河に飛びこんだ50歳の男性もいた。
でも不幸なことに、この運河は水深が浅い。
この男性はクビの骨を折って、帰らぬ人になってしまった。

くわしいことは、スポニチアネックスの記事(2018年7月16日)をご覧ください。

W杯優勝でフランス国内は騒然 略奪 泥酔 全裸 死のダイブなど各地で混乱

 

狂喜乱舞のフランスに日本のネットの反応は?

・優勝したら犯罪増えるてヤバイよなw
・渋谷とかかわいいもんね
・同じこと日本がやったら世界の恥とか言うくせにw
・運河悪い
・フランス人も大阪人みたいなのいるんやなw
・猛虎魂を感じる
・水深もわからんのに飛び込む50歳・・・
フランス人は知的でクールな個人主義者の集まりだったハズだが
・カーネルサンダース像を放り込むぐらいにしておけばよかったのに

 

日本がワールドカップで優勝したら、想像がつかないけど、きっととんでもないことになる。
でも、商店の窓をたたき割って略奪を始める人間はいない。
運河に飛びこんで亡くなる人は出るかもしれない。

海外の反応を見ていると、外国人は日本人よりも喜怒哀楽をハッキリ表す。
それだと、負けたときが大変だ。

「山高ければ、谷深し」

試合前の期待が高いほど、敗戦の衝撃は大きい。
1950年の「マラカナンの悲劇」がまさにそれ。

これはブラジルサッカー史上最大の事件で、ワールドカップの歴史でも、最大の悲劇に数えられる。

 

 

ワールドカップ・ロシア大会の準々決勝で「ブラジル vs ベルギー」の試合が行われる前、知り合いの日系ブラジル人の女性がSNSにこんな書き込みをしていた。

話すとき、考えるとき、夢の中は全部日本語なのにブラジル🇧🇷を応援するときはポルトガル語になる!ヴァーイ ポーハー!

 

この人は日本人男性と結婚して、日本には15年以上住んでいる。
ふだんは日本語しか使わないから、「ポルトガル語をどんどん忘れて困ってる」なんてグチをこぼしていた。

それでもやっぱり、セレソン(ブラジル代表)を応援するときは自然とポルトガル語になるらしい。
日本にいても、流れる血がそうさせる。

でも残念ながら、試合はブラジルの負け。
その人のSNSもしばらく沈黙していた。

ブラジルの悪夢「マラカナンの悲劇」を聞いたのはこの人から。
その後のブラジル代表の変化も。

 

ブラジル代表のユニフォームといえば、なんと言っても黄色のカナリア色。
黄、青、緑、白の色はブラジルの国旗にちなんでいる。

 

 

「マラカナンの悲劇」のマラカナンとは、ブラジル・リオデジャネイロにあるサッカースタジアム(エスタジオ・ド・マラカナン)のこと。

1950年7月16日、ここで起きた出来事にブラジル人が打ちのめされる。

このときのワールドカップは地元ブラジルで開催されていた。
開催国での初優勝をめざして、ブラジル代表は順調に勝ち進んでいく。
そして、ウルグアイに勝つか引き分ければ、ブラジルの優勝が決まるところまで来た。

ブラジル対ウルグアイの試合を観るために、マラカナンスタジアムに駆けつけた人の数は約20万。

大観衆の前で、ブラジル代表は後半開始2分に得点を決める。
その瞬間、巨大なマラカナンスタジアムが揺れた。

 

でもウルグアイは同点に追いつく。
さらに後半34分に逆転ゴールを決めて、試合は終了。
ブラジルはまさかの逆転負け。
優勝したのはウルグアイ。

このとき、フランスの優勝騒ぎとは反対のことが起きた。

会場は水を打ったように静まり返り、自殺を図る者まで現れた。結局2人がその場で自殺し、2人がショック死、20人以上が失神し、ブラジルサッカー史上最大の事件となった。

マラカナンの悲劇

 

この試合まで、ブラジル代表は白を基調としたユニフォームを着ていた。
でもこの事件を忘れるために、ブラジルは白を封印し、代表ユニフォームを黄色に変更した。

ブラジル代表の着るカナリア色には、悲しみがこもっている。

 

その試合の様子

Uruguay Football の Last minute of 1950 FIFA World Cup final. Brazil vs. Uruguay. (English Subtitles)

 

この動画のコメント欄にはこんな書き込みがある。

One of the famous moments in football and sport history.
「サッカーとスポーツの歴史上、もっとも有名な瞬間の1つだ」

No question about it.
「間違いない」

I remember that day I was 2 years old
「あの日を覚えているよ。ボクは2歳だった」

 

おまけ

サッカーで日本がどこかの国と戦うとき、ブラジル人はほとんどの場合、日本を応援するらしい。
というのは、ブラジルで日本人(日系人)は信頼されているから。

これも、先ほどの日系ブラジル人から聞いた話。

「sportiva」の記事(2018.07.06)にもそんなことが書いてあった。

ブラジルは世界で一番、日系人の多い国で、その数は160万人を超えるといわれている。ブラジル人なら誰もが日系二世、三世もしくは四世の知り合いがいるし、勤勉で礼儀正しい彼らは、ブラジルでも一目置かれる存在だ。

ジーコらブラジルのレジェンドが日本を高評価。「西野は現代的な指揮官」

こういう人たちが日本とブラジルのかけ橋になっている。

 

こちらの記事もいかがですか?

ワールドカップ・ロシア大会の記事 ①

ワールドカップ・ロシア大会の記事 ②

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。