台湾の親日はここまできた!日本人が台湾を好きな理由とは?

 

タイミングを外してしまったのだけど、ワールドカップの期間中、台湾でこんなことがあったのを知ってますか?

テレビ番組のMCが日本代表のユニフォームを着て、番組を進めていた。

 

これが日本人の共感を集め、SNSで拡散されていた。

台湾の”日本ラブ”はこれだけで終わらない。

お天気お姉さんまで、日本代表ユニフォームを着ている。

各地防午後雷陣雨 山區雨勢較大 | 華視新聞 20180702

日本人が見た台湾の天気予報では、きっとこれが過去最多。
ある面では、台湾人は日本人よりも日本が好き。

 

「台湾が親日的なのは知っていたけど、まさかここまでとは!」と、これもネットで大きな反響を呼んだ。

・どんだけ親日やねん
・えー!これ本当なの? 嬉しいな!
・やっぱり台湾は我々の兄弟。
やだ、台湾がますます好きになる!!
・ワイでも台湾行ったらモテるんか?
・イケメンなら
・台湾!台湾!なにかあったら募金するよ
・これほんとに嬉しかった
ちょっと台湾行ってくる
・台湾は親友
・初めての海外旅行に行くなら台湾に行きたいですね!
・これは泣ける。
ありが台湾

こんなことをされたら、台湾を好きにならずにいられない。

YouTubeのコメント欄でも、台湾への愛と感謝が爆発していた。

 

 

最近、2人の台湾人とご飯を食べながら、いろいろな話をした。
台北と台南出身の20代の男性で、2人とも1年以上日本に住んでいる。

会話中、「台湾人はあのお天気お姉さんをどう思うのだろう?」と思ったから、彼らに聞いてみた。

まず彼らはこの天気予報を知らなかった。
天気予報の内容は通常のもので、特別なものではないという。
動画を見ても彼らはとくに驚かない。
「日本を応援していたのだと思いますよ」と言うだけ。

 

彼らにはこの天気予報より、これを見た日本人がよろこんだり感謝したりしていたことが意外だったらしい。

日本でこの動画が拡散されたことを知ると、「え?そうなんですか?」なんて言う。

日本人のことは意識になく、日本を応援したいからそうしているのだと言う。
つまり、自分たちがやりたいことをやっただけ。
台湾人の自分たちには、驚くほどのことではない。
だから彼らには、この動画が日本で広まるとは思わなかったらしい。

このとき日本のネット上では「ありがとう台湾」という言葉が大量に書き込まれていたけれど、日本に住んでいた2人はそのことをまったく知らなかった。

ありが台湾」と日本人が台湾に感謝していたとを聞いて、「それはいいですね」と彼らも笑顔を見せる。

 

 

この2人の話を聞いていて感じたことは、台湾人には「日本のためにやってあげた」という意識がない。

東日本大震災で、日本が壊滅的なダメージを受けたときにもそんなことがあった。
このとき世界中の国や地域が日本に義援金を送ってくれたのだけど、そのなかで台湾からの義援金が約200億円ともっとも多かった。

この数年後、20代の台湾人女性2人にこの話をしたのだけど、その2人はこのことを知らなかった。
自分も寄付をしたけれど、台湾からの義援金が世界ナンバーワンだったとは思わなかったという。

日本では「ありがとう台湾」の言葉が流行ったとボクが話すと、「それはいいですね」と笑顔を見せる。
先ほどの2人と同じ反応をした。

 

東日本大震災が起きた2011年に、台湾で「今年最高に幸福なできごとはなにか?」という世論調査が行われた。

その1位はなんと、台湾からの義援金が世界で一番多かったこと。
台湾人はそれを「2011年にもっとも幸福なできごと」に選んだ。

この結果について、台湾メディアは「『台湾人の愛』であり、受けるよりも与える方が幸福ということで、この愛が台湾人を幸福にさせたのだ」と分析する。

くわしいことはこの記事をご覧ください。

台湾で最高に幸せなことは?日本への愛が世界一だったこと

 

2018年2月6日に台湾東部で大きな地震が発生したとき、日本ではツイッターで「#台湾加油(がんばれ)」のハッシュタグがトレンド入りした。

 

 

2人の台湾人と話しているとき、意外に思ったことがあった。
ボクが「民度」という言葉を使ったとき、彼らはこの言葉を知らなかった。
「民度」という漢字を見ても、その意味が分からない。

台湾には「民度」という言葉はないらしい。
ボクの説明を聞いて、「それは『素質』ですね」と言う。

台湾人は天気予報で日本代表のユニフォームを着たり、世界一の義援金を出したりする。
彼らは見返りを求めずに、それを素でやっている。

それで日本人がよろこんだと知ると、「それはいいですね」と自分たちもよろこぶ。
これが台湾人の素質だ。
日本人が台湾人を好きな理由はそういう素朴なところだと思う。

 

ということで、時間がある人は日本各地で行われる「日本台湾祭り」に行ってみよう。

日本で開催するだけではなく、台湾でも初日本祭ができました!
台湾と日本との繋がりがもっともっと強くなるため、皆さんはぜひ、いらしてくださいね🍻

日本台湾祭り2018

 

それと台北に行くなら、世新大学の学生によるボランティアガイドがおすすめですよ。
くわしいことは大学のホームページを見てください。

ボランティアチームには日本語学科の3,4年生が属しています。無料のボランティアサービスである事に加え、学生たちの熱心なガイドは、日本人観光客にとてもよい評判です。

ボランティアガイドお申し込みの日本人旅行者の皆様

でっかく旭日旗を使っている。

 

こちらの記事もいかがですか?

台湾 「目次」

日本 「目次」

必読!台湾人が日本を好きな理由・日本人が台湾を好きな理由。

日本の首都が広島、台湾の「首都」は南京。知ってた?

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。