外国人から見た日本の男性差別①その例:プリクラ店とレディスデー

 

始めの一言

「この国の子供達は親切に取扱われるばかりではなく、他のいかなる国の子供達よりも多くの自由を持ち、その自由を濫用することはより少なく、気持のよい経験の、より多くの変化を持っている。(モース 明治時代)」
「日本絶賛語録 小学館」

 

IMG_3157

ベトナムの子どもたち

 

今回の内容

・映画のレディスデー
・プリクラ店

 

前回まで、「宗教と女性差別」というテーマで書いてきた。
今回は、宗教は関係なし。
今まで日本にいる外国人の友だちとつきあっていて、彼らから指摘された日本の社会にある「男性差別」について書いていきたい。

 

・映画のレディスデー

日本のたいていの映画館では、「レディスデー」という日がある。
浜松市の映画館では毎週水曜日だけど、これは全国的にもそうみたい。
レディスデーには1800円の料金が1000円になる。

これも、ウィキペディアに書いてあるのと同じ。

 

レディスデー週1回、女性のみを対象とする曜日を設けている。割引額は1000円で、曜日は水曜日というところが大半である。

(ウィキペディア)

 

このレディスデーというのは外国にそういう日があって、それが日本にきたのだと思っていた。
そうしたら、逆にアメリカ人やイギリス人からこうきかれた。
「なんで日本の映画館には、レディスデーなんて日があるの?」
これには、こちらが驚いた。

 

「アメリカなら男性への差別になるから、ダメだな~」
ということになるらしい。
レディスデーについては、イギリス人も同じことを言う。

 

日本でも、「レディスデーは男性差別になる」という批判があるらしくて、最近は「メンズデー」という日ができている。

 

しかし、今日ではこの割引は男性差別に繋がるとして、批判的な見方も大きい。それゆえ、メンズデー(後述)を設ける映画館が増えている。(ウィキペディア)

 

001045 (2)

象が街中を歩く。
インドは、国自体が映画みたい。

 

男性差別ではないけど、日本の映画館の特徴を聞いてみた。
ニューヨーク出身のアメリカ人は、日本の映画館にある「キャラメル味のポップコーン」が大好きだという。

あれも、てっきりアメリカから日本に来たのだと思っていた。
だけど、彼女はアメリカでは見たことも聞いたこともないという。

「キャラメル味のポップコーンは、日本生まれでしょ」という。

そうなの?
知らなかった。

 

IMGP4106

イエメンの首都「サヌア」
映画のセットみたい。

 

・プリクラ店

イギリス人とフィリピン人の女の子と、プリクラを撮りに行ったときのこと。

日本語を読むことができるイギリス人が、ある表示を見て「なんですか、これは?」と驚きの声をあげる。

それがこの表示。

IMG_7845

 

「このプリクラ店は、男性だけでは入ることができない」というもの。
ネットで見てみたら、日本にはこうした店がけっこうある。

 

一緒にいたフィリピン人もそれを知って、「えっ?」と驚く。
というより、「こんな差別はありえない」と引いていた。
彼女たちには、プリクラショップが「男子禁制」である理由がまったく分からなかった。

 

ネットで調べると、「男性がいると気になってしまって、女性が楽しくプリクラを撮ることができないため」とあったのでそれを伝えた。
すると、さらにワケが分からなくなってしまった。

「なんで男性がいたら、楽しめないの?」
「その感覚は理解できない」

この感性は、日本の女子だけなのかも。

 

これがアメリカだったらどうなんだろう?
と思って、アメリカ人の女の子にもきいてみた。

「男性差別に決まってんじゃない。そんなの」
と、予想どおりの反応。
でもこの後が違った。

「アメリカだったら、それは差別だと裁判に訴える人が絶対いる。裁判で勝ったら、大金を手に入れることができるから。アメリカでは、何かあったらすぐ訴えるのよ」

確かに。
アメリカはそういう国なんだよなあ。
すぐ人を訴える。
このとき、彼女は「アメリカ人は stupid(バカ)だから」と何度も言っていた。

 

最近、この子とスカイプで話をした。
そのときも、「アメリカ人は stupid(バカ)だから」という言葉を言っていた。
でも、訴訟社会のことを言っていたのではない。

「なんでドナルド・トランプ氏は人気があるのか?」
とボクがきいたら、「アメリカ人は stupid(バカ)だから」とその「支持理由」を言っていた。

 

以下、余談。

アメリカで、ある女性がユニバーススタジオを訴えた。

ユニバーサルスタジオにあるお化け屋敷に入ったら、想像をはるかに越える恐怖を味わって「精神的苦痛を受けた」というバカバカ理由で。
でも、裁判所がその訴えを認めて、その女性は約150万円を手にいれている。

興味があったら、ここを見て↓

【米国トンデモ裁判】本当にあった嘘のようなアメリカの訴訟事例6つ

こういうことをさして、「アメリカ人は stupid(バカ)」という人はけっこういる。

 

おまけのおまけ

2016年9月に、こんな看板を出していたイタリアンレストランが謝罪して看板を撤去している。

 

20160921-00000000-jct-000-view

男性だけでは、このレストランで食事をすることができないという。
さすがに、これには批判が殺到した。
当たり前だ!

 

男性差別については、次回「女性専用車両」のことを書きます。

 

ランキングに参加しています。

日本人に日本の良さを、もっともっと知ってほしいと思います。
よかったら、下のボタンを押してください。

 

よかったら、こちらもどうですか?

宗教と女性差別②神道の女人禁制の理由とは?穢れと清め

宗教と女性差別③キリスト教(アクィナス)の女性観「女は失敗作」

イスラム教とは② 女性差別?一夫多妻制の理由とは

日本の特徴 民族宗教(神道)が世界宗教(仏教)と仲良し!

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。