マハラジャの妻たちが、焼かれる前に残した手形:ジョードプル(インド)

 

始めの一言

「日本の母親程、辛抱強く、愛情に富み、子供につくす母親はいない
(モース 明治時代)」「日本絶賛語録 小学館」

 

IMGP9543

 

今回の内容

・「青の都市」ジョードプル
・妻たちの手形
・1987年にあったサティー

 

・「青の都市」ジョードプル

インドには、サティーという悪名高い宗教行為があった。

サティー

ヒンドゥー社会における慣行で、寡婦が夫の亡骸とともに焼身自殺をすることである。日本語では「寡婦焚死」または「寡婦殉死」と訳されている。 本来は「貞淑な女性」を意味する言葉であった。            (ウィキペディア)

 

夫が亡くなったら、その夫を焼く炎に飛び込んで自分も一緒に焼け死ぬという恐ろしいもの。
詳しくは前回書いたから、そっちを見て。
インドを旅行していて、「ジョードプル」という都市を訪れたときにこのサティーの「なごり」を見たことがある。

 

ジョードプル

インドのラージャスターン州の都市である。 旧市街の家屋の壁が青く塗られている事から、愛称ブルーシティーと呼ばれる。ジョードプルはラージャスターン州で二番目に大きい都市で、人口は約127万人(2014年)。 一年中、晴れた天気が多いためサンシティーとも呼ばれてる。(ウィキペディア)

 

このジョードプルの一番の観光名所は、かつてこの地を治めていたマハラジャ(王)が住んでいた「メヘランガール城」だろう。

ここに、サティーの「痕(あと)」がある。

 

P1020132

メヘランガール城

 

・妻たちの手形

世界遺産にもなっている有名なこの城には、サティーをおこなった女性の手形が残されている。

 

P1020137

 

あるとき、ここのマハラジャ(王)が亡くなった。
この当時の習慣として、そのマハラジャの妻だった女性もサティーをしなければならない。
つまり、マハラジャの死体を焼く炎に飛び込んで、自分も生きたまま焼かれることになる。

 

これらの手形は、そのサティーに向かうときに妻たちが残していったもの。
このサティーがおこなわれたのは、1843年だったという。

 

img_83091

サティーの様子(ムガル帝国誌 ベルニエ)

 

当時のインドには、サティーをおこなう前に手形を残す習慣があったのかこの女性たちがこの世に何かを残したいと願ってこの手形を押したのかは分からない。
いずれにせよこの手形を押したときには、これから自分は焼かれて死ぬことを覚悟していたはず。

「このとき、マハラジャの妻たちは、どんな思いで手形を押したのだろう?」

この小さな手形を見ていて、つくづくそう思った。
いろいろなものを見たインド旅行の中でも、この手形はとても印象に残っている。

 

P1020147

当時の女性の衣装

 

・1987年にあったサティー

1987年、インドに衝撃がはしった。

インドからなくなったと思われていたサティーがおこなわれたから。
場所は、ジョードプルと同じラジャスターン州の中で、「ジャイプル」という州都の近くにある村。

サティー/焼殺される妻たち その①

1987年9月4日、18歳のループ・カンワルは病死した夫の遺体と共に生きながら焼かれる。8ヵ月にも満たない結婚生活だった。

この村は大都市のジャイプルの近くにあって、決して教育レベルが低い「未開の村」ではなかったという。

 

そのときの様子も詳細に分かっている。
次のようなものだったらしい。

カンワルは4千人もの群衆が見守る中、夫の頭を膝に乗せ焼かれていったと言われたが、その後の捜査より異なる事実が浮かび上がった。

彼女は火葬用の薪に上がる前、麻薬を大量に飲まされていたこと、火の中から叫び声をあげ3度逃げ出そうとするも、火の周りで彼女の心変わりを見張り、警護していたラージプート族が竹ざおで逃げ出すのを防止したこと、また叫び声もドラムの音にかき消されたこと、等によりサティーは強制されたものだったと報告された。

 

「警護していたラージプート族が竹ざおで逃げ出すのを防止した」と、ここで「ラージプート族」という言葉がでてくる。
ラジャスターン州には、「ラージプート族」という人びとが住んでいる。
彼らのカースト(ヴァルナ)は「クシャトリア」で、戦士のカーストになる。
「クシャトリア」と同じカースト(ヴァルナ)。

 

前回書いた、17世紀におこなわれたサティーの様子を思い出してほしい。

もう手遅れなのです。悪魔のようなバラモンがそこにいて、大きな棍棒を持って彼女達を動転させ、励まし、中に押しやります。
(中略)女性は、身の周りや衣服に火がつくのを見てもがいていたところ、あの死刑執行人達が棒で彼女を二、三度押し戻しました。
(ムガル帝国誌 ベルニエ)

 

ラジャスターン州を旅行していたときに、現地のガイドからこんな話を聞いた。
むかし、ラージプート族が戦いにいくときには、恐怖心を減らして戦意を高めるためにアヘンを飲んでいたという。
サティーをおこなうときも、同じ理由で女性にアヘンを飲ませていたらしい。

 

棒をもって女性が逃げ出さないようにしたり麻薬を飲ませたりするなど、これでは17世紀のサティーとほとんど変わるところがない。

 

もちろんこの出来事は現代のインドの常識から大きく外れたもので、インド人に大きなショックを与えた。

 

ランキングに参加しています。
よかったら、下のボタンを押してください。

 

よかったら、こちらもどうですか?

「インド・カテゴリー」の目次 ①

タージマハルを知りましょ① 目的とは・世界の評価・インドの歴史

イスラム教とは② 女性差別?一夫多妻制の理由とは

外国人から見た日本の男性差別①その例:プリクラ店とレディスデー

宗教と女性差別②神道の女人禁制の理由とは?穢れと清め

宗教と女性差別③キリスト教(アクィナス)の女性観「女は失敗作」

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。