日本と違う韓国文化:酒やタバコをのむとき、手で口を隠す

 

今から20年ぐらい前、インドを旅行しているときのこと。
同じ宿の韓国人旅行者から、「パーティー」に誘われた。

パーティーといっても、すっごくシンプル。
宿の屋上で、近くの商店で買ったスナックをつまみながら、韓国から持ってきた焼酎を飲むだけ。
屋上にはイスがなかったから、セメントの床に座って丸くなって話をした。
これを英語でどう表現していいか分からなかったから、「パーティー」と言ったのだと思う。

 

 

このとき日本人はボクだけで、あとの4人は韓国人のバックパッカー。
ボクをふくめて全員が20代のオス。
このとき、初めて目にした韓国文化があった。

韓国人が焼酎を飲むとき、顔を横に向けて口を手で隠す。
自分が飲むところを、他人に見せようとしないのだ。
3人の韓国人がそうやって飲んでいて、1人の韓国人は何もしないで普通に飲んでいる。

「これは何?なんで1人だけしないんだ?」

ワケを聞くと、これが韓国の礼儀だという。
年上の人と酒を飲む場合、お互いに向かい合って対等に飲むと失礼にあたる。
それで年長者に敬意をしめす意味で、年下の人間は横を向く。
さらに手で口を隠すことによって、相手への敬意をワンランク上げる。

 

このパーティーでは、3人が同じ年で1人だけ年上がいた。
だから、3人が先輩の前で酒を飲むときは手で口を隠す。
たしか3人はこの1人を「兄さん」と呼んでいたと思う。

でもその代わり、酒のつまみは兄さんがすべて出す。
年下は敬意、年上は金を払うのが韓国の文化らしい。
日本人バックパッカーには、こんな文化はない。
宿の屋上で酒を飲むことはあるけど、年齢に関係なく、向かい合って酒を飲む。

年上の韓国人が「オレ、部屋に戻るわ」と立ち上がると、3人もすくっと立ち上がって頭を下げる。
自然にこうすることに驚いた。
そりゃ、兄さんは金を出さなきゃいけなくなるわ。

 

インド・コルカタの宿

 

最近、おもしろい動画を見つけた。

「ウォーク」という日本語ペラペラの韓国人が、日本と韓国の文化のちがいを紹介している。
このウォークさん、日本語が不自然なほどうまい。
”不自然”というのは、韓国語のなまりがほとんどないのだ。
もはやネイティブのレベル。

この日本語だけでも、ウォークさんが日本の社会や人をよく知っていることが分かる。
そんな彼が日本と韓国の文化のちがいとして、”上下関係”を取り上げた。
これが印象的だったのだろう。

ここではタバコを取り上げているけど、やっていることや考え方はインドで会った韓国人と同じだ。

 

韓国と日本の文化はこんなにも違う?!【タバコ編】

 

年上の人に敬意をしめすため、酒やたばこをのむときは口元を隠す。
これが上下関係での韓国文化だ。

これは儒教に由来すると思う。

今日、儒教の遺産は、朝鮮半島の社会の根底部分、道徳体系、生活様式、年長者と若年層との関係、ハイカルチャー、に残っており、大部分の法体系の基礎をなしている。

朝鮮の儒教

 

このウォークさんに、この行為の由来なんかをメッセージで聞いてみた。
すると、丁寧にこんな返事をくれた。

韓国は未だに儒教的文化が残っており、大人や自分より年上の前ではタバコやお酒を飲む行為はマナーとしてダメとされてます。
具体的にいつからかはわかりませんが、韓国という国がもともとそうだったと思います。
お答えがあまり出来ずすみません💦

 

なんかこの返事も日本人っぽい。
ボクの韓国人の友人のだったら、きっと「具体的にいつからかはわかりません」で終わり。
「すみません」なんて言葉は使わない。

ちなみに、「タバコを飲む」という言葉はまちがいじゃない。
むかしは「タバコを喫(の)む」という漢字を使っていたけど、今は「飲む」か「のむ」という表現が多い。
現在でも「喫茶」や「喫煙」という言葉は使われている。

 

それはとにかく、日本人のボクや韓国人のウォークさんから見ても、日本人と韓国人の印象的な文化のちがいは、お酒やタバコをのむときに手で口元を隠すことだった。

韓国社会は、上下関係が日本より厳しい。
だから、こういう細かい礼儀作法を必要とするんだろう。

 

このウォークさんは日本のことをかなり知っている。
興味があったら、彼のチャンネルをのぞいてください。

WWUK TV

 

こちらの記事もいかがですか?

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

歴史の違い。日本にあって韓国や中国にないもの。幕府と天皇!

慰安婦像問題⑥韓国にとってのアメリカとは(朝鮮戦争)?

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。