【ありが台湾】日本と台湾が「本当の友人」である理由

 

今回は英語の問題からはじめます。
次の英文を日本語にしてください。

A friend in need is a friend indeed.

答えは、「まさかの時の友こそ真の友」。
学校でこの言葉を習った人も多いと思う。

では続いて第二問。
日本にとって、そんな真の友とはどこか?

 

この答えはいろいろあるけれど、鉄板は「台湾」だ。

東日本大震災や熊本地震のときに、台湾の人たちは驚くほど多くの義援金を日本語に送ってくれた。
日本人はこのときの恩を忘れない。
今年2月、台湾で地震が起きたときは、すぐに「#台湾加油」のハッシュタグがつくられ、「今度は日本の番だ」と支援の輪が広がった。

「台湾加油」はいまや日本語になっていて、ネット辞典にも載っている。

台湾加油とは、日本語で「がんばれ台湾」という意味である。

台湾加油

台湾の大学

 

いま東京の上野公園で、「Taiwan Plus 2018 文化台湾」が開かれている。

台湾の食べ物や音楽などを紹介するイベントで、そこに行けばどんな夢もかなうという。
そんな遥かな世界が上野にあるらしい。
ただし、23日まで。

フォーカス台湾の記事(2018/09/22)で、代表者が日本と台湾は「本当の友人」だとアピールしている。

開幕式では、台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(大使に相当)が、台湾と日本は非常に親しく、困難があれば助け合う「本当の友人」だと強調。

多様な台湾文化を伝えるイベント開幕 上野公園に「台湾駅」出現

異議なし。

 

2017年に日本を訪れた台湾人の数は462万人。
でも、台湾を訪れた日本人は、その半分以下の190万人しかいない。
今年2018年には、訪台日本人の数を200万人以上にしたいという。
台湾加油。

このイベントには、そのきっかけ作りの目的もある。

ネットを見ると、反応は上々だ。

・食べ物も美味しいし
今度、台湾に行きますね
・ありが台湾
・これか 都営地下鉄の台北観光ポスターが二枚になった訳が
・東日本大震災の恩を忘れない
台湾も災害多いからちゃんと返していこう
・何かあった時に、心配してくれる友人がいるっていいね
・台湾は友達ではない。家族だと思ってます。
台湾に受けた恩は一生忘れません。
・台湾は仕事で何回か行ったけど、親日がすごく多くて嬉しかったな
コンビニのにおいだけは苦手だったけど
・これはいいイベントだ。
もっと早くに知りたかった。

このイベントが静岡県で開かれてたら、ボクも行ったのに。

 

台湾の中学校の体育館

 

上のコメントにもあったけど、日本人は東日本大震災での恩を忘れてはいない。
いまでも「ありが台湾」の気持ちを持ち続けている。

ということで少し前に、日本の技術チームが無償で台湾の道路を調査している。

フォーカス台湾のツイートにある作業車には、日の丸と台湾の旗の間に「謝謝(ありがとう)台湾」という文字が見える。
これで台湾の街を走るなんて、胸と目頭が熱くなる。

 

 

日本にとっての「A friend in need is a friend indeed」は、間違いなく台湾だ。

時間のある人は「Taiwan Plus 2018 文化台湾」へ行ってみよう。
上野には日本の友人が待っている。

くわしくはオフィシャルサイトをどうぞ。

TAIWAN PLUS 2018 文化台湾

ちなみに、いま浜松市民が台北市に行くと、記念品がもらえるのであった。
ただし先着200セットまで。
でも、このキャンペーンを知ってる浜松市民はきっと200人もいない。
チャンスはある!

 

ところで、旅の宿をお探しですか?
宿探しはブッキングドットコムからどうぞ。
ボクがホテルを探すときは、まずはここをチェックします。

あなたがここからホテルを予約してくれると、私が狂喜乱舞します。
本当に感謝します。

 

こちの記事もどうですか?

台湾 「目次」

日本統治への台湾人の反応に驚いた!韓国人との考え方の違い。

台湾人がアニメを見て感じた「日本と台湾の学校との違い」とは?

中国・台湾人が尊敬する「孫中山(孫文)」は日本人名だぞっ!

海外の修学旅行先、台湾が人気No.1。韓国・中国が激減の理由とは。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。