韓国人のイメージ「韓国は日本と東南アジアの間、ほぼ先進国」

 

韓国人は、韓国に対してどんなイメージを持っているか?
韓国はどんな国だと思っているのか?

前にタイで出会ったスイス人は「韓国?北朝鮮ではない国」と言っていた。
このスイス人には韓国の知識がなく、「コリアにはサウスとノースがある」というイメージしかなかった。
それで、「北じゃないほうが南」というシンプルな答えが返って来た。

日本のネットで「韓国はどんな国か?」と質問を投げかけたら、きっと大喜利が始まる。

では、韓国人はどうか?
世界の国の格付けランキングなら、「韓国は東南アジアの国よりは上。でも日本より下かな」という考えの人が多いと思う。
つまり、韓国は東南アジアと日本の間にある国、というイメージだ。

 

韓国に「ようこそ、韓国は初めてだよね?」というテレビ番組がある。
外国人が韓国でビックリしたり感動したりしたことを紹介する番組で、「ユーは何しに日本へ?」と同じようなもの。
でも、どっちが先に始まったかな?

5月10日放送の「ようこそ、韓国は初めてみだよね?」では、3人のスペイン人が韓国の街で、たくさんの荷物を積んで走るバイクを見て驚いていた。

スペインで同じことしたら、警察に捕まってしまうという。

でも、このスペイン人の感想は視聴者には不評だったらしい。
レコードチャイナの記事(2018年5月14日)に、韓国のネットユーザーのコメントがある。

「いやいや、それは東南アジアの風景。韓国は日本と東南アジアの中間」
「正直言ってスペインは先進国じゃないでしょ」

韓国では日常だけど外国では罰金もの?訪韓外国人が驚く街の風景とは

 

 

「韓国は日本と東南アジアの中間」と同じ意味の言葉を、知り合いの韓国人も言っていた。
ちなみに、その韓国人は20代の女性。

日本に来る前、その子は新宿を「明洞と同じようなところ」と思っていた。
どっちも、首都にある有名な繁華街だから。
でも実際に新宿を見たら、言葉がなくなった。

明洞も有名な繁華街だけど、新宿はにぎやかさのレベルが違う。
店の種類・数・規模がけた違いに多い。
新宿を歩いて、「ここを明洞と比べることはできない」と感じた。

その”敗北感”から、その子は「やっぱり韓国は日本には負けますね。でも、東南アジアの国よりは発展しています」と言う。
露骨にこう言うから驚いたけど、たぶん本人に悪気や差別の意識はない。

韓国はすごい競争社会だから。
受験や就職などで、他人としのぎを削らないといけない機会が本当に多い。
その韓国人の女の子は、「日本に来てから、身長が低いことが気にならなくなった」と話していた。
韓国では電車に乗ると、無意識にその車両にいる女性と外見で比べていたらしい。

それで何気なく、「韓国は日本より下だけど、東南アジアよりは上」と口にしたのだと思う。

 

 

「韓国は日本と東南アジアの中間」というコメントや知り合いのように、韓国を「東南アジア以上、日本以下の国」と考える韓国人は多いだろう。

もっと正確にいうと、韓国は「東南アジアと日本の中間にある」ではなくて、「かなり日本に近い」と思っているはず。
というのは、韓国には「日本は先進国だけど、韓国は微妙。でも、ほぼ先進国では?」というイメージがあるから。

韓国紙の報道でも、「韓国は先進国か?」という記事がよくある。
例えば、中央日報のこんな記事(2018年02月09日)だ。

経済規模世界11位、交易規模6位(昨年)も自慢の種だ。表面上、先進国の要素はあまねく備えている。(中略)韓国人自身も先進国だと感じているだろうか。大多数が首を横に振るように思う。

韓国も先進国になれるのか

「正直言ってスペインは先進国じゃないでしょ」という言葉からも、「韓国はほぼ先進国」という意識がうかがえる。

 

だが待ってほしい。
「それは東南アジアの風景」と韓国人は言うけれど、東南アジアの風景はこれだ。

 

ワニも原付で運ぶ。
画像はカンボジアガイドローズのブログから。

 

 

さて、もうすぐ10月になる。

韓国で10月といえば、ノーベル賞のシーズンだ。
この月にノーベル賞の受賞者が発表される。

韓国では「今年こそ、韓国人のノーベル賞受賞者は出るか?」の一点に国民の関心が集中する。

それで最近、アメリカの情報会社が発表した「ノーベル賞有力候補17人」に、韓国メディアが注目した。
でも残念ながら、この候補者の中に韓国人はナッシング。
韓国メディア・ニュース1は「惜しくも韓国人は1人もいない」と伝える。

韓国はこの時期、毎年こんな報道をしているから、「永遠のゼロではないか?」と不安視する声もあるという。

 

「ノーベル賞と韓国」というニュースに日本は1ミリも関係ないのだけど、韓国では、日本を持ち出して比較する人が多い。

レコードチャイナの記事(2018年9月25日)には、こんな韓国人のコメントがある。

「日本はアジア唯一の先進国。日本から学ぶことは多い」
「我々は相手にもなってないのに、日本のことを気にしすぎだ」
「暗記式教育の元祖は日本なのに、アジアのノーベル賞最多輩出国だ。教育の方法ではなく、質の問題だ」

米社発表の今年のノーベル賞予想、韓国人はゼロ=「日本を気にしすぎ」の声も

 

こういうときに出てくるのは日本ばかり。
東南アジアの国は視界に入っていない。

テレビ番組「ようこそ、韓国は初めてみだよね?」に対しては、こんなコメントもあった。

「どうして毎回欧米人ばかりなの?出演者が偏り過ぎ」
「アフリカや東南アジアの人たちも招待して」

「我々は相手にもなってない」かどうかは知らないけど、韓国は「日本のことを気にしすぎ」だ。
「韓国は日本と東南アジアの中間」なら、もっと両方を見ればいいのに。

でも、韓国が名実ともに先進国になったら、日本を気にすることが減るかもしれない。
期待を込めて、ぜひそうなってほしい。
「(韓国は)日本のことを気にしすぎ」という見方は日本にもあって、これに疲れる人が多いから。
日本との比較がなくなるのなら、韓国の先進国入りを歓迎する日本人は多いはず。

 

おまけ

路上に屋台があって、朝食を買っていく光景は東南アジアっぽい。

 

こちらの記事もいかがですか?

東南アジアを知りましょ! 「目次」

東南アジアで見つけた日本の支援。誇らしく感じた7つのもの。

アジアの人たちは日本の戦争責任を聞きたいのか?謝罪より支援。

東南アジアに反日感情はある?→「日本は、いつまで謝るってるの?」

カンボジア人ガイド「日本人と韓国人の違いは、見た目で分かる」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。