アメリカ人と京都旅行⑪ なんで日本人は自由にお守りを買えるのか?


 

この「アメリカ人と京都旅行」で、友人のアメリカ人が感じた一番大きな疑問は、「日本人が自由に寺や神社に行って祈ったり、好きなお守りを買うのか?」というもの。
それは、仏教と神道という宗教の違いや曹洞宗や浄土宗といった宗派の違いを無視して、自分が神や仏を選んでいるようにも見えるらしい。

 

アメリカ人の彼女からしたら、カトリックやプロテスタントというキリスト教の宗派の違いを無視することは考えられないという。
さらに、宗教の違いを考えないで、キリスト教の教会・モスク(イスラム礼拝所)・仏教のお寺の中から、自分が行きたいところに行って、そこでお祈りをすることはありえないともいう。
だから、日本人の行動が不思議に映ったと。

 

一言でいってしまうと、宗教観の違いですね。はい。
キリスト教で、人間にとってのGOD(創造主)は、日本人にとっての神様とは違うことは、前の記事で書いた
キリスト教での「Godと人間との関係」が、日本にはない「上下関係」という契約結ばれているということも前に書いた。


宗教評論家のひろさちや氏は、日本人と神との関係について次のように述べている。

 

    「日本人にとっての神は「八百万(やおろず)の神」と呼ばれているほど、まことに神々の数が多い。八百万も神々がいれば、とてもとても全部の神と契約を結ぶことができません
「ひろさちやの英語で話す日本の宗教Q&A Japan Book

 

 確かに。日本には、一体どれだけの神様がいるのか分からない。
貧乏神もトイレの神までいる。
日本にいるすべての神と契約を結ぶことなんて、とてもできそうにない。

もう、この辺からして日本の神は、キリスト教のGodとはまるで違う。
そして、ひろさちや氏は、日本人にとっての宗教をこう表している。

 

 「特定の神とだけ契約を結んではいけない。日本人の宗教はそういう宗教なんです(同書)」

 

IMGP7477

 

「特定の神とだけ契約を結んではいけない」というだけはない。
以前の記事で引用したけど、山本七平氏によれば、日本には、そもそもキリスト教のような神との「上下契約」というものがないという。
契約という考え方がなかったら、神と契約を結ぼうとする発想があるはずもない。

 

    ひろさちや氏のいう「契約」とは、山本七平氏のいう神と人との「上下契約」のことではなく、日本の社会で一般的に使われる次のような契約のことだろう。

・二人以上の当事者の意思表示の合致によって成立する法律行為
(大辞泉)
・約束を交わすこと。また、約束(大辞泉)


どっちにしても、日本人は、神とどんな契約も結んでいない。
「自分は、この神(仏)と契約を結んでいる」と意識している日本人もいるかもしれないが、日本全体からみれば、ごくごく少数だろう。

 

「どの神(仏)とも契約を結んでいない」というとは、言い換えれば、どの神や仏に対しても縛られない自由な立場になることができる。

その結果、仏教や神道といった宗教の違いを無視することができる。
さらに、曹洞宗や浄土宗といった宗派の違いも関係ない。
こうしたことで、自分の気分次第で、行きたいお寺や神社に行って神や仏に祈ったり、好きなお守りを買ったりするという行為につながるのだと思う。

 

「気分次第で」、「好きな」という表現は、神仏には失礼かもしれないけど、実際に、ほとんどの日本人がそうしている。

   もし、日本人が特定の神と契約を結んでいたなら、「その神がいる神社でしか祈ることができない」、「そこでしかお守りを買うことができない」ということになっていたと思う。
考えかとしたら、その方が自然だ。

 

IMGP9219

この「神との契約を結んでいない」という状態は、キリスト教(ユダヤ教やイスラム教)では、ありえない。

キリスト教徒にとって、聖書は「旧約聖書」と「新約聖書」がある。
これらは、「旧訳」でも「新訳」でもなく、神との「古い契約」と「新しい契約」を意味している。

キリスト教(ユダヤ教やイスラム教も)は、神との契約がなければ成立しない宗教だ。

 

ボクと一緒に京都を旅行したアメリカ人は、キリスト教徒だけど、仏教のお寺でお守りを買っていた。
 それは日本の文化を尊重したということで、自分の信仰にはまったく関係がないから、問題はないという。
また、彼女は日本に来てから、いろいろなお寺や神社で手を合わせてきたけど、これは手を合わせる行為をしているだけだという。
「祈った」ことは一度もないらしい。
もし、GOD以外の何かに祈ってしまうと、彼女にとっては問題になるという。

 

そんな彼女にしてみたら、日本人が京都のお寺や神社の中から、自由に行きたいところを選び、そこでお祈りをしたり、お守りを買ったりすることが不思議に見えて当然だろう。

 

IMGP9564

 

「行きたい寺社に行って、自分の好きなお守りを買う」という日本人にとっては当たり前の行為は、次のような宗教観が大きく影響を与えていると思う。

・日本では、神はキリスト教のGodよりも、人間に近くて親しみのある存在である。

・日本人は、神や仏とは何の契約も結んでいないため、どの神や仏にも同じように接することができ る。      

 

日本人がこうした宗教観を伝統的にもっていたから、現在の日本の社会では、それが常識として定着し、「日本人は、神を選んでいるの?」という行動につながっているのだと思う。

日本人は、宗教について聞かれると「私は神や仏をあまり信じていません」、「私は無宗教です」と答えることが多い。

でも、それは、その人が「私は神(仏)や宗教をそのように考えています」という宗教観を示すものでもある。

 


「私は宗教を持っていません」という人でも、何らかの宗教観はもっていることになる。「宗教がない」ということも、一つの宗教観だ。

日本人なら、普通は、これ以上は聞かれない。
けれど、このアメリカ人みたいに、「じゃ、あなたはagnostic(不可知論者)なの?それとも、atheist(無神論者)なの?」と聞く外国人はいる
かもしれない。
彼らの中では、この二つは大きく違う。

アメリカ人と京都旅⑦「日本人と神様」と「キリスト教徒とGod」


本人が自覚していないだけで、日本で生まれ育った日本人なら、先ほどのような伝統的な宗教観を自然と身につけるのだと思う。

日本人が当然のこととして持っている常識や文化は、日本人と一緒にいても、なかなか気づくことはない。
日本人だけといたら、自分の価値観や考え方の「何が日本的なものか」を意識することがほとんどない。

 

それに気づかせてくれるのが、外国人の視点になる。
今回の「アメリカ人との京都旅行」では、彼女の目をとおして、日本人やアメリカ人(キリスト教徒)の宗教観の違いを知ることができた。
自分なりに、だけどね。

 

追記

日本の裁判や国会の証人喚問で証言するときに誓う「良心に従って真実を述べる」という言葉の「良心に従う」という表現が気になった。

この考えは、人は生まれつき「善の存在」であるという、性善説にのっとっているのではないかと思う。

「人の本姓は善であるとする、孟子の説。悪は外に存在する、後天的・環境的なものであるとした(世界史用語集)」


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

“アメリカ人と京都旅行⑪ なんで日本人は自由にお守りを買えるのか?” への 2 件のフィードバック

  1. 神と決して破れない契約を交わす、なのにその神の教えは、カトリック、プロテスタント、イスラム教、ユダヤ教…で様々違って、それぞれが自分達の信仰こそ真であり正義だと主張する。どちらかが折れるということは無いし、それは許されないことなんでしょう。

    だから世界から戦争がなくならないんですね…

    そう考えると、日本人の【八百万の神という考え方=全ての宗教を尊重する心(関心がないとも言いますけど)】
    【特定の神と契約をしない】
    というかん考え方は寄り添ってくれる神がおらず心許ない気持ちもしますが…
    神道でも仏教でも、どこの宗派でも関係なく入り社へ手を合わせ御守りを買う、それはとてもおおらかで、平和的な考え方だと思いました。

  2. こんにちは。

    キリスト教の教派を越えた連携の動きであれば、「エキュメニズム」というものがあります。
    興味があったら、ネットで見てみてください。

    「全ての宗教を尊重する心=関心がない」という日本人的な宗教観には良い面と悪い面があるのでしょうが、
    圧倒的に良い面の方が大きいと思います。
    日本では宗教の争いがまったくといってほどありませんから。
    世界に目を向けると、宗教の考え方から起こる争いがたえませんしね。

    コメントありがとうございました。

コメントを残す