英会話を学ぼう 138 英語で「暖簾(のれん)」を説明する。

 

いま英会話のレッスンを受けてます。

これから、その内容をみなさんとシェアしたいと思います。

先生はアメリカ人でした。

今回のテーマは「暖簾(のれん)」です。

 

 

日本料理店の入口にかけらているある布はなんですか?

What is the drape hung at the entrance of Japanese restaurants?

・それは暖簾と呼ばれています。

It is called a “Noren”.

・むかし(80年前)、日本人は素手で食べ物を食べていました。

Back in the day (About 80 years ago),Japanese people used to eat food with their bare hands.
*「むかし」はIn olden daysでもOK。

・食事を食べたあと、のれんで手を拭いていました。

After eating meals,they wiped their hands on the noren.

・だからのれんが汚いほど、良いレストランと言われました。

So it was said that the dirtier the Noren got, the better the restaurant.

 

 

旅行に出かける予定はありませんか?
旅のプロがあなたに最適のプランを提案させてもらいます。
もちろん無料ですよ。

 

宿探しはブッキングドットコムからどうぞ。
大体ここが最安値なので、ボクがホテルを探すときはまずここをチェックします。

ここから予約をしてくれると本当に助かります。

 

こちらの記事もいかがですか?

英会話 目次 ①

英会話 目次 ②

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。