日本と韓国が和解困難な理由。法の国 vs 国民情緒が全ての国

 

日本と韓国が和解することの難しい理由は何か?
それは日本人と韓国人の考え方がちがうから。

そのちがいは日本にいる韓国人がよく知っている。

去年、評論家で拓殖大学の教授でもある呉善花(オ・ソンファ)氏が講演でこう話していた。
産経新聞の記事(2017.2.21)から。

「多神教の日本社会は歴史の多面性も受け入れるが、朱子学儒教を重んじる韓国では、情緒に反する事実が一切受け入れられない」などとして「和解」の困難さを分析した。

「韓国は情緒に反する事実一切受け入れられない」 呉善花拓大教授ら講演

 

「情緒に反することは一切受け入れられない」という韓国社会の硬直性については、今回の旭日旗騒ぎで日本人もイヤというほど分かったはず。
国民感情(反日感情)を前面に押し出す相手と和解することの困難さも。

 

 

この写真のように、日本の海上自衛隊の艦船は旭日旗をかかげることになっている。
これは法律で決まっているから、隊員はそれに従わないといけない。

でも韓国はそれを認めなかった。

済州島(チェジュド)でおこなわれる国際観艦式で、旭日旗を降ろすよう日本に要求してくる。
韓国でこの旗は「戦犯旗」として悪のシンボルになっているから、そんな旗が国内で堂々とかかげられることは国民感情が許さない。

韓国政府は日本に「韓国国民の感情を積極的に考慮する必要がある」ということを伝えてきた。
李洛淵(イ・ナギョン)首相も同じく、「韓国人の心に旭日旗がどんな影響を与えるか、日本も繊細に考慮する必要がある」と言う。

 

でもこれは、韓国メディアの日本語版の記事に書いてあったこと。
韓国のガチの国民感情(反日感情)は、韓国人読者に向けたハングルの記事を見ないとわからない。

ここでそのひとつを紹介しよう。
トゥデーコリアがこんな記事(2018.09.30)を載せていた。

與, 일본 해군에 “몰상식은 기본, 일말의 양심도 없는 안하무인…기가차다”

「與」は「与」の旧字体で、政権を担当している「与党」のこと。
韓国与党は、日本海軍(海上自衛隊)は非常識で、基本的にかけらほどの良心もない。傍若無人であきれ返ると言っている。

与党のパク報道官は公式の場でこう述べた。
*これは機械翻訳して修正した文。

「戦犯国として世界平和を一瞬で壊し、人類に対して数え切れない殺傷行為を行った日本が旭日旗を恥とせず誇らしく思っている。これは日本がいくら経済的にめざましい成長をしても永遠に二等国家にとどまるしかない理由ではないかと思う」と日本に反省を促した。

 

こういう記事を読むと、日本語版は日本人読者の反発を恐れて、反日色をおさえたマイルドな記事に仕上がっていることがわかる。
でも、韓国の国民情緒を正確に表しているのはハングル版のほうだ。

 

 

くり返しになるけど、海上自衛隊の艦船が旭日旗を揚げることは法律で決まっている。
だからこれを降ろせと求めるのは、自衛隊に「違法行為をしろ」と言うことと同じ。
こんな要求をのめるはずがない。

でも、国民情緒が全ての国・韓国は認めないし許さない。

「韓国国民の感情を積極的に考慮する必要がある」
「永遠に二等国家にとどまるしかない」

そう言って迫ってきたけど、日本としてもこれはどうしようもない。
国際舞台の場で法律無視をするわけにはいかない。
こんな要求をしてくるほうがおかしいのだ。

 

呉善花(オ・ソンファ)氏は日本社会は歴史の多面性も受け入れるけど、韓国は「情緒に反する事実が一切受け入れられない」と指摘していた。
これを言い換えると、日本は法が支配する法治国家であることに対して、韓国は情緒が支配する情治国家と言うことができる。

だから和解することは困難なのだ。

 

 

旅行に出かける予定はありませんか?
旅のプロがあなたに最適のプランを提案させてもらいます。
もちろん無料ですよ。

 

宿探しはブッキングドットコムからどうぞ。
大体ここが最安値なので、ボクがホテルを探すときはまずここをチェックします。

ここから予約をしてくれると本当に助かります。

 

こちらの記事もどうですか?

”偉大な交渉家”文大統領①世界は彼をそう評価した(遠い目)。

文大統領、偉大な交渉家から”北の首席報道官”へ。欧州の冷たい目。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。