アフリカ(エチオピア)の民族文化「唇に皿」・日本との関係


 

始めの一言

*日露戦争について

「アジアにおいて日本だけが、ある日突然、ヨーロッパが世界を制覇したその同じ力をもって、ヨーロッパに逆襲できると考えたのです(タゴール 明治時代)」「日本賛辞の至言33撰 ごま書房」

 

IMG_6104

乃木希典「大連(中国)の博物館」

 

乃木 希典(のぎまれすけ)
1849年- 1912年

日本の武士(長府藩士)、軍人、教育者。
日露戦争における旅順攻囲戦の指揮や、明治天皇の後を慕って殉死したことで国際的にも著名である。

「乃木神社」や「乃木坂」に名前を残している。
(ウィキペディア)

「乃木坂46」の名前の由来も、もとをたどればこの乃木希典にいきつく。

 

今回の内容

・日本とエチオピアの関係
・唇にお皿を入れるムルシ族の文化

 

前に、ミャンマーの少数民族「チン族」の文化を紹介した。
女性の顔に入れ墨をいれるというもの。

 

IMGP9607

 

これは、美しく見せるためではなくて、その逆。
「わざと顔を醜くするため」という目的でおこなわれていた。
まあ、くわしくは記事をみてちょうだい。

民族文化とは:日本のお歯黒とミャンマー、チン族の顔入れ墨

 

これと同じような理由で、独特の文化をもっている民族がアフリカのエチオピアにいる。

その話の前にエチオピアの紹介。

 

エチオピア

首都はアディスアベバ。

アフリカ最古の独立国および現存する世界最古の独立国の一つとして知られる。サハラ以南のアフリカでは、ナイジェリアに次いで二番目に人口の多い国である。(ウィキペディア)

 

エチオピアと日本との関係は、ざっとこんな感じ。

江戸時代の1675年にアルメニア人商人、ホジャ・ムラードが「エチオピア諸王の大使」としてバタビア(現在のインドネシア)から天皇にシマウマを二頭贈り、日本からは銀と衣類が返礼に贈られた。                (ウィキペディア)

江戸時代から交流があったとは、知らなかった。

 

1931年にハイレ・セラシエ1世はエチオピア初の成文憲法、「エチオピア1931年憲法」を大日本帝国憲法を範にして制定している
(ウィキペディア)

明治時代の日本の憲法は、アフリカにまで影響を与えていたんだねえ。

 

あと意外なところでは、エチオピアの皇族と日本人女性との結婚の話もあった。

黒田雅子とアヤラの結婚話(1931)

昭和6年(1931)1月19日、千葉県の久留里城主の家柄である黒田子爵の次女雅子さん(1912-1989)と、エチオピア皇帝の甥であるアラヤ・アベベ(Araya Abebe)殿下との結婚が決まりました。

でも、いろいろあってこの話は破談になったけどね。

 

このエチオピアを旅行した人から話をこんな話を聞いたことがある。
エチオピアで、バスに乗って移動していたときのこと。
めちゃくちゃ暑かったからバスの窓を開けたところ、まわりのエチオピア人から叱られたという。

「窓を開けるな!窓から悪霊が入って来るだろ!」

彼は、「目が点」になったらしい。

 

このことは、下のブログ(上の人とはまったく別の人)にもある。

窓を開けると悪霊がはいってくる国エチオピア。

 

この「悪霊文化」はエチオピアに独特のものだけど、他にも独自の文化をもっている少数民族がいる。
それが、「ムルシ族」と呼ばれる民族。

 

IMG_4100_20160810005507eb1

 

ひと目見たら、もう忘れられない強力なインパクト!
唇に入れるこの皿は、「デヴィニヤ」と呼ばれている。
ではなんで、ムルシ族は唇を広げてこのデヴィニヤを入れているのか?

次のような理由によるらしい。

 

数百年前に未だ奴隷貿易が盛んだった時期に遡る
奴隷として、綺麗な女性からどんどん連れていかれることから、ムルシ族の女性は唇にこのデヴィニヤを入れることで、醜くなろうとした
奴隷として連れていかれないため

だからこそ、ムルシ族はお皿が大きいほど美人とされる
それが今も文化として残っている
なりたくて醜くなる人々

 

このことは、別のサイトにも書いてある。

ムルシ族の女性は、思春期から結婚へ向かう(15歳から16歳くらい)時に、唇に「デヴィニヤ」と呼ばれる土器で作った皿をはめ込む。
これらの皿は成長するにしたがってだんだん大きなものに換えていく。
ムルシ族の価値観では大きな皿をつけているほど美しい女性とされ、結婚する時の結納に交わされる牛の数も多くなる。
この皿は男性の前ではとってはいけないものとなっているが、最近ではエチオピア政府からの指導もあり普段はずしている人も多い。ムルシ族(エチオピア)

唇にいれてあるお皿が大きいほど、美しい。
それによって、結婚の条件も良くなる。

 

これは、ミャンマーのパダワン族「首長族」と同じだ。
長い首ほど「美しい女性」とされている。
首輪をつけて首を長く見せることで、良い条件で結婚できるというところも似ている。

 

IMGP9161

ミャンマーの首長族

 

IMG_4092_20160811005825ad0

 

では、ムルシ族はなんで唇にお皿を入れるようになったのか?

デヴィニャのもともとの起こりは数百年前奴隷貿易が盛んな時代、自分を醜く見せることにより商品価値を無くし、さらわれることがないようにしたことが始まりだと言われている。
ムルシ族(エチオピア)

 

「自分を醜く見せることにより商品価値を無くし、さらわれることがないようにした」ということであれば、これは先ほどのチン族と同じだ。

顔に入れ墨をいれてわざと醜く見せて、さらわれないようにしていたというもの。

 

世界にはいろいろな文化をもった人たちがいる。
世界はひろい!
だから、面白いんだよね。

ムルシ族の画像は、「MaSaTo 世界一周学校」から。
Special Thanks!
知らない人は、このブログをのぞいてほしい。
とにかく、行動力がすごい。

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

アフリカの旅(国)が、こんなにひどいなんて聞いてなかったから。

アフリカから貧困がなくない理由 「国に貧しさが必要だから」

日本の「kawaii(かわいい)文化」!海外の反応は?由来は?

海外に広がる日本文化(国際化)③中国やタイで見たアニメ・相撲

外国人から見た日本と日本人 日本を知る15の言葉 ⑩

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す